4〜6月期の兵庫県GDPは1.4%増 民間設備投資の減少幅縮小、高い伸びに

 兵庫県が31日に発表した2019年4〜6月期の県内総生産(GDP、季節調整済み)は、物価変動の影響を除く実質(2011年基準)で1〜3月期との比較で1.4%増加した。年率換算では5.7%の増加と高い伸びになった。民間企業の設備投資は前期比0.1%減と、減少ながら減少率が1〜3月期の7.0%から大幅に縮小したのが寄与した。 設備投資のほか政府部門の消費支出が、小幅ながら4期連続でプラスになったのも寄与した。外需などの純...

神戸電鉄の4〜9月期、純利益11%増 前年同期に災害で特損の反動

 神戸電鉄が31日に発表した2019年4〜9月期の連結決算は、純利益が前年同期比11%増の10億円だった。昨年の西日本豪雨や台風などの影響で、前年同期に災害による損失2億5000万円を特別損失として計上。これがなくなったのが増益につながった。前年同期に営業外収益として計上した、受取保険金がなくなったことなどを吸収した。 売上高に相当する営業収益は微減の116億円、営業利益は3%増の15億円だった。前年同期に豪雨や台...

さくらKCSの4〜9月期、最終黒字3億円 消費税対応などが収益を押し上げ

 さくらケーシーエスが31日に発表した2019年4〜9月期の連結決算は、最終損益が3億4500万円の黒字(前年同期は400万円の赤字)だった。公共関連部門で消費税率引き上げに伴うプレミアム付商品券対応や改元対応、一般民需分野で消費税の軽減税率制度へのシステム対応などが収益を押し上げた。消費税率引き上げを控え、機器の駆け込み需要も発生した。 売上高は前年同期比15%増の110億円、営業損益は4億400万円の黒字(前年同...

GセブンHDの4〜9月期、純利益75%増 増収と採算改善が寄与

 G-7ホールディングスが31日に発表した2019年4〜9月期の連結決算は、純利益が前年同期比75%増の20億円になった。2本柱の食品スーパーと自動車用品の販売が、ともに好調だったとみられ、増収効果が増益につながった。売上原価も販管費も、販売が伸びたほどには膨らまず、採算も改善。結果として税金費用の増加も吸収した。 売上高は9%増の642億円、営業利益は59%増の30億円だった。売上原価の伸びは8%、販管費の伸び...

トーカロ、今期純利益28%減に上方修正 産業機械向けが想定上回る推移に

 表面処理加工のトーカロは31日、2020年3月期の連結純利益が前期比28%減の39億円になりそうだと発表した。従来予想の35億円から上方修正し、減益幅が縮小する見通しだ。19年4〜9月期に産業機械分野向けの表面処理加工が想定を上回り、今後も同様に推移するとの見方を反映した。ただ、半導体製造装置向けの溶射加工など、半導体・平面ディスプレー(FPD)分野は引き続き低迷するとの想定は変えず、同社全体として前期業績に...

神栄、今期最終赤字3億円の見込みに下方修正 上期に繊維撤退の特損5億円で

 神栄が31日に発表した2020年3月期の連結決算は、最終損益が3億円の赤字(前期3億9600万円の赤字)になる見通しだと発表した。従来予想である1億5000万円の黒字から下方修正し、一転の赤字見通しとした。繊維関連のうち、アパレル小売り事業と、靴下などを製造・卸売りするレッグウエア事業から撤退することで、5億4400万円の特別損失を4〜9月期に計上したのが響く。 2期連続の最終赤字は、13年3月期まで4期連続の赤字...

8月の兵庫県一致指数、2カ月ぶり低下 基調判断は「横ばい」に上方修正

 兵庫県が31日に発表した8月の兵庫県景気動向指数(兵庫CI、2015年=100)速報値は、景気の現状を示す一致指数が前月比5.9ポイント低下の92.4と、2カ月ぶりに悪化した。製造業の企業収益率が悪化したほか、着工建築物床面積の減少、鉱工業生産指数の低下などが響いた。兵庫県は、同指数の動きによって判断する景気の基調判断を「横ばい局面(上方への局面変化)を示している」として、7月まで3カ月続いた「下げ止まりを示し...

川重の4〜9月期、最終赤字37億円 営業益微増も税金費用が増加で

 川崎重工業が31日に発表した2019年4〜9月期の連結決算は、最終損益が37億円の赤字(前年同期は35億円の赤字)になった。鉄道車両の改善や、エネルギー・環境プラントの増益などで営業利益は前年同期をわずかながら上回ったが、為替差損の発生と税金費用の増加が重荷になった。固定資産売却益12億円を特別利益に計上したが、補い切れなかった。 売上高は7%増の7365億円、営業利益は3%増の86億円だった。売上高は航空宇宙シ...

アシックス、ランニング大会申し込みサイト買収 カナダ社から約30億円で

 アシックスは31日、ランニング大会の出場申し込みに使うサイトで北米3位の「レースロースター」事業を買収すると発表した。同サイトを運営するファストノース(カナダ・オンタリオ州)から2800万米ドル(約30億円)で取得。24日付で事業譲受の契約を結び、11月中にも受け渡しを完了する予定だ。米国の消費者と、直接的な接点を持つのがねらい。 レースロースターではマラソン大会などへの出場登録ができるほか、一部の大会では...

貿易センタービル50周年、元展望台の貸し会議室が初回半額に 11月から

 神戸開港100周年を記念して建設した西日本初の超高層ビル「神戸商工貿易センタービル」(神戸市中央区、写真)が11月11日に開業50周年を迎える。これを記念して、同ビルの運営会社である神戸商工貿易センター(同)は、かつて展望台があった26階の貸し会議室を初めて利用する場合、使用料金が半額になるキャンペーンを実施。同ビルを活用する人のさらなる拡大をめざす。 1969年に開業。高さは107メートルだ。開業当時は全国でも...

広告

広告

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告