TASAKI、MBOで上場廃止へ 27日から2205円でTOB

 宝飾品のTASAKIは24日、MBO(経営陣が参加する買収)を実施すると発表した。アジア系の投資ファンドであるMBKパートナーズなどが出資した投資目的会社がTOB(株式公開買い付け)を実施し、全株式の取得を目指す。買い付け価格は2205円と、24日の最終取引価格(1735円)を27%上回る。買い付け期間は27日から5月11日までの31営業日にした。TOBが成立すればTASAKIは上場廃止になる見通しだ。 海外進出に...

続きを読む

沢の鶴、創業300周年を記念した「純米大吟醸 一酒入魂」 25日0時発売

 沢の鶴(神戸市灘区)は25日に創業300周年を記念した清酒「純米大吟醸 一酒入魂」を発売する。300年間続けた酒造りの伝統や心意気を、この1本に詰め込んだ。 ふくよかな米の旨味を最大限に生かし、そのうえで大吟醸のフルーティーな香りを楽しめる。酒米作りに極めて適した地域とされる「特A地区」の三木市吉川町実楽で生産した山田錦を使用。精米歩合は33%と磨きをかけ、きめ細やかでバランスのとれた味わいにした。  同...

続きを読む

神戸市と姫路市、港湾・産業振興で連携協定 共同で姫路に企業誘致

 神戸市は23日、姫路市と港湾・産業振興に関して連携協定を結ぶことで合意したと発表した。神戸港に向けた貨物の増加に寄与する企業を、姫路市の対象地域に両市が協力して呼び込むことを柱とした。神戸港の港勢拡大に加え、姫路市の産業振興の両方を同時にねらう。 企業を呼び込む対象地域はひとまず姫路市の広畑富士地区と妻鹿日田地区としたが、今後は追加も検討する。企業誘致には神戸市が港湾運営会社の阪神国際港湾(神戸市...

続きを読む

伊藤園、西区の産業団地にコーヒー焙煎工場 隣接地を取得

 伊藤園は、神戸市が開発した西区の産業団地「神戸テクノ・ロジスティックパーク」にコーヒー豆の焙煎加工工場を建設する。昨年9月に稼働した緑茶飲料用の茶葉を製造する神戸工場(写真=神戸市の発表資料より)の隣接地、約1万6300平方メートルを神戸市から13日付で取得した。同社が展開するタリーズコーヒーの製品の生産能力を高める。土地を売却した神戸市が23日に発表した。  19年3月に操業を開始する計画。伊藤園は現在...

続きを読む

大和証券、神戸支店で約5000件の顧客情報を紛失 誤って廃棄か

 大和証券グループ本社傘下の大和証券は23日、神戸支店(神戸市中央区)で5132件の個人情報を紛失したと発表した。紛失したのは同社に口座を持つ顧客の書類や伝票などの書類で、1990年から2009年にかけて作成したもの。氏名や口座番号、電話番号、取引印、取引内容などが記載されていたという。 誤って廃棄し、溶解処理した可能性が高いという。このため外部に情報が漏れた可能性は低く、現在までに関連するとみられる不審な問い...

続きを読む

西区新庁舎、地上5階建て程度を想定 21年に完成・基本計画

 神戸市は23日、市営地下鉄の西神中央駅付近に建設を予定している西区役所の新庁舎建設で基本計画をまとめたと発表した。庁舎の規模は地上5階建て程度、延べ床面積1万500平方メートル程度を想定。建設費は土地の取得費用を除いて約45億円とした。2021年3月までの完成を予定する。 同日の定例記者会見で久元喜造市長は「選挙公約では西神中央駅前に分庁舎を作るとしていたが、その後の調整で庁舎を移転することができた」と説...

続きを読む

神戸市、アフリカとの連携に現地出身者 エチオピア国籍のエドリス氏

 神戸市は23日、今後の経済成長が見込まれるアフリカとの経済交流や連携を進める担当者に、エチオピア国籍のハサン・ケデュール・エドリス氏(33歳、写真=神戸市が公開した動画より)を採用したと発表した。「アフリカ神戸リエゾンオフィサー」として医療・新産業本部企業誘致部企業立地課に配置する。エドリス氏はエチオピアでは農業省に勤める国家公務員だった経歴を持つ。 エドリス氏は神戸情報大学院大学への短期留学をきっ...

続きを読む

訪日客向け交通パス「KANSAI ONE PASS」17年度は9万枚発行へ

 関西の鉄道9社局と関西経済連合会などは23日、観光地での特典などが付いた訪日外国人観光客向け交通ICカード「KANSAI ONE PASS(カンサイ・ワン・パス=写真、発表資料より)」を4月17日から本格的に販売すると発表した。16年4月から試験的に販売を開始したが、販売枚数は2月末までに5万枚を突破。販売価格を従来の3000円から2000円に引き下げ、17年度は9万枚の販売を予定する。 JR西日本の「ICOCA(イコカ)」をベー...

続きを読む

モロゾフ、10株を1株に株式併合 売買単位も10分の1に・8月1日から

 モロゾフは23日、8月1日付で現在の10株を1株に併合したうえで、東京証券取引所での売買単位を現在の1000株から100株に変更すると発表した。東証など国内証券取引所は売買の単位を原則として100株に統一するよう上場会社に求めており、これに対応するのがねらい。 売買単位は引き下げるが、株式併合によって売買単位あたりの金額を現在と同水準に維持する。株式併合によって、現在10株以上を保有する株主の議決権数には変更が...

続きを読む

トーカロの今期、一転の最高益に上方修正 半導体・液晶向け溶射加工が堅調

 トーカロは22日、2017年3月期の連結純利益が前期比25%増の37億円になる見通しだと発表した。従来の29億円から一転して増益の見込み。上方修正によって過去最高を更新する見通しになった。半導体・液晶分野向け溶射加工が堅調で、増収効果が寄与する。 売上高は微増の288億円、営業利益は14%増の55億円を見込む。従来予想は280億円、44億円だった。期末配当は47円50銭と、従来予定よりも10円積み増す。年間では前期比10円増配...

続きを読む

石原ケミカルの今期、純利益8%減 3億円の減損計上

 石原ケミカルは22日、2017年3月期の連結純利益が前期単独比8%減の5億円になる見通しだと発表した。従来予想の5億4000万円から下方修正した。神戸工場(神戸市西区)が保有する固定資産で減損処理を実施し、約3億円の特別損失を計上することなどが響く。一方で、有価証券の売却益2億6100万円を計上する計画という。 売上高は1%減の144億円、営業利益は微減の7億円を見込む。従来予想は145億円、6億5000万円だった。売...

続きを読む

広告

神戸経済ニュース

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報