神戸市、保育士確保に補正予算を編成へ 新卒保育士に一時金40万円

 神戸市の久元喜造市長(写真=神戸市が公開した動画より)は27日の定例記者会見で、保育士の確保に向けた追加施策を発表した。保育の需要に対して保育士数が不足していることに対応する。新卒の保育士が2017〜18年度中に神戸市の保育園に就職した場合、1年目に10万円、2年目に30万円と合計40万円の一時金を支払うなど、待遇改善が柱。神戸市は2017年度予算で保育定員(保育所で受け入れられる子供の数)1200人の増員ための施策...

続きを読む

神戸市、保健指導に国内初の「SIB」で資金調達 糖尿病性腎症の悪化予防

 神戸市は20日、患者100人を対象に保健指導によって糖尿病による腎臓病の悪化を予防する事業について国内初のソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)で資金調達すると発表した。保健指導を担当する民間企業が必要とする費用を、金融機関や投資家が最初に負担。保健指導の成果に応じて神戸市が事後的に支出することで、金融機関や投資家の収益が変動する枠組みだ。神戸市にとっては支出の効率化や平準化につながる。(図はSI...

続きを読む

兵庫県、「工場等制限法」の再制定など提案 18年度の国予算

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=兵庫県が公開した動画より)は18日の定例記者会見で、国の2018年度予算に対して「地域創生の推進」「地域創生の基盤づくり」「地域自立の基盤づくり」を柱に提案・要望することを発表した。地域創生の推進のうち、東京一極集中への対策として、02年に廃止された首都圏の市街地に新たな工場建設などを制限する「工場等制限法」の制定などを改めて要望する。 井戸氏は「(人口の)地方分散をうながす...

続きを読む

兵庫県10年債、利率0.205%・100円 発行額100億円

 兵庫県は7日、10年物の公募地方債「兵庫県平成29年度第7回公募公債」の発行条件をイールドダッチ方式の入札で決めた。表面利率は0.205%、発行価格は100円(応募者利回り0.205%)に決まった。発行額は100億円。機関投資家向けに販売する。 午前11時20分に入札を締め切った後、入札参加者には午前11時33分に落札結果を通知。所要時間は13分間だった。引き受け金融機関は落札額が最多で幹事を務めるバークレイズ証券のほか、三...

続きを読む

神戸市、関係国会議員に18年度の予算要望 久元市長は石井国交相らも訪問

 神戸市は6日、東京都千代田区の衆院第2議員会館で、2018年度の国の予算に対する提案・要望の説明会を開催した。説明会では久元喜造神戸市長があいさつした後、「人口減対策」「神戸医療産業都市の推進」「神戸港・神戸空港の進行」「都心・三宮の再整備」など9分野とその他の項目について、兵庫県に関係する国会議員8人を対象に説明した。 説明会には衆院議員の関芳弘氏、谷公一氏、渡海紀三朗氏、西村康稔氏、藤井比早之氏...

続きを読む

兵庫県20年債、利率0.645%・100円 発行額300億円

 兵庫県は5日、機関投資家向けに発行する20年物の公募地方債「兵庫県第33回20年公募公債」の発行条件を決めた。表面利率は0.645%、発行価格は100円。20年物国債第161回債利回りに対する上乗せ幅(スプレッド)は0.050%になった。発行額は300億円。 午前9時26分に販売を開始した。完売を確認した後、主幹事証券会社は9時28分に値引き販売がなかったことを示す「均一価格リリース」を宣言。流通市場での売買に移った。主幹事...

続きを読む

久元神戸市長、自治体の財政調整基金「総務省はよく説明を」 国の議論けん制

 神戸市の久元喜造市長(写真=神戸市が公開した動画より)は14日の定例記者会見で、自治体の財政調整基金の必要性について「総務省はよく経済財政諮問会議などの場で説明してほしい」と述べ、自治体の財政には余裕があるとの見方を改めてけん制した。国の財政がひっ迫する中で、地方財政に余裕があるのではないかといった議論が出るのは「自然なこと」としながらも、「基金が増えているから地方交付税を削減するというのは乱暴な...

続きを読む

兵庫県、定時償還30年債の利率0.679%・100円 機関投資家向け

 兵庫県は8日、定時償還条項が付いた30年物の公募地方債「兵庫県第3回30年公募公債(定時償還)」の発行条件を決めた。表面利率は0.679%、発行価格は100円(応募者利回りは0.679%)、発行額は250億円になった。平均年限である15.78年のスワップ金利気配中値に対する上乗せ幅(スプレッド)は0.220%になった。機関投資家向けに販売し、主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券、東海東京証券が共同で務...

続きを読む

兵庫県の15年債、利率0.428%・100円 発行額100億円

 兵庫県は17日、15年物の公募地方債「兵庫県第14回15年公募公債」の発行条件を決めた。表面利率は0.428%、発行価格は100円(応募者利回り0.428%)になった。発行額は100億円とした。償還日が近い国債(20年物国債第136回債)の利回りに対する上乗せ幅は0.115%だった。 機関投資家向けの販売。午前9時35分に募集を開始し、2分後の9時37分には主幹事証券会社が完売を確認。均一価格リリースを宣言して流通市場での取引に移行...

続きを読む

神戸市30年債、利率0.950%・100円 発行額120億円

 神戸市は12日、機関投資家向けに発行する30年物の公募地方債の発行条件を決めた。表面利率は0.950%で、発行価格は100円(応募者利回り0.950%)になった。発行額は120億円だった。 昨年7月に発行した前回30年債(発行額150億円)の応募者利回りは0.283%だった。市場金利の上昇を受けて、今回債の利回りが押し上げられたもよう。 今回債は2017年度としては初の超長期債。神戸市は今年度に発行を予定する公募地方債1150億円(...

続きを読む

兵庫県10年債、利率0.187%・100円 発行額100億円

 兵庫県は11日、10年物の公募地方債「兵庫県平成29年第1回公募公債」の発行条件をイールドダッチ方式の入札で決めた。表面利率は0.187%、発行価格は100円(応募者利回り0.187%)に決まった。発行額は100億円。機関投資家向けに販売する。 午前11時20分に入札を締め切った後、入札参加者には午前11時36分に落札結果を通知。所要時間は16分間。引き受け金融機関は落札額が最多で幹事を務める三井住友銀行のほか、三菱UFJモル...

続きを読む

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報