「六甲山ビジターセンター」が5月13日オープン ハイカーら交流の場に

 兵庫県は23日、県立六甲山自然保護センターを改装した「六甲山ビジターセンター」を5月13日に開館すると発表した。1975年に自然保護センターが開館して以来、六甲山の成り立ちや動植物を学べる場として使われたが、登山者やハイカーが交流する場としての機能強化をねらってリニューアル。六甲山のにぎわいを作り出す新たな拠点と位置付ける考えだ。 従来は12月〜3月の冬季に閉館していたが、通年で利用できるようにする。団体...

続きを読む

「神戸ならでは」のラグビー観戦ツアー好調 首都圏からも参加、JTBが企画

 6月16日にノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で開催するラグビー日本代表対イタリア代表の試合を見ると同時に、ラグビートップリーグの強豪である神戸製鋼「コベルコスティーラーズ」の練習場を見学、移動中には試合の見どころを元日本代表監督が解説--。ラグビー日本代表オフィシャルサポーターであるJTBが神戸での日本代表戦を盛り上げようと、ラグビー漬けのツアー「元日本代表選手と行く、日本代表応援ツアー《神...

続きを読む

南京町・春節祭実行委員長に岩田弘三氏 ロック・フィールド会長兼社長

 神戸観光局は、神戸市中央区の中華街「南京町」で旧正月の行事を開催する南京町春節祭実行委員長に、岩田弘三ロック・フィールド会長兼社長(77)が就いたと発表した。岩田氏は19日付で就任した。1999年から実行委員長を務めた瀧川博司・兵庫トヨタ自動車相談役(84)が退任したため。 岩田氏はロック・フィールド創業前の1965年に、現在の南京町西通りである元町通2丁目に「レストランフック」を開業。現在は南京町に、ロック...

続きを読む

ラグビーW杯、神戸市はイングランドや南アフリカのキャンプ地に 組織委が発表

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会は20日、出場する20チームが大会期間中に滞在する公認キャンプ地を発表した。組織委は59自治体にわたる52カ所をキャンプ地に指定。神戸市はアイルランド、イングランド、スコットランド、南アフリカ、敗者復活予選の優勝チームの5チームの滞在するキャンプ地に決まった。 出場するチームは試合の会場や移動日程などに合わせて、複数のキャンプ地を巡回する。たとえ...

続きを読む

布引の滝を明るく道案内 新神戸駅の高架下道路、神戸市が改良

 神戸市は山陽新幹線の新神戸駅(神戸市中央区)の高架下を通る道路の側面に、LEDによって内側から光る強化ガラス版を取り付けた(写真)。古くは「伊勢物語」にも登場する名勝の「布引の滝」への入り口に当たる道路だが、従来は高架下に明かりが入らず、日中でも薄暗かった。今回の改良でガラス板が照明になり、布引の滝を明るく道案内する。 早水電機工業(神戸市長田区)が開発した「ガラス導光板」を採用。高透過ガラスの...

続きを読む

神商のスポーツ産業懇話会、「神戸の自然」+「スポーツツーリズム」で調査開始

 神戸商工会議所の神戸スポーツ産業懇話会は17日、「神戸の自然環境を生かしたスポーツツーリズム」に関する調査に乗り出す方針を発表した。流通科学大学の山口志朗准教授をリーダーに、アシックスや住友ゴム工業、JTB神戸支店などが参画する。約1年間かけて研究会や先進事例調査などを重ね、2019年2月には調査結果と提言を取りまとめる計画だ。 六甲山では古くからハイキングなどが楽しまれているほか、最近では最高峰付近...

続きを読む

三宮センター街「ヨルバル」に老舗中華料理店など登場 27日

 三宮センター街で27日に開催する「ヨルバル」では、普段はセンター街で見かけない中華料理店が登場する。クロスメディアイベント「078」に合わせて開催する今回は、南京町生誕150年記念事業としても企画した。豚まんで有名な老祥記、四興楼、三宮一貫楼など南京町や元町周辺の9店舗が出店し、普段とは違った神戸・三宮の夜の顔を見せる。東遊園地や、みなとのもり公園などでのイベントとあわせて楽しむ来場者らが増えそうだ...

続きを読む

レンタル自転車「コベリン」の専用駐輪場を2カ所増設 HオークラとKIITO

  神戸市は13日、同市中央区の都心地域で展開するレンタル自転車「コベリン」の貸し出し・返却ができる専用駐輪場(ポート)を2カ所増設すると発表した。新設するのはKIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)とホテルオークラ。いずれも16日に開設し、既存の13カ所と合わせて15カ所でコベリンを借りたり、返したりできるようになる。 KIITOは新港地区で初めてのポート。ポート数を増やすことで利用者の利便性...

続きを読む

六甲ガーデンテラスが15周年、オリジナル缶バッジ配布 記念商品も販売

 六甲山上の商業施設「六甲ガーデンテラス」(神戸市灘区六甲山町)が18日で開業15周年を迎える。これを記念して、阪急阪神ホールディングスの傘下で同施設を運営する六甲山観光(同)は18日から、指定の店舗で2000円以上を買い物した顧客に、15周年記念ロゴ入りのオリジナル缶バッジを配布する。店舗では、記念ロゴ入りの商品も販売する。 15周年記念ロゴは、異国情緒ただよう施設の建物のデザインと、イノシシの子供「うり坊」...

続きを読む

毎月15日に「中華の日・特別サービスデー」 南京町150年で8月まで

 神戸観光局(旧神戸国際観光コンベンション協会)は10日、4月から8月まで毎月15日に「中華の日特別サービスデー」を南京町(中華街、神戸市中央区)で開催すると発表した。神戸観光局や商店会などで展開する「南京町生誕150年記念事業」の一環。中華の日である15日に、南京町の19店舗で割引やデザートのサービスなどを実施する。 当日のサービス内容は店舗によって異なる。広東料理の「民生」では1人あたり1500円以上の食事...

続きを読む

山陽電、台湾鉄路管理局との乗車券交流を継続 台湾からの券種を追加

 山陽電気鉄道は、使用済みの乗車券を使った台湾鉄路管理局(台鉄)との相互交流サービスを継続すると発表した。当初17年3月末までを予定した乗車券交流を18年3月末まで延長していたが、さらに期間を19年3月末まで1年間延長する。加えて、台湾からの観光客が「HIMEJI TOURIST PASS(姫路ツーリストパス)」を購入した際に、山陽百貨店などの割引券と引き換えられる乗車券の種類を増やす。台湾からの観光客へのサービスを拡大...

続きを読む

広告(ぜひクリックを)

神戸経済ニュース Twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告(ぜひクリックを)

天気予報