Kiss FM開局30周年「いかに地元に幸せになってもらうか」  横山社長に聞く

 FM放送局「Kiss FM KOBE」が開局して10月1日で30周年を迎える。神戸市に本社を置き、兵庫県では唯一の民間FM放送局だが、バブル経済崩壊の影響もあって開局直後から経営状態が悪化。その後も経営は安定しなかった。それでも電波を止めることなく放送を継続。2010年10月からは求人広告や人材派遣などが主力であるSRCグループの兵庫エフエム放送が同局を運営する。グループの持ち株会社であるSRCマネジメント(神戸市中...

(解説)いっそのこと気象庁を誘致すれば 「防災庁」新設のハードル高く

 兵庫県は2021年度の国の予算への提案でも、復興庁の後継組織として防災に関する行政を一元化する「防災庁」を新設し、神戸に本庁舎を設置することを求めている。このところ同県は防災庁の誘致に力を入れ、井戸敏三知事は「できるまで継続する」と意気軒昂。だが、公務員の不足が指摘される中で時限措置の復興庁とは異なり、新たな省庁を恒常的に新設するハードルはあまりにも高い。そこで防災に関係する既存の省庁である「気象庁...

「国際フロンティア産業メッセ」に約300社が出展 9月3・4日に開催

 9月3、4日に開催する西日本最大級の産業総合展示会「国際フロンティア産業メッセ2020」(主催・国際フロンティア産業メッセ2019実行委員会)には約300社が出展する見通しだ。新型コロナウイルスの感染拡大で健康や医療への関心が高まる中、特別展示を「くらしと健康・医療」のテーマで実施。川崎重工業とシスメックスの共同出資会社であるメディカロイドが開発・製造する国産初の手術支援ロボット「hinotori(火の鳥)」(写...

(解説)神戸市債の残高が20年ぶり実質増加、「震災財政」の終幕を示す 

 神戸市が21日に発表した2019年度の決算によると、市の借金を示す神戸市債の実質的な残高が1999年以来20年ぶりに増加したことが明らかになった。1995年に発生した阪神淡路大震災からの復興費用がかさんだことで財政が悪化し、回復のために一方的に支出を切り詰める緊縮財政、いわば「震災財政」の終幕を象徴した。それでも19年の決算で財政の健全化を示す指標は、改善が続いた。大都市の経済運営において行政の重要な役割である「...

(用語解説)「感染増加期」とは 兵庫県の「入り口戦略」で第3段階

 兵庫県では新型コロナウイルスの感染が再び拡大する「第2波」に備えて、段階的に対応する「入り口戦略」を準備している。指標として新規感染者数の7日移動平均(当日を含めた過去7日間の平均値)を採用し、これが10人増えるごとに医療体制を強化する。「感染増加期」は、この入り口戦略で第3段階に相当。新規感染者数の7日移動平均が20人を超えた場合に適用する。  感染増加期に入ると、毎日30人の新規感染者が発生するこ...

(解説)神戸市の里山活性化、コンパクトシティと矛盾? 「高密度と違う価値」

1日に開催した北神急行線の引継ぎ式、谷上駅にて 1日に北神急行電鉄を神戸市営地下鉄の北神線に移管してから、神戸市の久元喜造市長は北神地区を念頭においた「里山居住」に関する発言を増やしている。これに先立つ5月14日に神戸市は「里山・農村地域活性化ビジョン」を発表。新型コロナウイルスはじめ感染症が改めて人類の恐怖として再認識されるとすれば「高密度重視の社会は反省を迫られる」と久元市長は主張。新たな住まい...

(解説)新型コロナ、兵庫で緊急事態を早期解除の可能性 大阪の動きが影響か

 新型コロナウイルスを巡る政府の緊急事態宣言が、兵庫県でも当初予定の31日を待たずに早期解除の可能性が出てきた。西村康稔経済財政・再生相が10日の記者会見で、特定警戒都道府県を除く34県の「多くで緊急事態宣言の解除が視野に入る」と述べた。加えて兵庫県を含む特定警戒都道府県でも、政府が設ける基準を満たせば解除の検討対象になるという。知事に権限がある休業要請などの緊急事態措置を、独自の基準で解除をめざす大阪...

商店街を歩き、もっと神戸を好きになる クマガイタツロウさんインタビュー

 明るく元気な楽曲で人気のワクワクロックンロールバンド「ワタナベフラワー」。リーダーのクマガイタツロウさん(写真中=ワタナベフラワー提供)に、神戸を拠点に活動するようになった経緯などを聞いた。NHK「みんなのうた」に楽曲を提供するなど全国的な地名度も獲得する一方で、神戸市内の各区を巡る音楽フェス「神戸ストラット」など地域密着型の活動も展開する。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ライブや音楽フ...

神戸は150年前から実験都市だった 2・3日に「078 Online」実行委員長に聞く

 音楽、映画、ファッション、インタラクティブ、キッズ、食、アニメといった多様なテーマが交錯したイベントを同時に開催するクロスメディアイベント「078(ぜろななはち)KOBE2020」の実行委員長を共同で務める、藤井信忠・神戸大学大学院システム情報学研究科准教授(写真左)と、福岡壯治・神戸電子専門学校校長(同右)に話を聞いた。 初回から昨年までの3年間は5月の大型連休うち数日を「078」の会期に充て...

(解説)三宮の人出減少、志村けんさんも影響か 新型コロナ関連データを読む 

 神戸市が新型コロナウイルスの感染防止を目的に設置した「データ解析チーム」の公表データによると2月以降、神戸市の都心三宮への人出は2段階で減少したと推定できることが分かった。神戸市営地下鉄三宮駅の乗客数が、都心三宮への人出と相関すると仮定すると、平日ベースでは3月2日と3月30日に大きく減少した様子がうかがえる。3月末に人出が減少したタイミングでは、著名コメディアン志村けんさんの死去も影響したように...

(解説)新型コロナ、東京一極集中の流れ変えるか テレワークや動画の活用進む

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で、ビジネスの現場でも人と直接会うのを避けて「テレワーク」を活用する機会が増えている。アナリストや報道機関向けに開催する、企業の業績や事業計画などの説明会も動画のライブ(同時)配信に切り替える動きが広がった。多くの人を密集させないためだ。さらに東京都が住民の外出や、他府県住民の東京訪問を自粛するよう求めた。かねてリスクと指摘されてきた東京一極集中が、緩やかに...

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告