就航1周年記念、たそがれの神戸港を楽しむ特別クルーズ 「boh boh KOBE」

 早駒運輸(神戸市中央区)は、同社が運航する神戸港の遊覧船「boh boh KOBE(ボーボー神戸)」(写真=資料)の就航1周年を迎える9月20日を記念して、幻想的な日没時間帯を海の上で体験できる「特別クルーズ」を18~20日、23~26日の合計7日間に実施する。通常60分のクルーズと同じ乗船料で90分の船旅が楽しめるほか、船内では京都の日本料理店が監修した、今回のクルーズ限りの特別な食事も販売する。 特別クルーズの乗船開...

神戸市で「日展」の巡回展を開催 六甲アイランドで・23〜25年の春に

 神戸市は16日、日本最大規模の総合美術展である「日展」の巡回展を六甲アイランドの神戸ゆかりの美術館(神戸市東灘区)と神戸ファッション美術館(同)で開催すると発表した。2023年から25年まで各年に、2月半ばから約1カ月間が会期。東京展に出品した基本作品およそ200点に加え、兵庫、大阪、奈良、和歌山に在住の会員作家による作品や公募で入選した作品などを展示する。 日展は日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門...

神戸・北野で出会うアート、気に入れば購入も 「Any Kobe」17日開幕

 異人館が立ち並ぶことで知られる神戸市中央区の北野町を中心に、現存するアーティストを支援するアートのイベント「Any Kobe with Arts 2021(エニー神戸ウィズアート2021)」が17日に開幕する。ギャラリーや異人館、レストラン、ホテルなどエリア内21カ所の会場で、57人のアーティストが手がけた作品を展示。街歩きとアートとの出会いが楽しめる。展示された作品を気に入れば、ほとんどは購入することができるという。10月3日...

ポートタワー最終営業日「人力ライトアップ」中止 26日・Kiss FM 特番は予定通り

 神戸ポートタワー(写真奥)では、大規模改修工事を控えた最終営業日である26日に予定していた行事のうち「人力ライトアップ」を中止する。当初は午後9時にタワーのライトアップを消灯した後に、タワーの展望階に集まった参加者200人がスマートフォンの明かりなどを窓に向けてかざし、タワーの形が夜空に浮かび上がるイベントを計画していた。新型コロナウイルスの緊急事態宣言が30日まで延長されたことに伴う措置。神戸ポート...

「初代県庁館」が11月3日に先行オープン 県立兵庫津ミュージアム

 兵庫県は13日、神戸市兵庫区に整備している「県立兵庫津ミュージアム」のうち、1868年の兵庫県誕生とともに県庁が設置された建物を復元した「初代県庁館」を11月3日に先行してオープンすると発表した。当日は午前中に関係者で議員らや地元住民など関係者で記念式典を開催し、午後から一般公開する。入館は無料。名誉館長の田辺真人・園田学園女子大学名誉教授による記念講演会や、伝統芸能の披露なども予定する。(図は兵庫県提...

神戸南京町「中秋節」に密を避けスタンプラリー ステージ行事中止・18日から

 神戸市中央区の中華街「南京町」では18〜21日に、「第24回中秋節」のイベントを開催する。中秋節は旧暦の8月15日(今年は9月21日)で、中国の代表的な節句。家族そろって月餅(げっぺい)を囲むのがならわしとされている。南京町では今年も特製の月餅を販売するほか、ハズレなしのくじ引き「福球(ふくだま)」を開催。新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため舞踊などのステージイベントを中止する代わりに、南京町の各店...

(動画)神戸で世界パラ陸上まで1年 HP開設で動画配信など、観覧車に表示も

 2022年8月26日〜9月4日に神戸総合運動公園(神戸市須磨区)のユニバー記念競技場で開催する「神戸2022世界パラ陸上競技選手権大会」の開幕まで1年になったのを機に、開催都市である神戸市が事前広報を活発化する。26日には大会の公式ホームページを開設。28日から順次コンテンツを拡充する。神戸ハーバーランド(神戸市中央区)のモザイク大観覧車では、世界パラ陸上の開催を知らせるメッセージの表示も始まった(動画)。 ...

神戸アンパンマンこどもミュージアム、入館者500万人到達 感染対策で式典なし

 ACM(東京都港区)が神戸市中央区で運営する「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」では、2階ミュージアム(有料部分)の入館者が500万人に到達した。到達したのは25日で、2013年4月に開業して以来、約8年4カ月かけて達成した。これまで100万人ごとに、ちょうど節目になる入館者と記念のセレモニーを開催してきたが、今回は新型コロナウイルスの感染対策を目的に式典はなし。500万人目の入館者を特定せず、アン...

JR三ノ宮に「六甲ミーツ・アート」が登場 過去の人気作品を展示・27日から

 暫定利用しているJR三ノ宮駅前の三宮ターミナルビル跡地(神戸市中央区)で27日から「六甲ミーツ・アート芸術散歩2021」の特別展示を実施する。交通の利便性が高いJR三ノ宮駅前で、過去の人気3作品を無料で展示。六甲ミーツ・アートの作品を三宮ターミナルビル跡地で展示するのは初めてだ。JR三ノ宮駅前のにぎわいづくりの一環として展示する。神戸市、JR西日本、神戸新聞会館(神戸市中央区)の3社で構成する「JR三...

さりげないぜいたく「五つ星」の県産食品で 神戸国際会館SOLに期間限定店舗

 兵庫県と公益社団法人の兵庫県物産協会(神戸市中央区)は9月4日、兵庫県内各地で産出した地酒や食品、雑貨など約100商品を販売する店舗「五つ星ひょうご marché le Soleil(マルシェ・ル・ソレイユ)」を開設する。県内各地の豊かな自然や歴史、文化といった「地域らしさ」に加えて、これまでにない「新しさ」を備えた商品を集めた「五つ星ひょうご」選定商品から、販売する商品を厳選する。店舗の場所は商業施設「神戸国際会...

まやビューライン・六甲有馬ロープウェーの営業時間短縮 夏休みイベントも中止

 神戸市の外郭団体である「すまいまちづくり公社」(神戸市長田区)は20日から、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の発令を受けて、まやビューライン(摩耶ケーブル、摩耶ロープウェー)と六甲有馬ロープウェーの最終便を繰り上げ、営業時間を短縮する。21・22日に六甲有馬ロープウェー「六甲山頂駅」の駅前広場で開催を予定していた「夏休みイベント」も中止にする。 まやビューラインの摩耶ケーブルは最終が午後5時40分、摩耶...

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告