サッカーのヴィッセル神戸、チームとスタジアムを一体運営へ 来季から

 サッカーJリーグ1部(J1)のヴィッセル神戸は来季から、チームとホームスタジアムの一体運営に乗り出す。神戸市は13日、楽天の子会社である楽天ヴィッセル神戸(神戸市兵庫区)が、ノエビアスタジアム神戸(同、写真=神戸市の発表資料より)の管理運営会社に決まったと発表した。2018年4月から10年間の契約。ノエスタはヴィッセル神戸のホームスタジアムで、チームの運営会社である楽天ヴィッセル神戸は同スタジアム内に本...

続きを読む

クリーンルームの床に落ちたホコリを簡単に検出 バンドー

  バンドー化学は、クリーンルームの床に落ちたチリやホコリを可視化する異物検査ツール「BANDO DEC-20」を開発したと発表した。2018年1月に発売する。製造現場でパソコンに接続する(写真=バンドーの発表資料より)だけで、皮膚や繊維などの目で確認が難しい20マイクロメートルレベルの異物を確認できるようになる。 電子機器の小型化などを背景に、電子部品を高密度で組み立てる製造現場のクリーンルーム化が進んでいる...

続きを読む

りそな銀など「デジタル通貨で次世代観光」を実験 灘五郷で、モニター募集

 りそなホールディングス傘下のりそな銀行は、スタートアップと呼ばれる起業まもない会社2社と共同で、デジタル通貨を使った次世代型観光「旅するフクブクロ」の実証実験を2018年2月に実施すると発表した。酒蔵が立ち並ぶ神戸市から西宮市にかけての灘五郷を舞台に、キャッシュレス観光の実現を模索する。実際にキャッシュレス観光を試すモニター200人の募集も始めた。 地域の物産購入や観光体験を「福袋」のように盛り込んだ...

続きを読む

神戸観光局、設立総会を20日開催 尾山会長が基本方針を発表

 神戸市の外郭団体である神戸観光コンベンション協会を改組して20日付で設立する「神戸観光局」は、同日午後に設立総会を開催する。会長に就任する尾山基アシックス会長兼社長CEO(最高経営責任者)が基本方針を発表する。従来の観光や会議などの誘致に加え、神戸市の観光部門の一部を移管して新たな観光資源の開発なども手掛ける体制が整う。 2019年のラグビーW杯、20年の東京五輪・パラリンピック、21年の関西ワールドマス...

続きを読む

井戸兵庫知事、初代県庁復元「ぜひ実施したい」 費用に言及せず、ラジオ番組で

 兵庫県の井戸敏三知事は12日午前にラジオ関西の番組に出演し、初代兵庫県庁を復元する計画に触れ、「(兵庫県政)150年の記念事業の1つとしてぜひ実施したい」と改めて述べた。150年前に設置した初代の兵庫県庁舎は、江戸幕府の出先機関だった大坂町奉行所兵庫勤番所の建物を流用したとされる。これを井戸氏が、神戸税関の前身である兵庫運上所と誤り、別の出演者に指摘される一幕もあった。 復元のための費用には言及しなかっ...

続きを読む

機械設計のダイセキ、明石から神戸に本社移転 家賃補助の第5号

 神戸市は12日、明石市から神戸市中央区に本社を移転した機械設計などを手掛けるダイセキ(中川理恵会長)について、神戸市内に本社機能を移転した企業に対する家賃補助の第5号に認定したと発表した。ダイセキは11月20日から貿易センタービル(神戸市中央区浜辺通5=写真)16階で新本社を稼働した。 ダイセキは明石市から本社を移転すると同時に、大阪市淀川区にあった大阪事業所も神戸市の本社に統合。神戸の新本社では従業員...

続きを読む

MORESCOが株主優待を強化 3年以上保有の株主を優遇

 MORESCOは12日、株主優待制度について同社株の長期保有を促すよう変更すると発表した。現在は100株以上を保有する株主に対して、2000円相当の兵庫県の物産品を配布している。これを今後は保有年数が3年以上の株主に3000円相当、3年未満の株主に2000円相当の兵庫県の物産品を配布する。 株主優待は毎年2月末現在の株主名簿に記載された株主が対象。同じ株主番号で継続して3年以上、連続して記録された株主を3年以上保有した...

続きを読む

上組、ミャンマー・ティラワ港でばら積みターミナル 現地食品会社と共同で

 上組は11日、ミャンマー最大の都市ヤンゴンの南にあるティラワ港で、穀物や飼料など「ばら積み貨物」のターミナルを開発すると発表した。ミャンマーの大手複合企業「キャピタル・ダイヤモンド・スター・グループ」(CDSG)と、三菱商事が合弁で設立した現地の食品事業会社である「ルビア・リミテッド」と共同で、ターミナルの開発・運営会社を設立する。 ミャンマーでは民主化などと同時に個人消費が拡大する流れのなかで「...

続きを読む

ロック・フィールド、11月既存店売上高3.3%増 2カ月ぶり前年比増

 ロック・フィールドが11日に発表した11月の月次動向では、既存店売上高が前年同月比3.3%増と、2カ月ぶりに前年同月を上回った。業態別でみても主力のサラダ店舗「RF1」など全6業態が前年同月比で増収だった。 前月まで3カ月連続で前年比減だったジュースとスープが中心の「ベジテリア」も、0.1%増と4カ月ぶりに前年同月を上回った。和洋中の惣菜を組み合わせて販売する「グリーン・グルメ」は5.5%増、「神戸コロッケ...

続きを読む

トーホーの2〜10月期、純利益37%減 食品スーパーの赤字が続く

 トーホーが11日発表した2017年2〜10月期の連結決算は、純利益が前年同期比37%減の5億5500万円になった。減収によって売上総利益が減少するなかで、販管費が増加した。不採算店の閉店や、一部店舗で店内ベーカリーを設置するなど、事業構造の改革を進める食品スーパー事業の赤字が続いたのも響いた。 売上高は1%減の1535億円、営業利益は40%減の11億円だった。主力の業務用食品卸売り事業は営業利益が13億円と、前年同期に...

続きを読む

川重と大林組、ポーアイに水素発電施設が完成 世界初の市街地電力供給へ

 川崎重工業と大林組は神戸市中央区の人工島ポートアイランドで、市街地への電力供給を目的とした水素を燃料とする発電施設を10日に完成させたと発表した。両社は今後、安定性などを検証したうえで、2018年2月上旬に神戸市立中央市民病院などへの電力と発電時に発生する熱の供給で、実証実験を始める。水素で発電した電力を市街地に供給するのは世界で初めて。  川重と大林組が完成させたのは1メガワット級の発電設備「水素コ...

続きを読む

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報