斎藤兵庫知事、県版Go To Eat「新型コロナでの落ち込み回復でも重要」

【神戸経済ニュース】兵庫県の斎藤元彦知事(写真=兵庫県が配信した動画より)は12日に開いた2022年度9月補正予算についての記者会見で、同補正予算に盛り込んだ「兵庫県版Go To Eat」について、「新型コロナウイルス(による影響)からの落ち込みをしっかりリカバー(回復)していく意味でも重要」と述べ、住民向けの物価高対策であると同時に、事業者支援でもある点を強調した。「飲食はすそ野が広い産業であり、県としてもし...

兵庫県、総額649億円の9月補正予算 県版「Go To Eat」に約9億円など

【神戸経済ニュース】兵庫県は12日、総額649億円の2022年度9月補正予算案を発表した(表)。患者数の拡大に伴って確保する病床を1712床に増やしたため、空床確保の予算を増額。重点医療機関向けの空床確保に294億円を計上。加えて入院患者を受け入れた医療機関に対する運営経費の支援(患者1人あたり1日1万2000円)の追加で12億円を計上した。これら「今後の感染拡大に備えた医療提供・検査体制の充実」で477億円と、今回の補...

神戸市、総額148億円の9月補正予算案 コロナ対策の下期分を計上

【神戸経済ニュース】神戸市は7日、総額148億円の9月補正予算案を発表した。当初予算には4〜9月の上期分しか計上していなかった新型コロナウイルス対策について、10月以降の下期分も盛り込むことのを柱とした。医療提供体制の安定的確保や宿泊療養施設の運営、検査・疫学調査などに合計150億円を計上。その他の支出もある一方で、予備費を6億8000万円減額する予算もあわせて計上した。 新型コロナ関連以外では、フードバンク...

兵庫県、初のグリーン債10年0.384%・20年0.966% 210団体が投資表明

【神戸経済ニュース】兵庫県は7日、機関投資家向けに発行する10年物の公募地方債「兵庫県令和4年度第4回公募公債(グリーンボンド・10年)」と、同20年物の「兵庫県第44回20年公募公債(グリーンボンド)」の発行条件を決めた。発行額は各100億円、合計200億円とした。いずれも9月20日に発行し、利払日は毎年3月20日および9月20日(初回:2023年3月20日)。 10年債の表面利率は0.384%、発行価格は100円(応募者利回り0.384...

兵庫県、初のグリーンボンドを起債 10年・20年2本建て合計200億円

【神戸経済ニュース】兵庫県は7日、機関投資家向けに発行する2本建ての公募地方債「兵庫県令和4年度第4回公募公債(グリーンボンド・10年)」「兵庫県第44回20年公募交際(グリーンボンド)」の発行条件を決めた。国際資本市場協会(ICMA)の「グリーンボンド原則2021」と、環境省「グリーンボンドガイドライン2022年版」への適合性について外部の評価を受けた、兵庫県としては初のグリーンボンド。適合性についての評価は...

兵庫県、初のグリーンボンドでIRを積極化 最速9月起債・販売先の多様化期待

【神戸経済ニュース】資金使途を環境に寄与する施策に限る「グリーンボンド」の初めての起債を控え、兵庫県がIR(投資家向け広報)を積極化している。財務部財政課の担当者らが、連日で投資家らとテレビ会議を重ねている(写真)。最速で9月に起債すると公表したことで、この時期を目標に金融機関や運用会社、企業や団体といった機関投資家に購入を呼びかける。10年債と20年債の2本建てで起債する計画だが、特に20年債は公募地...

神戸市SDGs債、みずほ銀・加古川市・石原ケミなど新規に投資表明

【神戸経済ニュース】神戸市が25日に5年物の公募地方債「神戸市SDGs債」を起債したのに伴い、新たに7社・団体が同債券への投資を表明した。神戸市によると、さらに1者が近く投資表明を予定しているという。 今回5年債の起債を機に投資を表明した7社・団体は、みずほ銀行、日本地震再保険、北洋銀行(8524)、加古川市、神戸商工貿易センター(神戸市中央区)、岡山県市町村総合事務組合(岡山市北区)、石原ケミカル(44...

神戸市5年債、発行利回り0.120%に条件決定 発行額300億円

【神戸経済ニュース】神戸市は25日、機関投資家向けに発行する5年物の公募地方債「神戸市令和4年度第1回公募公債(5年)」の発行条件を決めた。表面利率は0.120%、発行価格は100円(応募者利回り0.120%)、10年物国債347回債に対する上乗せ幅(スプレッド)は0.095%になった。発行額は300億円。9月5日に発行し、償還日は2027年9月3日。利払い日は毎年3月5日と9月5日。 昨年11月に発行した前回5年債(応募者利回り...

道府県から政令市に権限・財源移譲など要望 久元神戸市長、自民総務部会で

【神戸経済ニュース】政令市の20市長で構成する指定都市市長会で会長を務める久元喜造神戸市長は24日、自民党本部(東京都千代田区)で開催した同党の総務部会関係合同会議にテレビ会議システムを通じて出席し、道府県から政令市への権限・財源移譲などについて要望した(写真)。久元市長は「義務教育に関する権限の大部分が道府県から指定都市(政令市)に移譲された際は、税源の移譲も行われた。このような対応を引き続きお願い...

神戸市21年度決算、2年ぶり財源対策なし 新型コロナ対策の自主負担減

【神戸経済ニュース】神戸市が発表した2021年度決算は、一般会計が10億3700万円の黒字(20年度は3億円の黒字)だった。20年度に実施した財源対策は2年ぶりに実施せず、実質収支を黒字化できた。歳入・歳出の規模は、20年度に1人あたり10万円を配布した特別定額給付金がなくなった分、縮小した。一方で新型コロナウイルス対策の関連事業は国庫支出金で手当てする制度整備によって、神戸市の自主財源による負担は減少した。 21年...

兵庫県の21年度、一般会計は実質34億円の黒字 税収最高・県債残高657億円増

【神戸経済ニュース】兵庫県が18日に発表した2021年度の決算は、一般会計の実質単年度収支が217億円の実質黒字(20年度は2300万円の黒字)だった。県税収入が8737億円(20年度比726億円増)と想定以上に増えて過去最高を更新した一方で、地方交付税も増えた。この黒字額は過去最高になったが、県税収入が上振れしたことで22年度以降に普通交付税が減額される。この減額分を差し引くと実質的には34億円の実質黒字になる。新型コロナ...

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告