FC2ブログ

ワールド株が大幅高 上期業績を上方修正、一転の増益を好感

 18日の東京株式市場ではワールド(3612)が大幅高。終値は前日比115円(4.46%)高の2696円だった。取引開始直後には2721円と、上場初日の9月28日以来およそ3週間ぶりの高値を付けた。前日大引け後に2018年4〜9月期の連結純利益(国際会計基準)が前年同期比14%増の33億円になったようだと発表した。従来予想である21億円から上方修正し、一転の増益見込みになったのを好感した買いを集めた。 人員配置の見直しなどで人件...

続きを読む

シスメックス株が12日ぶり上昇 約16%下落で自律反発ねらいの買い

 17日の東京株式市場ではシスメックス(6869)が12営業日ぶりに反発した。終値は前日比370円高の8630円と、この日の高値に並んで引けた。値上がり率は4.48%と大幅高になった。前日まで11日続落し、この間に約16%下落した反動で、自律反発ねらいの買いなどを集めた。この日は日経平均株価が300円近く上昇するなど、相場全体の地合い改善がシスメックス株を買い直すきっかけになったもよう。 同社が11月7日に発表を予定する2018...

続きを読む

ワールド4〜9月期、純利益一転14%増に上方修正 経費削減、金融収支も改善で

 ワールドは17日、2018年4〜9月期の連結純利益(国際会計基準)が前年同期比14%増の33億円になったようだと発表した。従来予想である21億円から上方修正し、一転の増益見込みになった。人件費を中心に見直しを進めるなど、経費削減が寄与した。優先株式の償還や借入金の返済も進み、金融収支も改善した。営業利益は1%増の61億円と、従来予想の59億円から上方修正した。 売上収益は1%増の1171億円になった。従来予想の1174...

続きを読む

邦船3社のコンテナ統合会社「ONE」の今期、一転の税引き赤字予想に下方修正

 日本郵船、商船三井、川崎汽船の国内海運大手3社は16日、3社のコンテナ事業を統合して4月に営業を開始したOcean Network Express(ONE、シンガポール)が2019年3月期の業績予想を下方修正したと発表した。税引き利益は6億米ドルの赤字になる見込みと、従来予想である1億1000万米ドルの黒字から一転の赤字予想になった。4月の営業開始直後にサービスが混乱した影響が表れたほか、燃料高に対応した追加のコスト削減が追...

続きを読む

4〜9月期決算、豪雨や米中摩擦の影響など焦点か 発表予定一覧 

 2018年4〜9月期の決算発表が今週から始まる。神戸市に本社を置く会社では、アジュバンコスメジャパンが19日に発表するのを先頭に、主要企業では神戸製鋼所と川崎重工業がそろって30日に発表。11月13日に発表するワールドは、再上場後に初の決算発表になる。7月以降の豪雨や台風の被害による影響や、輸出企業は米中貿易摩擦の影響などがどの程度表面化するかが焦点になるとみられる。 フジッコや六甲バターといった食品など消...

続きを読む

MORESCOの3〜8月期、純利益16%増 原材料高も日中で増益

 MORESCOが12日発表した2018年3〜8月期の連結決算は、純利益が前年同期比16%増の7億8800万円だった。日本と中国で販売が伸びたことなどで、原材料高などのコスト増を吸収した。利益率はやや低下したが、増収を受けて最終増益を確保した。 売上高は5%増の142億円、営業利益は5%増の11億円になった。国内の特殊潤滑油で主力のダイカスト用油剤が好調。顧客の生産状況が伸びて需要が高まったほか、新製品の拡販効果も寄与し...

続きを読む

ミドリムシの効果、シーズン中のラグビー神戸製鋼選手が検証 神鋼環境

 神鋼環境ソリューションは11日、藻の仲間である植物「ミドリムシ」の摂取がシーズン中の運動選手に有用である可能性が示されたと発表した。神鋼環境が発見した新規株のミドリムシを、シーズン中のラグビートップリーグ神戸製鋼の選手が4カ月摂取したところ、便通の改善、疲労感の緩和、免疫力の維持が確認できたという。 選手が摂取した新規株のミドリムシは「ユーグレナグラシリスEOD-1」と呼び、神鋼環境ソリューションが特...

続きを読む

スタジオアタオ株が急伸 独歩高の展開、足元の好業績で買い安心感

 11日の東京株式市場では東証マザーズ上場のスタジオアタオ(ATAO、3550)が急伸した。終値は前日比335円(16.10%)高の2560円だった。東証マザーズ全体で上昇が11銘柄にとどまる中、値上がりが突出する独歩高の展開になった。大型株やETF(上場投資信託)なども含む東証全体でみても値上がり率ランキングで4位と目立って上昇。前日に発表した3〜8月期決算を受けて、足元の好業績を確認できたと買い安心感が広がった。...

続きを読む

シスメックス株が5カ月ぶり安値 日経平均一時1000円安、外国人の売りとも

 11日の東京株式市場では、神戸市に本社を置く上場会社で時価総額首位のシスメックス(6869)が大幅に下落した。終値は前日比550円(5.92%)安の8740円だった。一時は8680円まで下落し、5月10日(8620円)以来およそ5カ月ぶりの安値に沈んだ。日経平均株価の下げ幅が一時1000円を超すなど相場全体が売られる中で、時価総額の大きい同社株にも売りが出た。外国人投資家の売りが下げを主導したとの見方もあり、外国人の持ち分が...

続きを読む

スタジオアタオの3〜8月期、純利益41%増 ネット、店舗とも販売増

 オリジナルのバッグや財布などを販売するスタジオアタオが10日に発表した2018年3〜8月期の連結決算は、純利益が前年同期比41%増の3億8600万円だった。ネット通販と店舗の連携強化を目的に販売促進費などを増額したが、販売増で吸収した。ネット通販と店舗の両方で販売が伸びた。 売上高は26%増の22億円、営業利益は40%増の5億5400万円だった。業態別の売上高はネット通販が22%増の13億円、店舗販売が39%増の8億9700万...

続きを読む

スタジオアタオ株が大幅に反落 大引け間際に下げ拡大、早めの利益確定売りか

 10日の東京株式市場ではスタジオアタオ(3550)が大幅に反落した。終値は前日比140円(5.97%)安の2205円だった。前場から上値の重い展開だったが、大引けにかけて下げ幅を急速に拡大した。同日大引け後に3〜8月期の決算発表を控えて、早めの利益確定の売りが出たとの見方が多い。同社株は前日まで3日続伸し、この間に2.58%上昇していた。 同社株は9月19日に2025円の安値を付けて以降、戻り歩調をたどっていた。安値から...

続きを読む

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報