FC2ブログ

油井副市長は危機管理局、都市局などを担当 神戸・副市長の分担見直し

 神戸市は20日、4月1日付で副市長の事務分担を見直すと発表した。同日付で油井洋明建設局長が就任するうえ、みなと総局と住宅都市局を港湾局、都市局、建築住宅局に再編することなどに伴う措置。岡口憲義副市長と寺崎秀俊副市長は新たな分野を担当せず、これまで岡口氏が担当していた建設、都市計画関係の部局と寺崎氏が担当していた危機管理室などを油井氏に割り振る。 市長室、企画調整局、区役所に関する事務は両氏が共同で...

続きを読む

久元神戸市長「神戸電鉄は中長期的な影響考慮で支援」 北神急行市営化で影響も

 神戸市の久元喜造市長は20日開いた神戸市議会の本会議で、北神急行電鉄の市営化によって影響を受ける可能性がある神戸電鉄について「中長期的な影響も考慮して今後の支援を考える」との見方を示した。北神急行電鉄を市営化すると谷上〜三宮間の運賃が下がり、神戸電鉄から乗客を奪いかねず、「短期的にはマイナスもあろうかと思うが、中長期的にはプラスとも考えられる」と、谷上以北などの沿線活性化が期待できることを説明した...

続きを読む

三宮再開発 市議会の未来都市特別委「場づくり」など強調、久元市長に提言書

 神戸市議会の未来都市想像に関する特別委員会は19日、提言書「未来都市神戸の想像に向けて」を久元喜造神戸市長に手渡した。委員長を務めた平井真千子議員(写真中央)は、久元市長(写真右から3人目)に対し「会派の立場を超えて1つの提言をまとめたことに意義があると思っているので、ぜひ市長には汲み取っていただきたい」と話した。 提言は19項目あり、三宮再開発に関する提言の15項目と、広く神戸の街づくりに関する提言...

続きを読む

兵庫県が基幹道路計画 井戸知事、神戸〜関空トンネル「あれば良いだろうけど」

 兵庫県は19日、高速道路などの高規格道路も含めた基幹道路の整備方針「ひょうご基幹道路ネットワーク整備基本計画」を決定したと発表した。昨年3月にまとめた「ひょうご基幹道路のあり方」をもとに、これまでに建設や計画が進んでいる道路を「基幹道路8連携軸」としたうえで、建設する優先度などを整理。2028年度までに整備する前期、38年度までの中期、50年度までの後期と3種類に分けた。 神戸西バイパスの未開通区間である...

続きを読む

久元神戸市長、北神急行買収「なんとか今月中に最終合意」 交渉最終局面に

 神戸市の久元喜造市長(写真=神戸市が公開した動画より)は18日に開いた定例記者会見で、神戸市が買収をめざしている北神急行電鉄について、「ぎりぎりの交渉を(北神急行の親会社である)阪急グループとしているところで、なんとか今月中に最終的な合意ができるのではないか」との見通しを示した。「あとは細部の条件」としたうえで「関係のみなさんにも説明責任があるため、そういう点も含めた最終調整をしている段階」と交渉...

続きを読む

三宮再開発 旧「パイ山」広場の新デザイン決定、つらなる斜めの円盤シンボル

 神戸市は20日、阪急神戸三宮駅東口とJR三ノ宮駅西口の北側にある「さんきたアモーレ広場」の新デザインを決定したと発表した(図=神戸市提供)。いくつもの大きな円盤を斜めにつらねて配置した。久元喜造市長が18日の定例記者会見で発表した。久元氏は新たなデザインについて、「神戸の街の一種の先進性のようなものを、ここで感じることができる、デザイン性とシンボル性を兼ね備えた広場になってほしい」と話した。 新デザ...

続きを読む

三宮再開発 こうべ花時計を4カ月ぶりに再開、28日にセレモニー

 神戸市は18日、神戸市役所3号館の建て替えに関連して昨年11月29日から休止していた「こうべ花時計」を4カ月ぶりに再開すると発表した。28日に移設先である東遊園地の南側園地で再始動セレモニーを開催する。久元喜造神戸市長、矢田立郎前市長(神戸国際協力交流センター理事長)、神戸市議会の北山順一議長らが出席し、花時計を再始動するボタンを押す。(写真は移設先で整備が進む花時計=18日) さらにセレモニーでは1957年...

続きを読む

インターネット管理の国際会議「ICANN64」閉幕 海外から1400人が参加

(15日午後2時半に本文中の参加人数を訂正しました)  インターネット上のアドレスやURLを管理する非営利組織「ICANN」(米カリフォルニア州)が主催する国際会議「第64回ICANN」(ICANN64)が4日間の日程を終え、14日午後に閉幕した。全体を通じて最後の日程になった理事会では、シャリン・シャラビー議長が会議の最後にあいさつし、「とても生産性の高い1週間だった」と、19年ぶりに日本で開催したICANN...

続きを読む

NTTドコモと神戸市が連携協定 高齢者の健康、六甲山カメラ設置など展開

 NTTドコモと神戸市は14日、同日から3年間の予定で「ICT(情報通信技術)を活用した安全安心なまちづくり」で連携協定を結んだと発表した。両者は16年4月から3年間の計画で「ICTおよびデータ活用」で事業連携協定を結んだが、「発展的な形で」(久元喜造神戸市長)協定を結び直す。新たな協定に基づいて、要救助者の早期発見を目的として六甲山の登山道で省電力カメラの配置や、高齢者の見守りに関する実証実験などを...

続きを読む

神戸空港と神戸港、地震の影響なし 紀伊水道を震源に最大震度4

 13日午後1時48分ごろ、紀伊水道を震源として和歌山県で震度4を観測した地震では、神戸空港、神戸港とも地震の影響はなかった。神戸市内では、神戸市中央区脇浜町などで震度2を観測した。神戸空港を運営する関西エアポート神戸によると、地震を受けた滑走路閉鎖なども実施せず、出発や到着の遅延などもなかったという。神戸港管理事務所によると、岸壁の破損なども発生しなかった。 JR西日本によると兵庫県内の在来線に影響...

続きを読む

兵庫県が「水素社会推進構想」を決定、25年までFCVの普及促進など

 兵庫県は、長期的なエネルギー関連施策の指針にする「兵庫県水素社会推進構想」を決定した。2月13日まで実施した意見募集(パブリック・コメント)の結果を12日に発表。5カ所について意見を取り込む形で手直ししたが、大筋では県が作成した原案通りになった。2025年をめどに水素利用の普及、拡大を促す施策を展開し、40年度めどに水素の大量消費に向けた対応を進める方針を示した。 同県の井戸敏三知事は11日に実施した定例記...

続きを読む

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告