《イベント》神戸夜市「さんきたアペリティフ」9日・午後3〜8時

【神戸経済ニュース】▽イベント名:神戸夜市「さんきたアペリティフ」▽概要:10月にリニューアルオープンした「さんきたアモーレ広場」に、地元商店街である三宮阪急前商店街振興組合の協力で、温かい飲み物(ホットワインや生ビールなど)や食べ物(ビーフシチューやハンバーガーなど)を提供するキッチンカーが出店する。同時にDJやライブペインティングも楽しめる「夜市」形式のフェスティバル。3月の本格開催に向けたプレ開...

「多様な文化を育んだ街・神戸」 JR西日本が観光キャンペーン・3月27日まで

【神戸経済ニュース】JR西日本(9021)は5日から、ちょこっと関西歴史たび「多様な文化を育んだ街 神戸」キャンペーンを始めた。ちょこっと関西歴史たびは、個人やグループの観光客を主な対象として、期間限定の施設の特別公開、特別講座など魅力ある企画を紹介する観光キャンペーンだ。2021年冬は「開港後の外国文化により根付いた神戸の歴史」を焦点に、神戸市中央区の北野、神戸南京町(中華街)、旧居留地の3地域で観光誘...

(動画)ルミナリエ代替行事「ロソーネまちなかミュージアム」始まる・12日まで

【神戸経済ニュース】2年連続で中止になった神戸ルミナリエの代替事業「神戸ルミナリエpresents『ロソーネまちなかミュージアム』」が3日、始まった。神戸市中央区の三宮・元町周辺の7カ所に、これまでに開催した神戸ルミナリエのデザインの一部である直径およそ3メートルで円形のイルミネーション「ロソーネ」9基を展示する(動画)。展示は12日までで、期間中は日没から午後9時ごろまで点灯する。 例年の神戸ルミナリエ会...

須磨海岸「スケート場」「ドッグラン」の社会実験 海水浴以外の用途模索

【神戸経済ニュース】神戸市は29日、京阪神でも有数の海水浴場である須磨海岸(神戸市須磨区)にスケートボードなどが使える「スケートエリア(スケート場)」と、飼い犬のリードを外して遊ばせることができる「ドッグラン」を開設する社会実験を実施すると発表した。場所は須磨ヨットハーバーにも近い須磨海岸の東側(図=神戸市提供)。スケート場、ドッグランともに12月6日に開設して、2022年3月下旬までの設置を予定する。 ...

神戸ルミナリエ代替「ロソーネ」展示 東遊園地に第1回の作品再現・12月3日から

【神戸経済ニュース】神戸ルミナリエ組織委員会は26日、12月3〜12日に開催する神戸ルミナリエの代替事業「神戸ルミナリエpresents『ロソーネまちなかミュージアム』」の開催概要を発表した。展示する7カ所9基の円形作品「ロソーネ」(図=組織委提供)は、過去の展示作品を再現する。例年の神戸ルミナリエ会場である東遊園地の「慰霊と復興のゾーン」には第1回作品のロソーネを配置。あわせて1995年の第1回から2019年に開催し...

神戸市営地下鉄、日本シリーズ試合終了に合わせ増発 西神・山手線で27・28日

【神戸経済ニュース】神戸市交通局は、27・28日に「ほっともっとフィールド神戸」(神戸市須磨区)で開催するプロ野球SMBC日本シリーズ2021「オリックス対ヤクルト戦」の試合終了に合わせて、神戸市営地下鉄西神・山手線の西神中央発・新神戸行き電車を3本増発する。増発する電車の運転時刻は、試合展開に合わせて現場で判断する。電車の増発によって、試合終了後に見込まれる総合運動公園〜三宮での混雑の緩和をねらう。 試...

みなと銀と神姫バス、観光地の活性化で連携協定 ファンドに資金受け入れも

【神戸経済ニュース】りそなホールディングス(8308)傘下のみなと銀行(神戸市中央区)と、神姫バス(9083)は24日、兵庫県の地域活性化に取り組むことを目的とした連携協定を結んだと発表した。みなと銀の武市寿一頭取(写真右)と、神姫バスの長尾真社長(同左)が出席して同日、神戸市内で協定の締結式を開いた。観光に関する街づくりや誘客、情報発信などで協力する。観光事業者の支援の一環として、みなと銀系の投資会社が運...

(動画)久元神戸市長「飲んで支えるのも大事」 樽廻船「下り酒」再現で出発式

【神戸経済ニュース】現在の神戸市東部から西宮市にかけての酒蔵「灘五郷」で醸造した日本酒が、江戸時代に専用の船「樽廻船(たるかいせん)」で江戸(現在の東京)まで運ばれたのを再現する行事の出発式が23日午前、神戸港の中突堤で開かれた。主催者の阪神間日本遺産推進協議会(事務局・伊丹市)を構成する神戸市の久元喜造市長はあいさつし、灘の生一本の歴史を知るのとともに「飲んで支えるのも大事」「この1週間も5回は-...

(動画)三宮で年末のイルミネーション始まる 「光の回廊」「クリスマスツリー」

【神戸経済ニュース】鉄道各社の三宮駅南側では19日、年末にかけて毎年実施しているイルミネーションが始まった。周辺の商業施設や銀行など14社で構成する「三宮駅南・光のデッキ回廊委員会」は「〜1000mの光の回廊〜KOBE LIGHT MESSAGE in 2021〜ECO ANGEL〜」をスタート。2008年に始まり、今年で14回目になった。昨年に続いて、主な部分の光を鮮やかな「青」で統一した。駅と周辺のビルなどを結ぶ、主要な4つの歩道橋が青い光に...

メリケンパークで夜の海底散歩 「メヤメヤ」12月17〜26日に開催

【神戸経済ニュース】神戸市は12月17〜26日の10日間に、メリケンパーク(神戸市中央区)の夜に浮かぶ幻想的なイルミネーション「メヤメヤ」を開催する。来場者の頭上にレーザーで海面を表現し、メリケンパークの地上を海底に見立てる。来場者は海底を散歩するような感覚を楽しめるという。臨海部(ウォーターフロント)地区のにぎわい創出をめざす。 昨年は光のトンネルや、六甲山で開催した現代アート作品の展覧会「六甲ミーツ・...

関西電力「神戸らんぷミュージアム」が閉館へ 神戸市は展示継続を申し入れ

【神戸経済ニュース】関西電力(9503)は17日までに、神戸市中央区で同社が運営する「神戸らんぷミュージアム」を2022年3月までに閉館する方向で調整していることを明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた休館などもあり、来館者が大幅に減少したためPR施設としての役割をはたせないと判断した。国内でも有数とされるランプのコレクションなど、収蔵品をどうするかは検討中だ。神戸市は関西電力に展示を継続するよ...

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告