久元神戸市長「グレードの高い街づくりが住みたい人を増やす」 川崎市と人口逆転

 神戸市の久元喜造市長(写真=神戸市が公開した動画より)は16日の定例記者会見で、「グレードの高い街づくりが住みたい人を増やす」と述べ、引き続き人口の「規模だけを追わない街づくり」を進めていく方針を強調した。一部で建設を求める声が出ているタワーマンションについては「きわめて狭い地域に人口を集中させるのは、長い目で見てさまざまな問題を引き起こす」との見方を改めて述べた。そのうえで「市域全体のバランスを...

続きを読む

久元神戸市長、神戸空港のアクセス改善「当面はバスを増やすのが現実的」

 神戸市の久元喜造市長は16日に開いた定例記者会見で、神戸空港へのアクセス改善について「当面はバスのダイヤを充実させるのが現実的」との見解を述べた。神戸市は三宮〜神戸空港の輸送力強化について、ポートライナーを現在の6両から8両に増結することを検討してきた。ただ久元氏は「ポートライナーの混雑は朝8時台に集中している」と指摘。ポートライナーの輸送力には、まだ余裕があるとの見方を示した。 11日に開いた関西...

続きを読む

神戸国際宝飾展が開幕 昨年上回る640社出展、黒木瞳さんらトークも開催

  神戸国際展示場(神戸市中央区)では16日午前、見本市「第23回神戸国際宝飾展」が開幕した。開会式では神戸市の久元喜造市長に加え、小売店など国内外の有力バイヤーら総勢46人がテープカットした。今回は昨年(588社)を上回る640社が出展。18日までの3日間に、実際の商品を目の前にしながら商談に臨む。国内各地のほか、中国や東南アジアから宝飾品などを買い付けに神戸に訪れたバイヤーらも多い。久元市長は開会式であいさ...

続きを読む

神戸市の人口、川崎市を下回る 国内7位に順位下げる・5月1日時点

 神戸市は15日、5月1日現在で推計した人口が前月比2114人増の152万4749人になったと発表した。川崎市が前日発表した同市の人口である152万6630人を下回った。神戸市は4月まで、横浜市、大阪市、名古屋市、札幌市、福岡市に次いで人口第6位の都市だったが、1つ順位を落として国内7位になった。4月1日時点では神戸市が394人、上回っていた。 神戸市は5月こそ流入によって増加したが、154万人を超えた2011年をピークに人口...

続きを読む

佐山スカイマーク会長、神戸空港「増えた枠は全部いただきたいくらい」

 スカイマークの佐山展生会長(写真の前列左)は13日、神戸空港で記者団の取材に応じ、関西3空港懇談会で神戸空港の発着枠を増やすことで合意したことについて「可能ならば増えた枠は全部いただきたいくらい」と述べ、神戸空港を発着する便を増やしたい意向を改めて表明した。スカイマークは今期、新たに2機を導入して航空機を増備することもあり、神戸空港には「最大限の対応をする」という。 合意した発着枠の増枠分は20便(...

続きを読む

スリランカの水道普及を支援 神戸市水道局で研修、13日に国際討論会

 国際協力機構(JICA)関西センター(神戸市中央区)は13日に、水道のアセットマネジメント(資産管理)に関する国際討論会を同センターで開催する。水道普及率が48.1%にとどまるスリランカの水道事業運営の効率化を支援する技術協力プロジェクトで、スリランカの水道担当者5人が9〜15日に神戸市水道局で受ける研修の一環だ。討論会には名古屋市上下水道局も参加し、経験やノウハウに関する議論を通じてスリランカの水道普...

続きを読む

松本関経連会長、神戸空港「グレードアップ必要」 記者会見の主なやりとり

 関西3空港懇談会で座長を務めた関西経済連合会の松本正義会長(住友電気工業会長)は11日夕方、同懇談会後に記者会見し、今回作成した文書「関西3空港懇談会 取りまとめ」の内容などについて説明した。関西国際空港を基幹空港、神戸空港は関西国際空港と大阪国際(伊丹)空港の補完をになうという位置付けは変えず、神戸空港の発着枠や運用時間を拡大することについて松本氏は、関係者の間で「納得をいただいている」と話した...

続きを読む

久元神戸市長、3空港懇談会「国際化検討に向け合意できた納得の結果」

 神戸市の久元喜造市長(写真)は11日午後、大阪市内で開いた関西3空港懇談会後に神戸経済ニュースの取材に対し、「これまで関係者の間で全然合意ができていなかった国際化について今回、検討していこうということで合意ができたということ」と述べ、今回の会合の意義を強調した。神戸空港の国際線就航に向け「非常に大きな足がかりを得た」と話していた。 神戸空港への就航を検討する国際便には定期便も含まれる。久元氏は「現...

続きを読む

家次神商会頭、神戸空港の規制緩和「加速するのでは」 航空需要の増加で

 神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長、写真)は11日午後、大阪市内で開いた関西3空港懇談会の終了後に記者団の取材に応じ、神戸空港の運用規制緩和は今後「アクセラレート(加速)するのではないか」との見通しを示した。国内全体としても「航空需要は確実に増えてくるし、それはビジネスの大きなチャンス」と指摘。もうけそこないを回避するためにも、今回の神戸空港の発着枠増と運用時間拡大で合意したことで...

続きを読む

井戸兵庫知事、関西3空港懇談会「こういう時は満額と言っちゃいけない」

 兵庫県の井戸敏三知事(写真)は、大阪市内で11日に開いた関西3空港懇談会の終了後に記者団の取材に応じ、今回の結果について「不十分な点はあるけれど基本方向としては評価する」との意向を表明した。今回の関西3空港懇談会で取りまとめた文書などについて、満額回答だったのかという記者の質問には「こういう時は満額と言っちゃいけない」と笑いを誘いながらも、神戸空港の運用規制緩和について引き続き求めていく姿勢を示し...

続きを読む

神戸空港、1日20便増枠と1時間延長で合意 国際線は中期で検討・3空港懇談会

 大阪市内で11日午後に開いた関西3空港懇談会では、神戸空港の発着枠を1日あたり20便拡大して80便とし、運用時間を1時間延長して午後11時までにすることで合意した。神戸空港への国際線の就航については、中期的な検討課題にすることでも一致した。会合は、事務局を務めた関西経済連合会が取りまとめた案で決着し、関西国際空港の地元自治体として参加した和歌山県や堺市からも反対意見は出なかったという。会合は当初2時間の...

続きを読む

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告