新開地の演芸場、名称「喜楽館」に決まる 来年夏オープンへ

 神戸・新開地に建設する演芸場の名称が「喜楽館(きらくかん)」に決まった。16日に開催した起工式で発表した。同演芸場では5月末まで名称を募集し、1000通を超える応募の中から選んだ。神戸市兵庫区役所のフェースブックページによると、「みなさんが『きらく』に演芸場に足を運んでもらえるように」と、上方落語協会の桂文枝会長が特に気に入った名称だという。 起工式と名称の発表には桂文枝さんに加えて「新開地まちづくり...

続きを読む

神戸港の遊覧船、4〜6月期の利用者数9.9%増 メリケンパークの工事完了などで

 国土交通省の神戸運輸監理部は15日、4〜6月期に神戸港発着の遊覧船利用者数が前年同期に比べ9.9%増え15万8062人だったと発表した。春の大型連休など行楽シーズンに天候に恵まれた。リニューアル工事が完了したメリケンパークを訪問した観光客も多かったことから、遊覧船の利用増にもつながったという。 遊覧船利用者数のうち、レストラン船の利用者数は8万316人と、前年同期に比べ8.5%増えた。 ルミナスクルーズ、神戸ク...

続きを読む

山の日、楽しんだ? 摩耶山「ケーブル500円」で夏休み終盤も攻勢

 11日には「山の日」が祝日になって2回目を迎えたが、摩耶山は夏休み終盤にかけて観光誘致で攻勢をかける。21〜25日には摩耶ケーブルと摩耶ロープウェーの「まやビューライン」が大人500円で乗り放題、子供は無料で運行。さらに「日本酒ガーデン」や人気の「マヤ遺跡」ガイドウォークなどのイベントも同時に開催し、秋の観光シーズンにも観光客の関心をつなげる。豪華な賞品が当たるフォトコンテストも実施する。(写真は左から...

続きを読む

元町駅東口の広場に「六甲の稜線」が登場 来年3月にリニューアル・神戸市

 神戸市は9日、JR元町駅東口の南側広場についてリニューアルのデザインが決まったと発表した。六甲の稜線をイメージした起伏があり、曲線状のベンチを配置して、待ち合わせなどをしやすくする(完成予定図=神戸市の発表資料より)。旧居留地や南京町といった観光地の玄関口で、メリケンパークなど臨海部への導線にもなる場所を使いやすくするのが狙い。早期に着工し、18年3月末の完成を予定する。 久元喜造市長は9日の定例...

続きを読む

「Go!Go!灘五郷!」の阪神電車でゴー 10月1日「日本酒の日」から運転

 酒造メーカー26社とみりん醸造元1社で構成する灘五郷酒造組合(神戸市東灘区)と神戸市、西宮市、阪急阪神ホールディングス傘下の阪神電気鉄道は、室町時代から灘五郷が引き継いできた日本酒文化を車体に描いた「『Go!Go!灘五郷!』トレイン」(イメージ図=発表資料より)を日本酒の日である10月1日から運転すると発表した。阪神沿線に広がる酒蔵への観光誘致や、日本酒ファンの拡大などをねらう。  酒造組合、2市と...

続きを読む

JR発足30周年記念「神戸牛ビフカツサンド」 京阪神7駅で販売

 JR西日本の傘下で駅構内の店舗開発などを手がけるジェイアール西日本デイリーサービスネットは26日、国鉄が民営化したJR発足30周年の記念商品「神戸牛のビフカツサンド」を8月8日に発売すると発表した。27日まで20日間の限定販売。京阪神7駅19店舗だけで販売する。 セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン-イレブン・ジャパンと共同開発。ミルフィーユ状に重ねた神戸牛にコロモを付けて揚げ、トーストしたパンでは...

続きを読む

神戸ポートピアホテル、本館18階の全26室をリニューアル 記念の宿泊プランも

 神戸ポートピアホテル(神戸市中央区)は本館18階で全26室のリニューアルがこのほど完成したと発表した。落ち着いた中にも、きらびやかで神戸のハイセンスな雰囲気「KOBE Calm Modern」をデザイン。今回の改装を機に18階の名称を「リニューアルスーペリアフロア」とした。リニューアルを機に記念の宿泊プランも設定し、利用を呼びかける。(写真はツインルーム=神戸ポートピアホテルの発表資料より)  同ホテル本館は神戸ポー...

続きを読む

神戸電鉄、ネスタリゾートのプールと乗車券でセット割引 おとな平日2500円

 神戸電鉄は18日、大型複合リゾート施設のネスタリゾート神戸(三木市)のプール入場券と最寄駅である緑が丘までの往復乗車券がセットになった「平日限定ネスタリゾート神戸 電車&プール格安クーポン」を発売すると発表した。電車に乗る駅を問わず価格は2500円(中学生以上)。湊川からだと通常は合計3120円だが、約20%の割引になる。 緑が丘駅とネスタリゾート神戸の間を往復するバスの平日限定で運転を始めるの合わせて、割...

続きを読む

阪急バス、伊丹空港と有馬温泉の直通路線 梅田-有馬の本数増・28日から

 阪急阪神ホールディングス傘下の阪急バスと阪急観光バスは28日から、大阪国際(伊丹)空港と神戸市北区の有馬温泉の直通バスを運転する。現在運行している大阪・梅田と有馬温泉を結ぶ高速バスのうち1日3往復が伊丹空港を経由。空路を利用して有馬温泉に向かう観光客の利便性を高める。 伊丹空港に停車する便は、同空港発が午前10時40分、午後1時50分発、午後4時50分。有馬空港発が午前10時発、午後0時(12時)20分発、午後...

続きを読む

神戸市、台湾・インドネシア・マレーシアで観光誘致を積極化 現地拠点を開設

 神戸市は14日、台湾とインドネシア・マレーシアでも現地で神戸の観光情報の発信を積極化すると発表した。現地の事情に通じた民間企業と組んで拠点を開設し、神戸観光情報を現地で取り上げられやすくしたり、現地の需要に応じた神戸の旅行商品などを設計したりする。今後誘客が期待できる地域での拠点開設で、海外から神戸を訪れる観光客数の増加につなげる考えだ。 台湾での拠点事業はJ&T Contents(台湾・台北市)、インド...

続きを読む

神戸づくしのアフタヌーンティーセット ラ・スイート神戸

 ホテル・ラ・スイート神戸ハーバーランド(神戸市中央区)は、神戸開港150年を記念したアフタヌーンティーセット「KOBE♡Afternoon Tea」(写真=ラ・スイートの発表資料より)を提供している。「スイーツ」「スコーン」「セイボリー(軽食)」をそれぞれ盛り付けた3段の皿が付いた本格的な英国式のティーセットだ。神戸に縁のある食材であるバナナやコーヒー、ラムネ、神戸牛を使い、神戸港のランドマークを表現した。  最上...

続きを読む

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報