兵庫県の分収造林など、2月補正で「不適切」対応へ 基金残高を整理

【神戸経済ニュース】兵庫県は7日に開いた「県政改革本部会議」で、2月に補正予算を編成し、負債が膨らんでいた分収造林事業と地域整備事業の債務整理に、2023年度内に乗り出す方針を決めた。同事業の資金調達・運用の枠組みを有識者会議が「不適切」と指摘していただけに、今年度末までに不適切とされた点を解消したうえで23年度の決算承認を議会に求める必要があると判断した。会議には斎藤元彦知事、片山安孝副知事、服部洋平副知事と財政担当者らが出席した。

 分収造林事業を手がける外郭団体の「ひょうご農林機構」が金融機関から借入していた416億円については、金融機関から兵庫県が貸付債権を買い取る。このほか一般会計から地域整備事業会計への繰出金320億円を計上して、負債を処理。その他の費用も含めて766億円を補正予算に費用として計上。これに伴って県債管理基金の24年3月末残高が766億円減り、5166億円になる。

 分収造林事業と地域整備事業の抜本的な債務処理については、県民負担ができるだけ少なくなるよう24年度に検討する方針とした。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告