家次神商会頭「連携の悪さ、いまの兵庫・神戸にはない」 大阪都構想は否決

20201103家次神商会頭

 神戸商業会議所の家次恒会頭(写真)は2日の定例記者会見で、1日の大阪市での住民投票で否決された大阪都構想に関連して「大阪で指摘されたような府と市の連携の連携の悪さは、いまの兵庫・神戸にはない」との認識を示した。「過去に軋轢(あつれき)があったようにも聞いているが、いまは井戸(敏三)知事と久元(喜造)市長がいい関係だと理解している」という。

 一方で兵庫・神戸と大阪との関係について「大阪で働いている神戸市民はたくさんいるし、大阪の財界の『えらい人たち』も、阪神間に住んでいる人は多く、密接につながっている」と指摘。2025年の「大阪・関西万博も尼崎の対岸で開催されることもあり、地元としてどう協力していけるかが大事」と強調した。さらに「いまの(神戸・大阪の)関係は悪くないと思っているので、これを続けていければ」と話した。

 1年程度の延期の方針が決まった生涯スポーツの祭典「ワールドマスターズゲームズ2021関西」については、「ワクチンと治療薬ができて状況が変わることを期待したい」と話した。

▽関連記事


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告