三宮再開発 新・神戸文化ホール、空間創造研究所に基本計画支援を委託

 神戸市は18日、新たに三宮地区で建設する神戸文化ホールについて、基本計画の作成支援を空間創造研究所(東京都渋谷区、草加叔也代表取締役)に委託することを決めたと発表した。委託先の選定には、提出された企画提案書などに基づいて、神戸市民文化振興財団の服部孝司理事長と神戸市の担当者5人で構成する選定委員が審査した。応募したのは2社で空間創造研究所が83.6点を獲得、2位の76.3点を上回った。 空間創造研究所は19...

続きを読む

三宮再開発 中央区役所の新庁舎は地上10階程度に、神戸市が基本計画案

 神戸市は16日、中央区役所や勤労会館などが入居する予定の「中央区総合庁舎」について、地上10階・地下1階程度の規模する基本計画案を公表した。新庁舎は、現在の神戸市役所3号館の跡地に建設する。三宮再開発で建設するバスターミナルの予定地にある現在の中央区役所と勤労会館を移転するのに加え、老朽化した生田文化会館と葺合文化センターの機能の一部も集約する。(図は新庁舎のイメージ=神戸市が公表した計画案より) ...

続きを読む

三宮プラッツにロゴマーク 人の交わり「+」で表現

 神戸市は16日、三宮中央通り(神戸市中央区)沿いの地下と地上を結ぶ階段を設けた広場「三宮プラッツ」のロゴマーク(図=神戸市の発表資料より)が決まったと発表した。人の交わりを表現した「+」が反復することで、重なり合う交流が生み出すにぎわいをイメージした。これを港町らしく帆を連想する三角形に配置した。今後ロゴマークはエレベーター棟に掲示するほか、ポスターなどに活用する。 ロゴマークは4つの案の中から投...

続きを読む

みなと銀、個人ローンの金利引き下げキャンペーン延長 6月30日申し込み分まで

 みなと銀行は16日、個人ローンの金利を引き下げるキャンペーンを延長すると発表した。当初は2018年4月30日までに借り入れを申し込み、同5月31日までに契約した顧客を対象としていたが、これを2カ月間延長。6月30日までに借り入れを申し込み、7月31日までの契約を対象にする。同行では例年、年度替わりの時期に金利引き下げキャンペーンを実施するが、「今年は特に好評」(広報担当者)という。 自家用車やオートバイの購入...

続きを読む

神戸市とみなと銀、産業振興で連携協定 神戸市内での就職促進でも協力へ

 神戸市と関西みらいフィナンシャルグループ(FG)傘下のみなと銀行は13日、神戸市の産業振興に連携して取り組むことを目的とした協定を結んだ。神戸市は、金融機関としては神戸市で最も多い42店舗(有人店舗)を展開するみなと銀と連携することで、新産業育成や人手不足といった課題の解決につなげたい考えだ。(写真は協定調印後の記念撮影=神戸市が公開した動画より) 今回の協定は、協力して取り組む事業として神戸市内の...

続きを読む

東南アジア各港との国際港湾会議、今年も神戸市で開催の意向 久元神戸市長

 神戸市の久元喜造市長は12日の定例記者会見で、神戸開港150年をきっかけとして昨年2月に開催した神戸国際港湾会議について「今年も改めて、そういう会議を開きたいと思っている」と述べ、昨年に引き続き開催する意向を表明した。東南アジアの港湾と関係を強化することで、北米などへ向かう貨物の中継港として神戸港の活用を促す。神戸港の競争力強化について、記者の質問に答えて述べた。 東南アジアの貨物獲得は、すでに中継...

続きを読む

神戸市と兵庫県が一体でAIやIoTなど導入支援 新産業機構に窓口

 神戸市と兵庫県は12日、中小企業が製造現場で「人工知能(AI)」「ロボット」、センサーや道具をネット接続して連続的に情報収集する「IoT」を導入するのを県と市が一体になって支援すると発表した。新産業創造機構(NIRO)内に「IoT・AI・ロボット導入窓口」を設置。初期の検討から本格導入まで段階に応じて支援し、新技術の導入による人手不足への対応や生産性向上を後押しする。 地域でのIoTに関する事業創...

続きを読む

川重などの水素供給網プロジェクト、豪政府の資金支援が決定 豪AGLと組む

 川崎重工業、電源開発(Jパワー)、岩谷産業、丸紅の4社は12日、豪AGLエナジーと共同事業体を組み、豪州から日本に輸出する水素の生産施設や積み出し基地を建設すると発表した。設備などの建設と実証事業に豪政府の資金支援が決定。2019年から関連施設の建設を始める。世界初の水素サプライチェーン(供給網)を構築するプロジェクトが本格的に動き出す形だ。(図は今回の事業の範囲=川重などの発表資料より)  川重など...

続きを読む

神戸空港の17年度、利用者数は過去最高307万人 搭乗率も最高

 神戸市が11日に発表した2017年度の神戸空港利用者数は、16年度に比べて12.7%多い307万1974人と過去最高を記録した。4月に始まる年度ベースでは初めて年間300万人を突破し、これまでの最高だった開港3年目の08年度の297万人2212人を9年ぶりに上回った。就航便の全座席数に対する搭乗者数の割合である搭乗率も79.4%と2年連続で最高だった。  就航地別でみると、新千歳(新千歳発と新千歳行きの合計)に加え、羽田、長崎、...

続きを読む

井戸兵庫知事、国からの権限委譲「飽きずに何度でも要請」 住民へ浸透に施策も

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=兵庫県が配信した動画より)は9日に開いた定例記者会見で、国からの権限移譲が進まない現状について問われ「飽きずに何度でも要請してく方向で、(井戸氏が連合長を務める関西広域連合の)委員会でも決めさせていただいた」と述べた。関西広域連合は、国の出先機関の丸ごと移管などを求めているが、「ぜんぜん相手にされていないような状況であっても、さらに今年もアタックする」と改めて決意を語...

続きを読む

自民二階氏「関西が大きく躍進を」 松本氏「3空港のあり方みなさんと検討」

 与党関西空港議連の会長で自民党の二階俊博幹事長(写真)は9日午前、関西3空港を運営する関西エアポート(大阪府泉佐野市)グループが開いたレセプション(パーティー)であいさつし、「関西が大きく躍進することをお互いに誓い合おうではありませんか」と述べた。4月から関西エアポートの子会社である関西エアポート神戸が神戸空港の運営権を取得し、関西3空港で一体運営の体制が整ったことについては、関係者らに対し「ご...

続きを読む

広告

神戸経済ニュース Twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報