24年度の兵庫県債、市場公募1420億円計画 個人向け20億円・募集1回に

20240314兵庫県債発行計画

【神戸経済ニュース】兵庫県は2024年度に1420億円の兵庫県債を、機関投資家向けに市場で公募発行する計画だ。このうち800億円を同県単独で発行し、620億円は共同地方債に参加する形で発行する。市場公募の計画額は23年度の当初計画よりも200億円増加した。このほか銀行等引き受けか市場公募かを機動的に選択する「フレックス枠」を600億円設定し、金利動向や資金需要を見極めながら機動的に市場から資金調達する考えだ。

 資金使途を環境に寄与する事業に限定するグリーンボンド(環境債)は合計240億円の発行を予定しており、200億円は単独で機関投資家向け、20億円は機関投資家向けの共同地方債、残りの20億円は県内市町と共同で発行する個人向けに振り分けて発行する。23年度に発行した単独のグリーンボンドは5年債と10年債の合計でのべ271団体が投資表明した。今回も県内の幅広い団体に参加を促して、資金調達するとみられる。

 個人向けは1回の募集になるとみられる。個人からも人気があるグリーンボンドとして発行する予定だ。23年度と同様に資金需要がある神戸市以外の県内市町との共同発行とし、市町の調達分も含めて20億円を発行する計画だ。年限も前回同様5年になりそうだ。

 民間資金からの調達額は全体で3400億円と、23年度計画に比べて500億円増えた。このうち市場公募が増額になったほか、銀行等引き受け債は200億円増加の1360億円を設定。フレックス枠も100億円増えて600億円になった。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告