スカイマーク、7月は神戸〜羽田が1日7往復に 午後9時台に毎日臨時便

【神戸経済ニュース】スカイマークは24日、7月は月間を通じて神戸〜羽田便で1日1往復の臨時便を運行すると発表した。通常ダイヤでは1日に6往復の神戸〜羽田便を運航しているが、7月中は毎日7往復になる。同路線で月間62便(31往復)の増発だ。直近の需要動向を反映して、臨時便が必要と判断したという。(写真は神戸空港に駐機中のスカイマーク機=資料) 増便するのは羽田を午後9時に出発する「SKY119」と、神戸を午...

神戸製鋼、コベルコ建機の生産拠点を再編 中国市場の減退に対応・国内強化

【神戸経済ニュース】神戸製鋼所(5406)は24日、子会社のコベルコ建機で世界の生産拠点を再編すると発表した。現在は中国に2カ所ある生産拠点を1カ所に集約する一方で、インドとの工場は生産能力を強化する。世界的に建設機械の需要は堅調に推移するとみられるなか、中国では市場全体が減退傾向にあるうえ、中国資本のメーカーのシェアが上昇していることに対応する。これまでに発表していた北米の工場売却と大垣事業所(岐阜県...

川重の株主総会、国の防衛力強化で質問も 防衛関連「売上高の十数パーセント」

【神戸経済ニュース】川崎重工業(7012)が24日に神戸市内で開催した定時株主総会では、政府が防衛力を強化する方針を示していることへの対応について株主から質問があった。橋本康彦社長は、売上高に占める防衛関連の比率が「十数パーセント」と示した。そのうえで、どういった装備を強化するかなどは「政府がお決めになること」としたうえで「平和を維持できるよう日本の国防の方針に従って、対応していきたい」と話していた。川...

神戸天然物化、市場拡大と生産設備の拡張を示す 「成長可能性」開示で

【神戸経済ニュース】受託合成の神戸天然物化学(6568)は23日、東証が「グロース市場」の上場会社に提出を義務付けている「事業計画および成長可能性に関する事項」を開示した。神戸天然物化は、研究開発や製造の外注市場が拡大していることを示したうえで、増加している需要を取り込むために生産設備を拡張する計画であることを提示。収益拡大に向けた施策を進めていることを強調した。 同社は研究開発の外注市場が拡大してきた...

川重・大林組など、豪州から運んだ水素で発電 サプライチェーン構築で実績

【神戸経済ニュース】川崎重工業(7012)、大林組(1802)、関西電力(9503)、神戸市、技術研究組合のCO2フリー水素サプライチェーン推進機構(HySTRA)の5者は23日、神戸市中央区のポートアイランドにある水素発電の実証施設「水素CGS実証プラント」(写真左=川重提供)での発電実証に、オーストラリアから輸送してきた水素を使ったと発表した。水素を輸入して国内で利用する、水素サプラーチェーン(供給網)もモ...

アシックス、アプリ通じフィットネス有料プログラム スマホ越しトレーナーが指導

【神戸経済ニュース】スポーツ用品大手のアシックス(7936)は22日、スマートフォン(スマホ)の専用アプリ「ASICS WELLNESS CONSULTANT(アシックス・ウェルネスコンサルタント)」を通じて、トレーナーと双方向の通信で指導を受けながらフィットネスができる有料会員サービス「オンラインフィットネスプログラム」を開始したと発表した。自宅やオフィスなどの好きな場所で、目的や強度に応じた11種類のプログラムを受けることが...

シャルレ、取締役報酬を減額 林社長は固定報酬30%減を1年間

【神戸経済ニュース】婦人下着の訪問販売が主力のシャルレ(9885)は22日、取締役報酬を減額すると発表した。2022年7月から23年6月の1年間に、林勝哉社長は月額固定報酬を30%減額、それ以外の取締役(監査等委員の取締役を除く)は月額固定報酬を10%減額する。業績の低迷について経営責任を明確にするため。 同社は5月13日に希望退職者の募集を発表したのに合わせ、取締役報酬の自主返納も発表していた。林社長は5・6月の...

東洋水産、神戸・関西工場で3年ぶり親子見学会 だし学ぶ食育・カップ麺作りも

2022/06/23  09:30  応募専用フォームのURLを修正しました。【神戸経済ニュース】即席めん大手の東洋水産(2875)は8月9日に、神戸市西区の神戸複合産業団地(神戸テクノ・ロジスティックパーク)内にある関西工場(写真=同社提供)で「マルちゃん夏休み親子工場見学会」を3年ぶりに開催する。2016年8月に同工場の操業を開始して以来、2回目の開催になる。19年に第1回を開催したが、その後は新型コロナウイルスの感染拡...

ドンク、マレーシアに初出店 年1.5億円目標・1月開業のKL「ららぽーと」に

【神戸経済ニュース】パン製造販売のドンク(神戸市東灘区)は、マレーシア・クアラルンプール(KL)の複合商業施設である三井ららぽーとブキッ・ビンタンシティセンター内に新店舗「マレーシアららぽーとBBCC店」(イメージ図=ドンク提供)を15日オープンした。ドンクがマレーシアに出店するのは初めて。主力ブランド「ドンク」の店舗に、焼きたてのミニクロワッサンを提供する「MiniOne(ミニワン)」を併設した店舗だ。...

神鋼環境、清掃工場から「金」15kg回収 銀も15kg・相模原市で21年度

【神戸経済ニュース】神戸製鋼所(5406)傘下の神鋼環境ソリューションは、同社が建設した相模原市南清掃工場(相模原市南区、写真=同社提供)の「流動床式ガス化溶融炉」から2021年度の1年間に金15.427キログラム、銀15.856キログラムを回収したと発表した。同社が15日に相模原市に報告した。同清掃工場では、かねて廃棄物の焼却後に残る鉄とアルミを回収してきたが、貴金属資源も回収できるか相模原市と共同で調査を進めていた...

米ワシントン地下鉄、川重製7000系車両の営業運転を再開 16日から8編成

【神戸経済ニュース】米ワシントンの地下鉄を運行するワシントン首都圏交通局(WMATA)は、川崎重工業の米現地法人が製造した7000系車両について、遅れていた営業運転を再開した。15日に7000系車両を営業運転に復帰させるための最終確認を終えたと発表。まず8編成64両をを16日から順次、投入している。 昨年10月の脱線事故により、車両全体の約6割を占める川重製車両の使用を取りやめていた。ただ新たな検査の実施や、検査...

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告