神戸市が国内ドル建て債を起債 利率0.765%・発行額は合計2億1000万ドル

 神戸市は31日、国内の機関投資家向けに発行する米ドル建て、2本建ての5年物公募地方債「神戸市令和2年度第7−1回公募公債(5年)」「神戸市令和2年度第7−2回公募公債(5年)」の発行条件を決めた。いずれも表面利率は0.765%、発行価格は額面100米ドルにつき100米ドル(応募者利回り0.765%)になった。8月12日に発行し、償還期限は2025年8月12日。 発行額は第7−1回が5000万ドルで、第7−2回が1億6000万ドル。第...

神戸市、「スマート自治体」志向を鮮明 次期の行財政改革方針で明記へ

 神戸市は9月にも決定する2025年度が最終年度の次期「行財政改革方針」で、IT(情報技術)を活用して人口減少時代でも質の高い住民サービスを効率的に提供する「スマート自治体」をめざす姿勢を鮮明にする。高齢者人口がピークを迎え労働力不足が深刻化する「2040年問題」への対応策として、スマート自治体を志向すると位置付ける。28日の有識者懇談会(写真)で提示した次期方針の「素案」には、スマート自治体の実現に向けて...

兵庫県の7月補正予算が成立 新型コロナで医療体制充実など総額473億円

 兵庫県議会は27日に開いた第350回臨時会の本会議で、2020年度予算の7月補正予算案を全会一致で可決した。新型コロナウイルスの感染防止に向けた医療体制の充実や経済対策など、国の補正予算に対応した総額およそ473億円の補正予算。 井戸敏三知事は本会議で、新たな補正予算を編成する理由について「制度の詳細が判明した国交付金等を活用し、6月定例会で成立した第2次補正予算を補完するため」などと説明した。 今回の臨時...

兵庫県、総額473億円の7月補正予算を発表 全額で国庫支出金を活用

 兵庫県は16日、総額473億円の7月補正予算案を発表した。新型コロナウイルス感染症対策の充実・強化と、経済対策の2本柱。国の補正予算に伴う新たな制度が明らかになったことなどを受けて、兵庫県で追加の予算編成を実施する。同日記者会見した兵庫県の井戸敏三知事は「広い意味では新たに追加した項目はない」と説明。財源はすべて国の交付金または補助金を活用する。兵庫県の一般財源からの拠出はなく、新たな兵庫県債の発行...

兵庫県、臨時県議会を27日に開催 7月補正予算を編成

 兵庫県は14日、臨時県議会を27日に開催して2020年度の第3次補正予算(7月補正予算)を編成すると発表した。政府の「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金」など、兵庫県の6月補正予算編成後に、制度の詳細が判明した政府の補正予算を活用するため、兵庫県も新たに補正予算を作成する。 補正予算では新型コロナの感染症対策を強化するほか、経済対策などを実施する見通し。医療提供体制の確保に加え、福祉施設や学校な...

兵庫県、10年債の利回り0.150% 発行額300億円・機関投資家向け

 兵庫県は9日、10年物の公募地方債「兵庫県第10回10年公募公債」の発行条件を決めた。表面利率は0.150%、発行価格は100円(応募者利回りは0.150%)、発行額は300億円で、機関投資家向けに販売した。発行日は22日、償還日は2030年7月22日。みずほ証券(事務)、SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の3社が共同で主幹事を務めた。 9時33分に募集を開始し、9時35分には主幹事が完売を確認。均一価格リリー...

神戸市、チャレンジ補助金など予算積み増し 一般会計59億円増額を専決処分

 神戸市は7日、一般会計を59億円積み増す補正予算について、市長の専決処分を同日付で実施したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて実施する「中小企業チャレンジ支援補助金」「中小法人等の店舗家賃負担軽減補助金」の事業費をそれぞれ増額する。財源はいずれも国庫支出金で、新型コロナに対応する地方創生臨時雇用交付金を充てる。一般会計予算が59億円増額することで、総額1兆166億円になった。 「中小企業チ...

新型コロナ関連で自治体支援の必要性強調 神戸市、国の21年度予算に要望

 神戸市は10日、国の2021年度予算に対する98項目の提案・要望を発表した。要望する項目数は昨年よりも3項目増え、このうち23項目が新規の要望。例年は「重点項目」と「その他項目」の2部構成だが、今回は冒頭に「新型コロナウイルス感染症対策項目」の10項目を追加した3部構成とした。自治体の新型コロナに対する取り組みに対して、国からも財政的な支援が必要であると強調した。(写真は神戸市役所=資料) 国の20年度第2次...

神戸市、総額112億円の6月補正予算案を発表 チャレンジ補助金の枠拡充

 神戸市は10日、総額112億円の6月補正予算案を発表した。新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けた医療面と住民の生活、地域経済への影響に対応する。検査・医療体制への強化に27億円、生活支援や民間などで実施する感染症対策への支援に57億円、中小企業やフリーランスなどへの経済対策に23億円を計上。さらに不測の事態に備えるとして、予備費を5億円積み増す。神戸市は補正予算案を11日からの市議会に提出する。 検査・...

兵庫県、総額1120 億円の6月補正予算を編成 休業要請の協力金を追加など

 兵庫県は総額1120億円の第2次補正予算案を発表した。「医療体制と感染防止の充実」に768億円、「地域経済の活性化など経済対策」に321億円、さらに「新型コロナウイルスの感染収束後をにらんだ基盤づくり」に297億円などを計上した3本柱の補正予算案だ。すべて一般会計に組み込む。のどを痛めた井戸敏三知事に代わって記者会見した金沢和夫副知事(写真=兵庫県が配信した動画より)は、3916億円と大規模だった4月補正予算の...

兵庫県、20年定時償還債の利率0.271%に決定 発行額100億円・機関投資家向け

 兵庫県は5日、定時償還条項が付いた20年物の公募地方債「兵庫県第9回20年公募公債(定時償還)」の発行条件を決めた。表面利率は0.271%、発行価格は100円(応募者利回りは0.271%)、発行額は100億円とした。20年物国債127回債の利回りに対する上乗せ幅(スプレッド)は0.19%相当になった。 18日に発行し、最終償還日は2040年6月18日。毎年6月18日と12月18日の利払い日には、券面の2.63%(1000万円あたり26万3000円)ず...

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告