兵庫県とトヨタ、「オフィスカー」の燃料電池車を利用する実証実験

【神戸経済ニュース】兵庫県は20日、トヨタ自動車(7203)が試作した燃料電池自動車(FCV)1台を3カ月間、公用車として活用する実証実験を始めた。同日に実証実験の開始を記念した式典を開き、斎藤元彦知事が出席した(写真右=兵庫県提供)。車内には机といすを備え付け、「オフィスカー」として使えるよう改造済み。車内をテレワークの拠点として活用できるようにした。 車内には32インチと21インチのモニター(パソコン用...

神戸同友会「SDGsの実践」積極化へ 提言委員長に早駒の渡辺氏・活動方針

【神戸経済ニュース】神戸経済同友会は20日、SDGs(国連の持続的な開発目標)の実践を柱にした2022年度の活動方針を発表した。2年目の任期に入る服部博明代表幹事(みなと銀行会長、写真中央)と、同日に就任した楢木一秀代表幹事(神戸製鋼所顧問、写真左)が記者会見して発表した。官民連携でSDGsを推進する21年度の提言を踏まえ、同友会に「SDGs推進委員会」を新設。兵庫県が5月に立ち上げた「SDGs推進本部」...

神戸同友会の楢木新代表幹事「SDGsで兵庫のブランド向上」 官民連携へ意欲

【神戸経済ニュース】20日の総会で神戸経済同友会の代表幹事に就任した神戸製鋼所(5406)顧問の楢木一秀氏(68)は同日の総会前に記者会見し、兵庫県の斎藤元彦知事がSDGs(国連の持続的な開発目標)先進県をめざすと打ち出したことに触れ、「チーム兵庫、オール兵庫で取り組むSDGsということで、地域活性化をメーンテーマに、地域のブランド力向上を含めて、少しでもお役に立てれば」と述べ、官民連携への意気込みを語っ...

住友ゴム、パンク応急修理キット「IMS」を一般販売 スペアタイヤ不要に

【神戸経済ニュース】住友ゴム工業(5110)はタイヤにクギなどが刺さって起きる軽度のパンクを修理するタイヤパンク応急修理キット「IMS」(写真=住友ゴム提供)を一般発売する。これまで新車への純正搭載向けに展開していたが、全国のダンロップ直営店や、ダンロップタイヤ取扱店などでも販売する。サイズは多目的スポーツ車(SUV)や大型車用の「大」と中小型車両・軽自動車用の「小」の2サイズ。省資源・省エネルギーの...

芦屋市・みなと銀、「市民生活向上」で包括連携協定 児童向け金融教育など

【神戸経済ニュース】芦屋市とりそなホールディングス(8308)傘下のみなと銀行は18日、市民の生活向上を柱にした包括連携協定を結んだ。芦屋市の伊藤舞市長(写真右)と、みなと銀の武市寿一社長(同左)が出席して同日、芦屋市役所で調印式を開いた。地域の活性化に向けて多くの住民の参加を促すほか、安心して暮らせる地域づくに資する活動で協力することなどを確認した。 みなと銀の武市社長は、多くの自治体と連携協定を結ぶ...

兵庫県「ベイエリア」活性化で7市長集め協議会 「基本方針」作成へ

【神戸経済ニュース】兵庫県の斎藤元彦知事(写真=兵庫県が配信した動画より)は17日の定例記者会見で、大阪湾岸「ベイエリア」の7市長を集めた協議会「兵庫県域の大阪湾ベイエリア活性化推進協議会」を設置すると発表した。2025年に開催する国際博覧会(大阪・関西万博)をきっかけとして、同地域に観光客や投資を呼び込むのを念頭に、ベイエリアの将来像を示す「活性化基本方針」を作成するのが目的だ。23日に第1回の協議会を...

須磨海浜公園、第1期エリア完成で6月1日に利用開始 第2期が工事入り

【神戸経済ニュース】神戸市は16日、リニューアル工事を進めている須磨海浜公園の第1期エリアで工事が完成し、6月1日の午前8時半に一般の利用を開始すると発表した。利用を始めるのは須磨海浜公園の西から約4分の1程度の区域。宿泊施設「シーパル須磨」跡地を含む、無料で利用できる場所だ。旧和田岬灯台や松林を生かしながら、新たに多目的広場や遊具などを整備した。(写真=神戸市提供) 6月1日からは代わって、第2期...

斎藤兵庫知事と久元神戸市長、「コロナ後」施策も連携を確認 県・市連絡会議

【神戸経済ニュース】兵庫県と神戸市は16日、県市で共通する課題について意見交換する「兵庫県・神戸市連絡会議」を兵庫県公館で開いた。兵庫県の斎藤元彦知事(写真左)と、神戸市の久元喜造市長(同右)が出席し、新型コロナウイルスへの対応で引き続き緊密に連携することに加え、観光の活性化やSDGs(国連の持続開発目標)の推進といった「コロナ後」の施策でも連携することを改めて確認した。 新型コロナでは当面、特に接...

神戸まつり代替行事、メリケンパークに2万8000人が来場 14・15日合計

【神戸経済ニュース】3年連続で延期になった「第50回神戸まつり」の代替行事として14、15日にメリケンパーク(神戸市中央区)で開催した「KOBE元気まつり2022」の来場者数は約2万8000人だった。主催した神戸市民祭協会(事務局・神戸市文化スポーツ局文化交流課)が推計した。第1日の14日は約1万人、第2日の15日には約1万8000人がメリケンパークを訪れた。 メリケンパーク内には2カ所ステージを開設し、「第50回神戸ま...

3年目のコロナ、どう支援? 斎藤兵庫知事と金融機関トップが意見交換

【神戸経済ニュース】兵庫県は13日、斎藤元彦知事と県内の主要金融機関のトップとの意見交換会を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて実施した実質無利子・無担保の制度融資によって資金を注入した中小企業を、今後どのように「伴走型支援」などで成長軌道に乗せるのかについて議論。中小企業もDX(デジタルトランスフォーメーション)の積極展開や、SDGs(国連の持続開発目標)を意識するなど、新たな時代への適応...

神戸での世界パラ陸上、新日程24年5月17〜25日に 組織委

【神戸経済ニュース】神戸市で開催を予定する世界パラ陸上競技選手権大会(世界パラ陸上)の組織委員会は10日、2024年への延期を申し入れていた大会の日程が同年の5月17~25日に決まったと発表した。大会名も「神戸2024世界パラ陸上競技選手権大会」と改める。 組織委は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、従来は22年8月に予定した大会日程を、24年春に延期するよう大会の主催団体である国際パラリンピック委員会(IPC)...

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告