家次神商会頭「新型コロナ後の反転攻勢に公共投資を」 空港ターミナル拡張も

 神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長)は17日に開いた、神戸市の久元喜造市長らとの意見交換後に記者団の取材に応じ、観光業だけでなく建設業や製造業など幅広い業種に影響が出ていることを説明したとを明らかにした。そのうえで3月期末の接近を受けて、現金収支が悪化した「中小企業の資金繰りにきちんと対処する必要がある」と指摘。実際に足元で「商工会議所が取り扱っている制度融資の申し込みが、どんどん...

神商が20年度の事業計画 家次会頭「次なるステージを一層具体化」

 神戸商工会議所は2日に開催した常議員会で、2020年度の事業計画を承認した。神戸市や兵庫県が三宮、県庁周辺などの再開発を進める中で、さらなる神戸の発展に向けた都市計画案を経済界として発信する。同時に、人手不足など雇用問題を中心にとして環境の変化する中小企業を支援も強化する。家次恒会頭(シスメックス会長兼社長)が常議員会後に開催した定例記者会見で発表し、「阪神淡路大震災から25年が経過し、次なるステージ...

家次神商会頭、新型コロナ「業種を問わず影響が広がる傾向」 定例会見

 神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長、写真)は2日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大について「業種、業態を問わずに影響の範囲が広がる傾向にある」との認識を示し、景気悪化への警戒感を示した。「終息の時期が不透明であることから、企業業績の落ち込みや地域経済へのさらなる悪影響が懸念される」という。神商としては「行政施策に関する情報提供や、経営相談等、地元中小企業へのサポートに...

「社長に逆らえない」が招いた破綻 元スカイマーク社長の西久保氏が神戸で講演

 スカイマークは2012年3月期に単独経常利益が157億円と、3期連続で最高益を更新した。「しかし、破綻する原因は、このときから始まったような気がします--」。こう話すのは、2004年1月から、経営破綻した15年1月までスカイマークの社長を務めた西久保慎一氏(写真)だ。西久保氏は18日に、神戸経済同友会の企業価値向上委員会が神戸市内で開催した講演会で講師を務め、「創業・上場・破綻」をテーマに話した。初めての会社...

家次神商会頭、太田氏死去「誠に痛恨の極み」「震災復興に心血」コメント発表

 神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長)は20日、ノーリツの創業者である太田敏郎名誉会長の死去について「地元財界の重鎮として信望を集めた太田さんが逝去されたことは、誠に痛恨の極み」と、追悼するコメントを発表した。太田氏は神戸商工会議所で1994年11月から10年間に副会頭を務めたほか、2003年12年から約1年の間は会頭代行に就いた。 家次氏は太田氏を「戦後の神戸の代表する起業家・企業人」と高く評価...

神戸同友会の代表幹事に富田・川重副社長 中尾氏が任期満了で

 神戸経済同友会は10日に開いた理事会で、川崎重工業の富田健司副社長執行役員(写真=神戸経済同友会提供)が新たな代表幹事に内定したと発表した。5月22日に開催する定時総会で、正式に選任する予定だ。同日の記者会見も予定する。2年の任期満了で代表幹事を退任する、神戸土地建物の中尾一彦社長と交代する。 昨年5月に代表幹事に就いたバンドー化学の吉井満隆社長は、引き続き2年目の任期を務める。 神戸経済同友会は19...

神戸の第2回企業交流運動会、総合優勝は「イエローチーム」 終了後に交流会

 神戸商工会議所が12日に流通科学大学の体育館(神戸市西区)で開催した「第2回企業交流運動会 in KOBE」は、4チームのうちアシックス、SMBC日興証券、小泉製麻(神戸市灘区)グループ、JTB神戸支店、東洋ナッツ食品(神戸市東灘区)、早駒運輸(神戸市中央区)、流通科学大学で構成する「イエローチーム」が総合優勝した。各チームの順位と総合得点は以下の通り。1位 「イエローチーム」(380点)2位 「レッド...

企業交流運動会(9) つな引き合戦は「レッド」が勝利(結果速報)

◆第9(最終)競技・つな引き合戦の結果・1位 レッド・2位 イエロー・3位 グリーン・4位 ブルー チームほぼ全員で綱を引きあう綱引き。制限時間は60秒で、センターラインよりも2メートル、センターマークを自陣に引き込んだほうが勝ち。トーナメント戦で順位を決め、決勝戦のみ3本勝負。1位は100点、2位は80点、3位は60点、4位は40点を獲得する。▽関連記事・企業交流運動会(8) バドミントンリレーは「ブルー」が勝...

企業交流運動会(8) バドミントンリレーは「ブルー」が勝利(結果速報)

◆第8競技・バドミントンリレーの結果・1位 ブルー・2位 イエロー・3位 レッド・4位 グリーン バドミントンのラケットを使って2人でボールをはさみ、ボールをバトン代わりにリレーする。各チーム7組、14人で速さを競う。時間的に余裕があったことなどから、当初は予定になかった競技だが追加した。1位は40点、2位は40点、3位は20点、4位は10点を獲得する。▽関連記事・企業交流運動会(7) ぞうきんリレーは「ブルー」...

企業交流運動会(7) ぞうきんリレーは「ブルー」が勝利(結果速報)

◆第7競技・ぞうきんリレーの結果・1位 ブルー・2位 グリーン・3位 イエロー・4位 レッド ぞうきんを両手で床につけたまま、並んだコーンをジグザグに走る。ぞうきんをバトン代わりに7人がリレーする。1位は40点、2位は40点、3位は20点、4位は10点を獲得する。▽関連記事・企業交流運動会(6) フラフープ送りレースは「グリーン」が勝利(結果速報) (2020/01/12)・企業交流運動会(5) 借りちゃえ競走、「イエロー」が...

企業交流運動会(6) フラフープ送りレースは「グリーン」が勝利(結果速報)

◆第6競技・フラフープ送りレースの結果・1位 グリーン・2位 イエロー・3位 ブルー・4位 レッド 各チーム21人の選手が全員手をつなぎ、フラフープをくぐりながら体の動きだけで送り渡していく。手を離すと反則。5個のフラフープを全員がくぐり抜ける速さを競う。1位は40点、2位は40点、3位は20点、4位は10点を獲得する。▽関連記事・企業交流運動会(5) 借りちゃえ競走、「イエロー」が2レースで勝利(結果速報) (20...

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告