家次神商会頭「正常化に向けた大きな前進」 緊急事態宣言の解除で

 神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長)は21日付でコメントを発表し、政府が大阪府、京都府、兵庫県の新型コロナウイルスの緊急事態宣言を同日解除したことについて「経済活動の正常化に向けた大きな前進」と評価した。足元で地域経済は「困窮を極めており」「経営危機からの脱却の道を探る厳しい局面が続く」と指摘。そうした中で緊急事態宣言の解除で「ようやく先が開けたとの思い」という。

 今後の地域経済にとっては、新型コロナの感染が再び拡大する「第二波が生じないよう感染拡大防止」が必要としながらも「これまでにも増して何よりも、これ以上の経済悪化を防ぐ」のが重要と強調。政府や自治体には「迅速化つ果断な経済対策の実行を強くお願いしたい」と求めた。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告