川重、CO2分離・回収システムの実用化試験 省エネ型、関西電の舞鶴発電所で

 川崎重工業は19日、同社が開発した省エネルギー型二酸化炭素(CO2)分離・回収システムの実用化試験を関西電力の舞鶴発電所で実施すると発表した。火力発電所の排ガスからCO2を分離して、大気中へのCO2排出を抑える。課題になっていたCO2の分離・回収に使うエネルギーの削減を、実際の石炭火力発電所で試験する。時期は2019年度以降を予定しているという。 地球温暖化の抑制を目指すパリ協定に基づいて、日本は30年...

続きを読む

(寄稿)[神戸鳥瞰虫探し]貸家増加は続くか 大阪・貸家着工にピークアウト感

 貸家着工動向に転機が訪れている。大阪経済圏では、一貫して貸家着工件数が増加していた。これに引っ張られる格好で、神戸市の着工件数も増加傾向をたどってきたが、ここにきて大阪市の着工戸数が頭打ち傾向を見せてきた。民間資金のうち、会社法人による着工が勢いを失いつつあるためだ。神戸市では依然として個人の貸家着工が活発だが、大阪市では個人資金での着工も減少傾向が見えてきた。神戸市は、減少場面でも大阪市の動向...

続きを読む

基準地価、神戸市で5年連続で上昇 商業地での地価上昇が加速

 国土交通省が19日発表した基準地価(7月1日時点)のうち神戸市では商業地、住宅地とも5年連続で上昇した。商業地では上昇率が4.2%と昨年の3.6%を上回り、地価上昇の加速が鮮明になった。都心地域では三宮再開発などへの期待感に加え、割高感が意識されやすい大阪や東京の都心部に対する出遅れ感もあり、資金が流れ込みやすくなっているためとみられる。  商業地で最も価格が高かった地点は中央区三宮町1丁目で1階に三井...

続きを読む

今週の予定(19〜24日)イオンモール神戸南が全面開業、兵庫県議会が開幕

▽9月19日(火)・ひょうご若者ビジョンフォーラム2017(ラッセホール、13:00)・500 Startups Kobe Acceleratorのプログラム後半開始▽9月20日(水)・井戸兵庫知事が定例記者会見(14:30)・8月の貿易統計・イオンモール神戸南が全面開業▽9月21日(木)・六甲アイランドでオフィスビル合同内覧会(神戸ファッションマートなど、10:00)・運輸安全マネジメントセミナー・ガイドラインセミナー(神戸海洋博物館ホール、13:00...

続きを読む

兵庫県の17年度補正予算案、総額124億円 防災対策に87億円など

 兵庫県が15日に発表した2017年度補正予算案は、総額124億円のうち防災対策に87億円を充てる。橋の耐震化やのり面の強化など道路の防災対策と河川の護岸補強による地震対策など土木工事で50億円を占める。このほか子育て支援や、県政150年記念行事などにも予算を追加する。財源のうち117億円は県の借金である地方債を起債する計画だ。補正予算案は22日に開幕する県議会の定例会に提出する。 道路の防災事業では播磨大橋(播磨町...

続きを読む

若者に選ばれる日本酒で神戸をアピール 神戸大、白鶴酒造と共同開発

 神戸大学は10月1日に白鶴酒造(神戸市東灘区)と共同開発した日本酒「神のまにまに」(写真=神戸大の発表資料より)を発売する。同じ神戸市内で、同大出身者も多く、日頃から交流のある白鶴酒造と、酒どころとしての神戸の魅力を訴えたいと共同開発に取り組んだ。食事にも合う、さっぱりとした味で若者に選ばれる日本酒をめざした。 素材には白鶴酒造が開発した酒米「白鶴錦」と、神戸大学農学研究科の食資源研究センター(加...

続きを読む

神明、目利きが選んだコメの「おにぎり」提供 持ち帰りも

 コメ卸最大手の神明(神戸市中央区)は、同社が厳選したコメを使ったおにぎりを提供する飲食店舗「五穀豊穣米処 穂(みのり)」を13日に開店した。コメの目利きである同社が品種や産地にこだわって選んだコメを炊いたご飯で、注文を受けてから顧客の目の前で握る。おにぎりは持ち帰りもできる。 日本人の多くが食べたり作ったりしたことのある「おにぎり」を通じて、コメのおいしさや食材との組み合わせでの可能性の大きさをア...

続きを読む

アシックス、専門性の高い店舗を強化 陸上競技専門、訪日客向けなど

 アシックスの国内販社であるアシックスジャパンは、専門性の高い店舗を強化する。10月から東京都と千葉県で陸上競技専門の店舗内店舗を開設、西宮市にはアウトドアブランド「ホグロフス」で国内5店舗目の直営店を14日にオープンした。訪日客向けには「オニツカタイガー」ブランドの日本製にこだわった製品の専門店(イメージ図=アシックスジャパンの発表資料より)を開く。顧客の志向に合わせた店舗展開(マーケット・セグメン...

続きを読む

こうべ食の博覧会、台風接近のため両日とも中止 神戸ワイナリー「収穫祭」も

 神戸開港150年記念事業実行委員会(事務局・神戸市みなと総局)は15日、メリケンパーク(神戸市中央区)で17〜18日に予定していた「こうべ食の博覧会 STYLE IN KOBE」を両日とも中止すると発表した。15日午後の時点で非常に強い勢力である台風18号の接近が見込まれるため。来場者の安全を考慮して中止を決めた。 17日に予定していたタイムカプセルの進水式典も中止する。タイムカプセルの進水は10月7日に延期。事務局が同日の...

続きを読む

ファミリアがデザインした母子手帳を交付 神戸市が10月2日から

 神戸市は14日、子供用品メーカーのファミリア(神戸市中央区)がデザインした母子手帳の交付を始めると発表した。10月2日の妊娠届出分から交付する。通信販売のフェリシモが企画し、神戸での子育てを楽しめるデザインをめざした。全編でカラー印刷を採用し、表紙(写真=神戸市の発表資料より)には港町神戸のイメージを刺しゅうでかわいく表現した。 表紙は船に乗った仲の良いクマの親子をメーンに、ポートタワーや六甲山地な...

続きを読む

ポートライナー、アート鑑賞船とセット券 16日から港都KOBE芸術祭

 神戸新交通(神戸市中央区)は16日から始まる「港都KOBE芸術祭」に合わせて、アート鑑賞船として早駒運輸(同)が運航するファンタジー号の乗船券と、ポートライナーの乗車券とのセット券を発売する。価格は大人1300円。遊覧船乗り場の中突堤中央ターミナル「かもめりあ」のチケット売り場やポートライナー三宮駅などで販売する。 港都KOBE芸術祭は16日に開幕し、10月15日までの会期を予定。神戸港周辺に22作品を配置す...

続きを読む

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報