兵庫県の17年度補正予算案、総額124億円 防災対策に87億円など

 兵庫県が15日に発表した2017年度補正予算案は、総額124億円のうち防災対策に87億円を充てる。橋の耐震化やのり面の強化など道路の防災対策と河川の護岸補強による地震対策など土木工事で50億円を占める。このほか子育て支援や、県政150年記念行事などにも予算を追加する。財源のうち117億円は県の借金である地方債を起債する計画だ。補正予算案は22日に開幕する県議会の定例会に提出する。 道路の防災事業では播磨大橋(播磨町...

続きを読む

神戸市20年債、利率0.597%・100円 発行額200億円

 神戸市は1日、機関投資家向けに販売する20年物の公募地方債の発行条件を決めた。表面利率は0.597%、発行価格は100円(応募者利回り0.597%)になった。発行額は200億円になった。 1月に発行した前回20年債(発行額100億円)の応募者利回りは0.645%で、今回債はこれを下回る利回りに決まった。新発20年物国債利回りが当時と比べて低下するなど、超長期ゾーンの市場金利が低下した影響を受けたとみられる。 今回債は、5月に...

続きを読む

久元神戸市長、神戸空港に多額の借金論「まったく事実無根」 来春民営化で

 神戸市の久元喜造市長(写真=神戸市が公開した記者会見動画より)は18日付でブログを更新し、神戸空港の債務が順調に返済できる見通しを強調した。神戸空港の民営化に向けて手続きが進み、「関心が集まる中、実態からかけ離れた報道や論評が全国的に報道されることがあります」と指摘。「3000億円を超える事業費が投入され、運営権対価として、191億円しか神戸市に入らないので、多額の借金が残る、という主張がありますが、ま...

続きを読む

兵庫県の前年度、一般会計が8億円の黒字 県債残高は1230億円増加

 兵庫県は17日、ホームページに前日付の書類を掲載して2016年度決算を発表した。一般会計は実質単年度収支が4億4000万円の黒字になり、9年連続で黒字を確保した。前年度からの繰越金などを加味する実質収支は8億5000万円の黒字で、黒字額は2900万円増加した。県税の減少などで収入は減ったが、兵庫県債の繰り上げ償還(借金の繰り上げ返済)を減らすなどで支出を抑えた。ただ兵庫県債(借金)の残高は3月末時点で、15年度末に...

続きを読む

定時償還条項付の兵庫県20年債、利率0.369%・100円 発行額150億円

 兵庫県は10日、定時償還条項が付いた20年物の公募地方債「第5回20年公募公債(定時償還)」の発行条件を決めた。表面利率は0.369%、発行価格は100円(応募者利回りは0.369%)になった。発行額は150億円。機関投資家向けに販売した。発行日は21日。 償還までの平均年限である10.75年のスワップ金利気配中値に対する上乗せ幅(スプレッド)は0.090%で、1月20日に条件決定した前回債(発行額100億円)の0.100%から縮小した。...

続きを読む

神戸市の前年度、一般会計9億2300万円の黒字 6年連続で財源対策せず

 神戸市が9日に発表した2016年度決算は、一般会計が9億2300万円の黒字(15年度は12億5600万円の黒字)だった。社会保障関係費用は増加したが、所得の増加に伴う個人の市民税による税収増や、財政の中期計画である「神戸市行財政改革2020」に基づいた経費削減などが寄与。6年連続で財源対策を実施せずに実質収支の黒字を確保した。 前年度の歳入は7113億3800万円、歳出は7023億9800万円だった。歳入と歳出の差額である89億4000...

続きを読む

神戸市の未収金残高、19億円減の213億円 前年度末

 神戸市は8日、2017年3月末時点の未収金残高が213億9300万円になったと発表した。16年3月末に比べ19億400万円減少した。矢田達郎前市長が同氏を本部長として08年7月に債権管理対策推進本部を設置。その直前の年度末である08年3月末(約451億円)に比べると、未収金残高は約6割減少した。 同推進本部の本部長は久元喜造市長が引き継ぎ、未収金の回収を引き続き強化。国民健康保険などの保険料は財産の差し押さえ、市営住宅...

続きを読む

神戸市10年債、利率0.220%・100円 発行額100億円

 神戸市は2日、10年物の公募地方債「神戸市平成29年度第4回公募公債」の発行条件を決めた。表面利率は0.220%、発行価格は100円(応募者利回り0.220%)に決まった。発行額は100億円。8月14日に発行し、償還日は2027年8月13日。機関投資家向けに販売した。引受幹事はSMBC日興証券、ゴールドマン・サックス証券、みずほ証券が務めた。 この日は静岡県と大阪府も10年物公募地方債の発行条件を決めた。発行額が同じ100億円...

続きを読む

財務省主計官が国の財政・地方創生で講演 8月22日

 財務省近畿財務局は8月22日午後に神戸市内で「我が国の財政について、および地方創生について」をテーマに講演会を開催する。同省で予算編成に直接携わる前田努主計官(農林水産係担当)が、「国際的にも歴史的にも例がないほど膨大な借金」(近畿財務局の資料より)について説明。財政健全化の見通しなどを語る。加えて東京への人口の過度な集中を是正し、将来も各地域での活力を維持する重要性などについても話す。 時間は午...

続きを読む

神戸市、保育士確保に補正予算を編成へ 新卒保育士に一時金40万円

 神戸市の久元喜造市長(写真=神戸市が公開した動画より)は27日の定例記者会見で、保育士の確保に向けた追加施策を発表した。保育の需要に対して保育士数が不足していることに対応する。新卒の保育士が2017〜18年度中に神戸市の保育園に就職した場合、1年目に10万円、2年目に30万円と合計40万円の一時金を支払うなど、待遇改善が柱。神戸市は2017年度予算で保育定員(保育所で受け入れられる子供の数)1200人の増員ための施策...

続きを読む

神戸市、保健指導に国内初の「SIB」で資金調達 糖尿病性腎症の悪化予防

 神戸市は20日、患者100人を対象に保健指導によって糖尿病による腎臓病の悪化を予防する事業について国内初のソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)で資金調達すると発表した。保健指導を担当する民間企業が必要とする費用を、金融機関や投資家が最初に負担。保健指導の成果に応じて神戸市が事後的に支出することで、金融機関や投資家の収益が変動する枠組みだ。神戸市にとっては支出の効率化や平準化につながる。(図はSI...

続きを読む

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報