神鋼環境、ベトナム最大級の製紙工場向け排水処理施設を受注 丸紅系工場で

 神鋼環境ソリューションはベトナムで、製紙工場向けとしては同国内で最大級の排水処理施設を、現地法人を通じて受注したと発表した。丸紅が全額出資する現地ダンボール原紙製造会社の工場で、2020年下期から稼働する予定だ。海外でも環境保全に対応した事業展開をめざす丸紅の意向に応じた。(図は工場全景の完成イメージ=丸紅提供) 丸紅などの求めに応じ、製紙工場の排水に特有である有機性汚濁物質や、色の付いた成分を取り...

続きを読む

台湾で話題の書店「誠品生活」で神戸フェア 「&KOBE」25日から

 米タイム誌が2004年に「アジアで最も優れた書店」に選び、東京・代官山の蔦(つた)屋書店が目標にしたことで知られる台湾の書店「誠品生活」の南西店で25日から、神戸の魅力を映した商品を集めた神戸フェア「&KOBE(アンドコウベ)」を開催する。誠品生活のバイヤーが選んだ20社の約350品を展示、販売することで街の雰囲気を再現。日本をよく知る人が多い台湾にあって、いわゆる日本の印象とは違った神戸の情報を発信する...

続きを読む

松井アジュバン社長、売上高100億円に手ごたえ 「商品開発、人材育成とも順調」

 アジュバンコスメジャパンの松井健二社長(写真=資料)は19日午後に開いた2019年3月期決算の記者会見で、「商品開発、人材育成とも現時点では順調」と述べ、2023年3月期に売上高100億円をめざす中期経営計画の進展を強調した。研究開発投資と人材投資を先行し、前期は大幅減益。20年3月期も利益は低水準になる見通しだが、収益拡大に向けた手ごたえを感じているという。 5年間の中期計画では今期が2年目。最初の3年間に...

続きを読む

アジュバン、今期純利益21%増の3000万円に 費用先行を継続も税金費用減で

 アジュバンコスメジャパンは19日、2020年3月期(20日締め)の連結純利益が前期比21%増の3000万円になりそうだと発表した。23年3月期の売上高100億円を目指す中期計画の2年目で、前期に続き研究開発投資や人材投資に資金を投入して費用が先行するが、税金費用の減少で最終利益は増加する公算だ。配当金は年24円(中間なし)を維持する。 売上高は9%増の56億円、営業利益は25%減の1億2700万円を見込む。前期に発売した初...

続きを読む

神栄、前期の連結最終赤字3億9600万円に下方修正 繊維分野で減損損失

 神栄は19日、2019年3月期の連結最終損益が3億9600万円の赤字(前の期は1億5800万円の黒字)になったようだと発表した。従来予想である3億5000万円の赤字から下方修正し、赤字幅が拡大した。繊維分野を中心に収益性が低下した店舗の固定資産について、減損損失を特別損失に計上することが主因としている。 売上高は前期比1%減の427億円、営業利益は75%減の2億200万円になったもよう。従来予想の425億円、2億円ちょうど...

続きを読む

3月の神戸市消費者物価は前年比0.8%上昇 前月比は3カ月ぶり上昇

 兵庫県が19日に発表した3月の神戸市消費者物価指数(2015年=100)は、生鮮食品を除く総合が前年同月比0.8%上昇の101.3と、8カ月連続で前年同月を上回った。前月比では0.1%上昇と、3カ月ぶりに上昇した。 10大費目別で見ると8費目が前年比で上昇。ガス代などが上昇した「光熱・水道」や、シャツ・セーター類や被覆関連サービスが上がった「被覆および履物」、家庭用耐久財などが値上がりした「家具・家事用品」の上昇が目...

続きを読む

日和産業、取引先向け債権3億円が取立不能・遅延に 貸倒引当金は計上済み

 配合飼料メーカーの日和産業は18日、取引先の木場養鶏場(鹿児島県南九州市)向け債権3億2600万円に、取り立て不能または遅延のおそれが発生したと発表した。木場養鶏場に対する売掛債権。4月中に清算手続きの準備に入ると、同社から連絡があったという。 日和産によると、今回の債権に相当する額の貸倒引当金はすでに計上済み。日和産の事業活動に影響は出ないとしている。...

