家次神商会頭「新型コロナ後の反転攻勢に公共投資を」 空港ターミナル拡張も

20200317意見交換会

 神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長)は17日に開いた、神戸市の久元喜造市長らとの意見交換後に記者団の取材に応じ、観光業だけでなく建設業や製造業など幅広い業種に影響が出ていることを説明したとを明らかにした。そのうえで3月期末の接近を受けて、現金収支が悪化した「中小企業の資金繰りにきちんと対処する必要がある」と指摘。実際に足元で「商工会議所が取り扱っている制度融資の申し込みが、どんどん増えている」という。

 家次会頭は、新型コロナウイルス対策の影響が「いつまで続くのか分からないのはつらい」と訴えた。ただ、感染症対策の影響が収束した後は、「何か元気のあることをしていかなくては」とも強調。そのうえで「反転攻勢として市長に申し上げたのは公共投資」と話した。「朝の混雑がたいへんな神戸空港ターミナルビルの拡張や、大阪湾岸道路西伸部の工事を加速するなど、いろいろなことがあると思うが、いわゆる景気刺激策が必要だ」と主張した。

 新型コロナ対策の影響で景況感が大幅に悪化したことについては、「これから歓送迎会のシーズンなので、小規模な飲み会はやればよい」と語った。「マインド(気持ち)を変えることで、(景気も)変わってくるかなと思っている」と話していた。

 神商と神戸市の間では、今後も連携して新型コロナウイルス対策の経済への影響や、国への要望事項などの検討に向けて情報共有することで一致した。意見交換は神戸商工会議所で実施し、冒頭を報道関係者に公開(写真)。神商から家次氏に加え、植村武雄副会頭(小泉製麻会長)、尾山基副会頭(アシックス会長CEO)、伊藤紀美子副会頭(田嶋社長)、中林志郎専務理事らが出席した。家次氏と久元神戸市長はそろって記者らの取材に応じた。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告