川重、伊高級2輪車の「ビモータ」再生支援で合弁 現地見本市で試作車

 川崎重工業は欧州販社であるカワサキ・モータース・ヨーロッパが、イタリアの高級2輪車メーカー「ビモータ」(エミリア・ロマーニャ州リミニ県)ブランドの再生支援を目的に新たな2輪車メーカーを設立したと発表した。まず単独で会社を設立し、今後ビモータ社からの出資を受け入れる。新会社名は「イタリアン・モーターサイクル・インベストメント(IMI)」としたが、今後は新たに「ビモータ」に社名変更する計画という。 ...

続きを読む

石光商事、マイクロ・ナノプラスチックで見解 安全性に問題なしの見方

 石光商事は、このところ関心が集まっているプラスチックが砕かれて小さくなった粒子「マイクロプラスチック」と、さらに1000分の1の大きさの「ナノプラスチック」について、同社が採用しているコーヒー・紅茶のフィルターに関しては安全性に問題はなく、環境への負荷も小さいとの見解を発表した。現時点でマイクロ・ナノプラスチックを検出する手法は定まっていないとしながらも、蒸発残留物のテストなどから判断したという。「...

続きを読む

JR三ノ宮駅、2番のりばのホーム柵22日に使用開始 京都・大阪方面行き

 JR西日本は15日、三ノ宮駅(神戸市中央区)の2番のりばで設置工事を進めている昇降式のホーム柵を22日の始発から使用開始すると発表した。主に大阪・京都方面行きの普通列車や快速電車が停車するのりば。ホームから転落するなどの事故防止策として、すでに3番のりばではホーム柵を稼働させている。 JR西日本は乗降客数が年間10万人を超す14駅と、ホームからの転落事故や列車との接触事故などが相対的に多い西明石駅につい...

続きを読む

バンドー、コンベヤベルトなど10%以上の値上げ 来年1月受注分から

 バンドー化学は15日、コンベヤベルトの価格を2020年1月1日受注分から10%以上引き上げると発表した。原材料価格の高騰と輸送費用の増加が顕著で、生産性の向上などの自助努力だけでは製品価格の維持が困難になったためとしている。 対象製品はコンベヤベルト、フレクスベルコンベヤベルト(急傾斜ベルト)、ジョイント材料全般。2019年4〜9月期の決算短信によると、国内では鉄鋼向けなどのコンベヤベルトと、物流機器向け樹...

続きを読む

ワールド、JR西日本系ホテルで玄関・客室など設計 広島駅前に来春開業

 アパレル大手のワールドは14日、JR西日本の子会社が広島駅前に来春開業する宿泊特化型ホテル「ヴィアイン広島新幹線口」で空間デザイン・設計を担当したと発表した。約2500カ所で小売り店舗を展開する同社グループが持つ、店舗づくりのノウハウを生かした「プラットフォーム事業」の一環。玄関(イメージ図=ワールド提供)、客室、最上階の大浴場の空間デザインと設計を、子会社のワールドスペースソリューションズが手がけた...

続きを読む

アシックス「独身の日」販売高が34億円 円高進むも前年比で10億円増

 アシックスは14日、中国のネット通販サイト最大手であるアリババ集団が11日に実施した巨大キャンペーン「独身の日」で、同サイトを通じた当日の販売高が約34億円(速報値)だったと発表した。昨年11月11日の同キャンペーンに比べ、約10億円(約42%)の販売増になったという。アリババとの関係強化を進める中で、キャンペーン当日に向けた宣伝広告や、販売に向けた商品在庫の確保など念入りに準備したことが奏功したという。 人...

続きを読む

アシックス、国内外の全直営店で使い捨てポリ袋を廃止 20年末めざす

 アシックスは12日、販売した商品を入れる使い捨てのプラスチック製ショッピングバッグ(ポリ袋)を、国内外の全直営店で廃止することを決めたと発表した。2020年末をめどに環境配慮型の紙製の買い物袋に順次切り替える。これまでよりもややコスト高になるが、環境面のサステナビリティ(持続可能性)に配慮した対応を進める。7月に同社で定めた「サステナブルパッケージ方針」に基づく決定だ。国内ではポリ袋に使っていた約26ト...

続きを読む

P&G、海岸のプラスチックごみ再生したボトル 台所用洗剤「ジョイ」に

 米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の日本法人であるP&Gジャパンは、日本国内の海岸で回収したプラスチックごみを再生し、ボトルの原料に採用した台所用洗剤「JOY Ocean Plastic」(ジョイ・オーシャン・プラスチック、写真=P&G提供)を発売した。同社としてはアジア太平洋圏で初の取り組み。55万本の限定販売だが、海洋プラスチックごみを使用する1国向けの製品としては世界最大規模の生産量になる...

続きを読む

トーホー、10月の売上高2.9%増 DTB伸び駆け込みの反動おぎなう

 トーホーが12日に発表した10月の売上高動向は、全店全業態ベースで前年同月比2.9%増だった。20カ月連続で前年同月を上回った。主力の業務用食品卸売り(DTB)が7.0%増と大幅に伸びたのが寄与。「A-プライス」などを展開するキャッシュアンドキャリー(業務用食品現金卸売り、C&C)や食品スーパー事業に、非食品や酒類での消費税率引き上げ前の駆け込み需要が発生した反動減を補った。 DTBは3月にグループ入りした...

続きを読む

ロック・フィールド、10月の既存店売上高3.1%減 台風で臨時休業の店舗相次ぐ

 ロック・フィールドが11日に発表した10月の月次動向は、既存店売上高が前年同月比3.1%減と、3カ月ぶりに前年同月を下回った。台風19号の影響で臨時休業した店舗が相次いだことで営業日数が減少したのが表れた。さらに月前半は消費税率引き上げの駆け込み需要の反動で、商業施設への来店客が減少したのも影響したとみられる。 ブランド別みても6ブランド全てで前年割れ。主力のサラダ・総菜店「RF1」が2.9%減と、4カ月ぶ...

続きを読む

ドーンの消防向け映像通報システム、実際の通報で運用 9日から神戸市で

 地理情報システム(GIS)を使ったサービス・システム開発のドーンが4月に発売した消防向け映像通報システム「Live119」の実際の通報での試験運用が9日、神戸市で始まる。通報があった場合、消防本部で通報を受けた司令官の判断で、通報者に現場の動画送信を依頼。適切な応急処置について伝えやすくなるなど、より詳しい通報現場とのやりとりに期待がかかる。ドーンが開発した消防本部向けの映像通報システムを、実際...

続きを読む

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告