神戸市、4.14億円の3月補正予算案 生活保護費が5億円不足など

20240309神戸市補正予算

【神戸経済ニュース】神戸市は8日、総額4億1400万円の3月補正予算案を発表した。年度末までに生活保護費が5億円不足する見通しになったため、この分を改めて計上する。計上する5億円のうち3億2500万円を国が支出。神戸市の負担分は予備費1億7500万円を取り崩して手当てする。

 このほか50歳以上の住民を対象に、帯状疱疹(たいじょうほうしん)ワクチン接種費用の一部(4000円を1回)を助成するための費用も今回計上。兵庫県が3900万円、国が5000万円を拠出する。

 補正予算案は現在開催中の神戸市議会(2月議会)で15日の本会議に提出し、25日の本会議で議決して可決、成立する見通しだ。今回の補正予算を計上することで、一般会計の総額は9600億円になる。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告