続きを読む

川重など、世界初の液化水素用「ローディングアーム」開発 神戸空港島に設置へ

 川崎重工業と東京貿易エンジニアリング(東京都中央区)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、日本船舶技術研究協会(東京都港区)は18日、世界で初めて液化水素を船舶に積み降ろしする陸上設備「ローディングアーム」(写真=川重提供)を開発したと発表した。2020年度に予定している、オーストラリアから日本に液化水素を輸入する実証試験で使用。神戸空港島(神戸市中央区)に建設している液化水素の陸揚げ拠点に据え付ける。...

続きを読む

ヴィッセル神戸、名門バルセロナとノエスタ神戸で対戦 7月27日に

 楽天は18日、サッカーの大会「Rakuten Cup」(楽天カップ)を日本で開催すると発表した。参加するのはスペインの名門「バルセロナ」と、英プレミアリーグの「チェルシー」、さらにJ1のヴィッセル神戸の3チームで、2試合を開催。このうち1試合は、7月27日にノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区、写真=資料)で、バルセロナとヴィッセル神戸が対戦する。 バルセロナは、現在ヴィッセル神戸に所属し、世界的に人気のアン...

続きを読む

iPSを使った医薬品開発ヘリオス株が高値 理研など「安全性確認」発表で

 18日の東京株式市場では、東証マザーズ上場の医薬品開発ヘリオス(4593)が大幅に続伸。終値は前日比108円(5.93%)高の1930円だった。前引けにかけて動意付き、後場寄り直後は一時2114円まで上昇。1月24日に付けた2100円を上回り、年初来高値を更新した。神戸市立神戸アイセンター病院や理化学研究所などが、他人のiPS細胞から再生した網膜細胞の移植について、安全性を確認できたと発表したのが買いのきっかけになった。...

続きを読む

理研や神戸アイセンターなど、他人のiPS移植の安全性確認 「実用化7合目」

 神戸市立神戸アイセンター病院や理化学研究所などは18日、他人のiPS細胞から再生した網膜の細胞を目の難病患者に移植する臨床研究の経過について、東京都で開催した日本眼科学会総会で発表した。5人に移植して1年間の経過は良好で、安全性を確認したという。理研の高橋政代プロジェクトリーダーは記者団の取材に対し、現在の段階について「実用化に向け7合目」と評価した。 他人のiPS細胞から再生した網膜の細胞を移植...

続きを読む

(解説)神戸空港の増枠、なお国際線が焦点か 関空BCPの視点どうする?

 5月に開催がずれ込むとの見方が出ている関西3空港懇談会では、依然として神戸空港と国際線の関係整理が焦点になるとみられる。懇談会の事務局を務める関経連の松本正義会長(住友電工会長)は15日の定例記者会見で神戸空港について、向こう1〜2年の短期では神戸空港に国際線の就航を認めない案を軸に調整を進めていることを認めた。ただ、関西3空港懇談会が昨年12月に8年ぶりに開かれたきっかけは関西国際空港が台風の影響...

続きを読む

神戸製鋼、インドのタイヤ・ゴム機械製造を完全子会社化 7億円で

 神戸製鋼所は18日、ゴムタイヤなどの製造に使う「ゴム混練機(写真=神戸製鋼提供)」「ゴム2軸押出機」をインドで製造・販売する「L&Tコベルコマシーナリー」(LTKM、タミル・ナドゥ州カーンチプラム)を完全子会社化したと発表した。LTKM社は、現地エンジニアリング大手のラーセン・アンド・トゥブロ(L&T、ムンバイ)との合弁で2010年に設立。神戸製鋼は49%を出資していたが、17日付でL&Tから51%を買い取っ...

続きを読む

広告

サイト内検索

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告