住友ゴム、英アクティビストが持ち分10%超す 12〜18日に市場内外で買い増し

【神戸経済ニュース】英穏健派アクティビスト(モノ言う株主)として知られる英投資ファンドのシルチェスター・インターナショナル・インベスターズ(ロンドン)が保有する住友ゴム工業(5110)株式の比率が10%を超えたことが19日、明らかになった。住友電気工業(5802)に次ぐ第2位の株主になったもよう。シルチェスターが同日、関東財務局に提出した大量保有報告書の変更報告書によると、18日現在で保有比率は10.27%になった...

アシックスが反発、連日で年初来高値 日テレHDと共同で「ランネット」買収

終値 2734円 +111円(+4.23%)【神戸経済ニュース】19日の東京株式市場ではスポーツ用品大手のアシックス(7936)が続伸した。後場終盤には前日比118円高の2741円まで買い進まれ、連日で年初来高値を更新した。収益の上振れ期待が大き銘柄の一角として、同社株を買う流れが続いた。さらに18日大引け後に、日テレHD(9404)と共同で、マラソン大会の申し込みやランニングに関する情報を配信するサイト「RUNNET」(ランネ...

日経平均が小幅続落、終値は2万8930円 前日比11円安

【神戸経済ニュース】19日の東京株式市場では日経平均株価が小幅ながら続落した。終値は前日比11円81銭安(-0.04%)の2万8930円33銭だった。東証株価指数(TOPIX)は反発。取引時間中には2000の節目を回復する場面があった。▽株式関連コンテンツ・神戸経済ニュース「業績・株式」記事一覧・メールマガジン「今日の株式相場」(まぐまぐ)・メールマガジン「<無料版>今日の相場」(まぐまぐ)・神戸経済ニュース相場班(tw...

今日の株式相場・反発か、米景気への楽観論が支え 終値2万9000円が焦点に

▽反発か、米景気への楽観論が支え 日経平均終値2万9000円が焦点に【神戸経済ニュース】19日の東京株式相場は反発しそうだ。前日の米株式相場の上昇が、相場の支えになるとみられる。米利上げペースが鈍化するとの見方や、景気指標の改善などを受けた米……〜記事本文の内容〜▽日米株価指標まとめ▽きょうの相場展開予想▽きょうの注目銘柄・2銘柄▽きょうの行事予定(発表予定など)▽前日の相場予想確認など。▽関連コンテンツ・メー....

神戸鋼が続伸 溶接材料の値上げ発表後に独歩高、価格転嫁の進展好感か

終値 612円 +3円(+0.49%)【神戸経済ニュース】18日の東京株式市場では日経平均株価が下落するなか神戸製鋼所(5406)が続伸と、独歩高の展開だった。日経平均株価が下落するなか、朝安後は上げに転じ、一時は前日比7円高の616円まで上昇した。午前10時ごろに溶接材料の値上げを発表。ステンレス鋼用、アルミ用、裏当て材を除く溶接材料の全品種について、10月1日納入分から価格を15%程度引き上げると表明した。原材料価格...

日経平均反落、終値は2万8942円 前日比280円安

【神戸経済ニュース】18日の東京株式市場では日経平均株価が反落。終値は前日比280円63銭安(-0.96%)の2万8942円14銭だった。東証株価指数(TOPIX)も反落した。▽株式関連コンテンツ・神戸経済ニュース「業績・株式」記事一覧・メールマガジン「今日の株式相場」(まぐまぐ)・メールマガジン「<無料版>今日の相場」(まぐまぐ)・神戸経済ニュース相場班(twitter)...

今日の株式相場・反落か、利益確定の売り先行 2万9000円維持が焦点

▽反落か、利益確定の売り先行 日経平均2万9000円維持が焦点【神戸経済ニュース】18日の東京株式相場は反落しそうだ。前日の米株式相場が下落した流れを受けて、日本株にも売りが出るとみられる。日経平均株価は前日にほぼ7カ月半ぶりに2万9000円の節目を回復したうえ……〜記事本文の内容〜▽日米株価指標まとめ▽きょうの相場展開予想▽きょうの注目銘柄・2銘柄▽きょうの行事予定(発表予定など)▽前日の相場予想確認など。▽関連....

シスメックスが反発 岡三が新規「強気」・岩井コスモ新規「A」の投資判断

終値 9006円 +272円(+3.11%)【神戸経済ニュース】17日の東京株式市場ではシスメックス(6869)が反発。一時は前日比321円高の9055円まで上昇した。証券会社が株価に強気の見通しを相次いで示したのが、買い手掛かりになった。岡三証券は16日付のリポートでシスメックス株を3段階で最も強気である「強気」の投資判断を新規に示した。岩井コスモ証券は5段階で最も強気の「A」で新規に投資判断を提示した。 岡三ではリポート...

日経平均反発、終値は2万9222円 前日比353円高・7カ月半ぶり節目回復

【神戸経済ニュース】17日の東京株式市場では日経平均株価が反発した。終値は前日比353円86銭高(+1.23%)の2万9222円77銭だった。日経平均は1月5日以来およそ7カ月半ぶりに2万9000円の節目を回復した。東証株価指数(TOPIX)も反発した。1月17日以来ほぼ7カ月ぶりに2000台に乗せた。▽株式関連コンテンツ・神戸経済ニュース「業績・株式」記事一覧・メールマガジン「今日の株式相場」(まぐまぐ)・メールマガジン「...

今日の株式相場・反発か、米株高が追い風 日経平均2万9000円うかがう

和田興産が4日続伸、2週間ぶり年初来高値 収益上振れ期待

終値 911円 +2円(+0.22%)【神戸経済ニュース】16日の東京株式市場では和田興産(8931)が4日続伸した。一時は前日比6円高の915円まで上昇し、3日以来およそ2週間ぶりに年初来高値を更新した。特に目新しい買い材料は出ていないようだが、2023年2月期の業績が会社予想よりも上振れするとの期待感から買いが先行したもよう。長期金利の上昇を受けて、住宅ローン金利が顕著に上昇する前の駆け込み需要に対する期待もある...

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告