松井アジュバン社長、日韓関係悪化「セミナーに集まらない」 育毛剤「早期に」

 ヘアケア・スキンケア製品を製造販売するアジュバンコスメジャパンの松井健二社長(写真)は18日、決算発表のため同社で記者会見し、輸出先の1つである韓国での売上高が2019年4〜9月期は「前年同期比で3000万円ほど減った」と明らかにした。日韓関係の悪化を受けて、韓国での日本製品の不買運動の影響を受けたもよう。この期の同社の連結売上高は22億500万円で、全体からみると大きな比率でないが「6〜7月ごろから急速に影...

住友ゴム、AIが電子顕微鏡画像からゴムの特徴を推定 素材開発に活用へ

 住友ゴム工業は18日、ゴムの原材料に関する情報と、電子顕微鏡の画像で映し出した構造の情報から、弾性や耐摩耗性などの物質の特徴を推定する技術を確立したと発表した。電子顕微鏡の画像解析にはAI(人工知能)を活用。これまでは熟練した技術者の勘や経験に頼る部分もあった素材の開発が合理的に進み、同社がめざす高性能が長期間持続するタイヤ開発に弾みを付ける。 新技術は「タイヤ・リープ・AI・アナリシス」と名付け...

アジュバンの今期、一転の最終赤字3億円に下方修正 創業以来初の赤字に

 ヘアケア・スキンケア製品をサロン向けに製造販売するアジュバンコスメジャパンは18日、2020年3月期(20日締め)の連結最終損益が3億200万円の赤字になりそうだと発表した。従来予想である3000万円の黒字から下方修正し、一転の赤字見通しになった。19年4〜9月期の売上高が想定を下回った影響が下期まで続く。通期で最終赤字を計上するのは創業以来初めて。 売上高は3%減50億円、営業損益は3億3500万円の赤字(前期は1...

9月の神戸市消費者物価指数は前年比では0.7%上昇 前月比では下落

 兵庫県が18日に発表した9月の神戸市消費者物価指数(2015年=100)は、生鮮食品を除く総合が前年同月比0.7%上昇の101.6と、14カ月連続で前年同月を上回った。前月比では2カ月ぶりに下落した。 10大費目別で見ると7費目が前年比で上昇した。寄与が大きかったのは引き続き「生鮮食品を除く食料」だった。これに「住居」「家具・家事用品」などが続いた。半面、下落したのは携帯電話の通信料などが下がった「交通・通信」の1...

(解説)ネコノミクス最前線は「共生」めざす 神戸市で初の動物愛護フェス

 神戸市の動物愛護協会などで構成する実行委が22日に、しあわせの村(神戸市北区)で開催する「第1回動物愛護フェスティバル」は、協賛企業だけでも22社と多くの民間企業が関わっているのが特徴だ。これらの多くは動物愛護活動への協力を単なる社会貢献にとどめず、同時に事業機会の拡大につなげたいと考えているようだ。こうした企業の収益拡大は、さらなる動物愛護活動の継続につながる。神戸はネコとの共生を全国に先駆けて条...

広告

広告

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告