珍しいホテル上の現役灯台を公開 神戸メリケンパークオリエンタルホテル

 現役トウダイといっても受験生ではありません--。神戸メリケンパークオリエンタルホテル は17日、日本で唯一とされるホテルの上に立つ現役の灯台(写真)を一般公開した。同灯台は、国内で最初の西洋式ホテルの1つとされ、1995年の阪神淡路大震災で全壊、営業停止した旧オリエンタルホテルの屋上にあった。灯台は船の航行に必要ということもあり、95年7月に開業した神戸メリケンパークオリエンタルホテルが引き継ぎ、現在も...

続きを読む

有馬温泉で入初式 「2020年に向け有馬温泉を世界に売り出したい」

 日本三名泉の1つとされる有馬温泉(神戸市北区)では2日、「有馬温泉入初式(いりぞめしき)」を開催した。有馬温泉を発見したと神話に伝わる神や、再興した恩人とされる奈良時代や平安時代の僧の恩に報いる儀式を通じて、今年1年の温泉の安全と繁栄を祈った。 入初式は毎年1月2日に開催する年中行事。温泉寺(神戸市北区)から儀典の衣装を着た行列が、会場である有馬小学校まで練り歩いた。神事と仏事の両方にわたるのが...

続きを読む

久元神戸市長「初めて行く観光地として存在感がない」 移住にも取り組み

 神戸市の久元喜造市長は31日に放送したラジオ番組で、神戸国際観光コンベンション協会を改組して神戸観光局が20日発足したことに触れ、「初めて行く観光地としては意外と存在感がない」と指摘し、神戸市が国内の観光需要を取り逃がしているとの認識を示した。一方で久元氏は、数年前に首都圏の住民を対象としたアンケートでは、神戸を再訪したいとの回答が多かったとも指摘。「実際にリピーターは多い」という。今後、観光地とし...

続きを読む

神戸ルミナリエ、会場での募金4487万円 前年比5.9%増

 神戸ルミナリエの主催団体である神戸ルミナリエ組織委員会は、8〜17日に開催した「第23回神戸ルミナリエ」(写真)の期間中に会場で実施した募金が4487万7892円になったと発表した。昨年の4238万0131円を5.9%上回った。募金額には、開会前に障害者らを招待するハートフルデーでの募金額を含む。 神戸ルミナリエでは予算不足のために段階的に会期を短縮した経緯がある。当初は2週間の会期だったが、2015年からは現在の10日間...

続きを読む

神戸ルミナリエの来場者数4%増の339万6000人 天候に恵まれるなど

 8〜17日に神戸市中央区の旧居留地と東遊園地で開催した神戸ルミナリエの来場者数は、339万6000人と前年に比べて約4%増えた。会期が10日間になった2015年以降では最も来場者数が多かった。主催者の神戸ルミナリエ組織委員会が発表した。 会期中は初日に雨が降った以外は最終日まで晴れと天候に恵まれた。さらに今回は東遊園地で初めてドーム型の屋根が付いた光の回廊を設置(写真)。「見ごたえがある」と評判になったのも来場...

続きを読む

りそな銀など「デジタル通貨で次世代観光」を実験 灘五郷で、モニター募集

 りそなホールディングス傘下のりそな銀行は、スタートアップと呼ばれる起業まもない会社2社と共同で、デジタル通貨を使った次世代型観光「旅するフクブクロ」の実証実験を2018年2月に実施すると発表した。酒蔵が立ち並ぶ神戸市から西宮市にかけての灘五郷を舞台に、キャッシュレス観光の実現を模索する。実際にキャッシュレス観光を試すモニター200人の募集も始めた。 地域の物産購入や観光体験を「福袋」のように盛り込んだ...

続きを読む

神戸観光局、設立総会を20日開催 尾山会長が基本方針を発表

 神戸市の外郭団体である神戸国際観光コンベンション協会を改組して20日付で設立する「神戸観光局」は、同日午後に設立総会を開催する。会長に就任する尾山基アシックス会長兼社長CEO(最高経営責任者)が基本方針を発表する。従来の観光や会議などの誘致に加え、神戸市の観光部門の一部を移管して新たな観光資源の開発なども手掛ける体制が整う。 2019年のラグビーW杯、20年の東京五輪・パラリンピック、21年の関西ワールド...

続きを読む

「世界一のツリー」村松亮太郎氏のネイキッド社が照明演出 

 ネイキッド(東京都渋谷区、村松亮太郎代表取締役)は、神戸市中央区のメリケンパークで2日から始まった「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT」でのクリスマスツリーで照明演出を担当すると発表した。26日までの日没以降、クリスマスツリーの企画がテーマに掲げる「輝け、いのちの樹」を連想させる光の演出でいろどる。 俳優で映画製作なども手掛ける村松亮太郎氏は3月に開催した六本木ミッドタウン(東京都港区)の10...

続きを読む

「世界一のツリー」そら植物園がオフィシャルクラブ 有料会員も募集

 ファンクラブの運営や関連グッズ販売などを手掛けるSKIYAKIは、神戸市中央区のメリケンパークに生木としては高さ世界一のクリスマスツリーを立てる「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT」を企画した、そら植物園(東京都渋谷区、西畠清順社長)のオフィシャルクラブ「そら広場」を1日付で発足させたと発表した。さまざまな特典がある有料会員の募集も始めた。 発表資料によると西畠氏は年間250トンを超す植物の輸...

続きを読む

神戸ポートタワー営業時間を延長、12月も午後9時までに 夜遊び経済を刺激?

 神戸市の外郭団体である神戸港振興協会は29日、神戸ポートタワー(神戸市中央区、写真=フリー素材集より)の12月の営業時間を延長すると発表した。通常の12月は午後7時までだが、今年は12月1〜26日(3日を除く)に午後9時まで延長する。クリスマスを控えた夜の神戸を歩くきっかけとして、ナイトタイム・エコノミー(夜遊び経済)を刺激する可能性もある。 神戸ポートタワーの営業時間は通常午後9時までで、日没の早い12〜...

続きを読む

神戸の月末金曜日は夜ふかしに変わる? 市立博物館など開館時間を延長

 神戸市は、市立博物館(写真)など旧居留地(神戸市中央区)の博物館が「プレミアムフライデー」を実施する月末の金曜日に開館時間を午後9時まで延長すると発表した。あわせて街角で無料のクラシック演奏会も開き、「ナイトタイムエコノミー」(夜遊び経済)を活性化するのが目的だ。仕事帰りのOLやサラリーマンらだけでなく、訪日外国人観光客の誘客などもねらう。 月末の金曜日に午後9時まで開館するのは神戸市立博物館、...

続きを読む

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報