家次神商会頭、10月に消費税上げ「足元の景気対策に万全を」 内閣改造でコメント

 神戸商工会議所の家次恒会頭(写真=資料)は11日、同日発足した第4次安倍再改造内閣について「強力かつ清新な顔ぶれ」と評価するコメントを発表した。新内閣には10月に控える「消費税増税への対応をはじめ、足元の景気対策に万全を期すことを望む」として、国内外で不透明感を増す景気への関心を高めるよう求めた。さらに年金問題など社会保障や、東京一極集中への対策など「構造的課題に対しても真摯(し)に向き合い、国民の...

続きを読む

神戸商工会議所、神戸空港のアクセス改善「地下鉄含む鉄道」神戸市に要望

 神戸商工会議所は2日、神戸空港へのアクセス改善に向けて「地下鉄を含む新たな鉄軌道」の整備などを神戸市に求める要望書を提出した。発着枠の拡大による便数の増加や、将来の国際線就航などを見据え、空港までのアクセス経路で根本的に輸送力を強化することで、神戸空港の利便性を向上させたい考えだ。このほかにも要望書には三宮再開発の加速、六甲山の活性化など、4項目の最重点要望項目と14項目の重点要望項目を盛り込んだ...

続きを読む

家次神商会頭、米中摩擦「適応していくしかない」 日韓「観光以外聞いていない」

 神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長)は2日の定例記者会見で、米中貿易摩擦について記者の質問に、「政治的な動きの影響は企業の経営努力以外の話だから、われわれとしては適応していくしか手がない」との見方を示した。家次氏は、米中摩擦の余波で「グローバルな経済状況が不安定になったり不況になったりすれば困るし、日本の場合は円高になったりするという影響はあるので、おさまってもらえればありがたい...

続きを読む

家次・神商会頭が続投へ 常議員会で一致、家次氏も意欲

 神戸商工会議所が2日に開いた常議員(役員に相当)会で、2016年から3年の任期を迎える家次恒会頭(シスメックス会長兼社長、写真)が2期目も続投する方向で一致した。ある常議員が、家次会頭の実績を勘案し、引き続き会頭として神戸経済の発展に寄与してほしいなどと発言した。これを受けて他の常議員も、家次会頭に続投に賛同の意向を示したという。家次会頭も前向きに考える方針を示した。 2日に開いた家次会頭の定例記者...

続きを読む

家次神商会頭、年金問題「真の課題」と与野党に議論求める 参院選でコメント

 神戸商工会議所の家次恒会頭(写真=資料)は、21日に投開票した参院選の結果を受けて同日付でコメントを発表した。家次氏は今回の参院選で「年金問題に端を発した『国民の将来への不安』が大きな争点となった」との認識を示したうえで、「長年真の課題として認識されながらも、与野党とも真正面からの徹底した議論が尽くされてきたとは言い難い」と指摘。今回をきっかけに「新たな社会システムの構築に向け、建設的な議論が尽く...

続きを読む

「ラグビーファンは1時間なら歩く」 同友会で村上晃一氏と志賀敏哉氏が対談

 「ラグビーファンは試合後、スタジアムから移動するのに1時間ぐらいなら平気で歩く」。こう話すのは、これまでも各地で開催したラグビー・ワールドカップ(W杯)を取材してきたラグビージャーナリストの村上晃一氏(写真左)だ。ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で今秋開催するラグビーW杯の試合終了後も、交通機関の混雑回避もあって元町や三宮ぐらいまで歩く観客らがかなりの数になるとみる。「その途中でビールを売れ...

続きを読む

家次神商会頭、FDA神戸就航とスカイマーク増便「心より歓迎したい」コメント

 神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長、写真=資料)は5日、神戸空港にフジドリームエアラインズ(FDA、静岡市清水区)が新規就航とスカイマークの神戸便増便について、「心より歓迎したい」とのコメントを発表した。両航空会社は、5月に開いた関西3空港懇談会で神戸空港の発着枠拡大を決めて以来、初の具体的な動きになった。 家次氏は、神戸空港の便数増で「観光誘客やビジネスなど、就航地との交流がさ...

続きを読む

家次神商会頭、万博費用負担「要望はあった」 金額20億円は言葉にごす

 神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長件社長)は1日の定例記者会見で、2025年に開催する国際博覧会(大阪・関西万博)の費用負担について「大阪商工会議所の尾崎(裕)会頭(大阪ガス会長)から要望はあったが、特に回答はしていない」と述べた。家次氏は求められた負担額が20億円であることを認めたが、出身高校が同じで懇意にしている尾崎氏からの口頭での打診であったことを記者が示したうえで家次氏が同意する形に...

続きを読む

吉井バンドー社長「上げ潮に乗り遅れないように」 神戸同友会の代表幹事に就任

 バンドー化学の吉井満隆社長(写真右)は17日午前、神戸経済同友会が同日午後に開催する総会を機に代表幹事に就任するのを控えて記者会見し、関西で国際的なイベントが相次ぐことや三宮の再開発が具体化するのを踏まえ、「『上げ潮』に乗り遅れないように、さらに同友会活動が進むようにしていきたい」と抱負を語った。 バンドー化学から神戸同友会の代表幹事に就くのは4人目。吉井氏は「バンドー化学は神戸の財界が発明家の阪...

続きを読む

家次神商会頭、神戸空港「運用規制緩和は自然の方向性」 関西の航空需要増で

 神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長、写真)は7日の定例記者会見で、神戸空港について「運用規制の緩和は自然の方向性」と述べ、訪日客を中心に関西全体で増加している航空需要を神戸空港にも配分し、利用者の利便性を高めることの重要性を指摘した。ラグビーワールドカップ日本大会やワールドマスターズゲームズ2021関西などを開催する19〜21年の「ゴールデンスポーツイヤーズに続いて、2025年には大阪・関西...

続きを読む

安本INAC社長「地元スポンサー開拓で今季売り上げ倍増」 神商懇話会セミナー

 サッカーなでしこ1部「INAC神戸レオネッサ」の運営会社であるアイナックコーポレーション(神戸市中央区)の安本卓史社長は16日に神戸商工会議所で講演し、「今季は(前季に比べ)ほぼ倍増ぐらいのスポンサー売り上げが見えている」と明らかにした。安本氏は昨年10月に同社の社長に就任。「できるだけ地元、神戸のスポンサーを取ろうとめざした結果が出始めた」と、施策の成果を強調した。この日午後に開いた神商のスポーツ...

続きを読む

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告