アシックス、ランニング大会申し込みサイト買収 カナダ社から約30億円で

 アシックスは31日、ランニング大会の出場申し込みに使うサイトで北米3位の「レースロースター」事業を買収すると発表した。同サイトを運営するファストノース(カナダ・オンタリオ州)から2800万米ドル(約30億円)で取得。24日付で事業譲受の契約を結び、11月中にも受け渡しを完了する予定だ。米国の消費者と、直接的な接点を持つのがねらい。

 レースロースターではマラソン大会などへの出場登録ができるほか、一部の大会では結果も見ることができる。2019年4月期の売上高は6900万カナダドル(約6億円)だった。このサイトの日常的な利用者は、10キロメートル以下のレースに出場する女性や、若いランナーが多いという。アシックスがこれまで接近しにくかった層と重なり、直接的な接点を持つきっかけを得られる見通しだ。

 アシックスでは2020年を最終年度とする中期計画で、「米国におけるパフォーマンスランニング」「デジタル」の強化を掲げている。これまでにもトレーニングアプリの「ランキーパー」などを通じて消費者への直接的な接点を増やしてきたが、レースロースターを通じて一段の米国でのブランド露出をめざす。運営は9日付で設立した連結子会社「レースロースター・ノースアメリカ」が担当する。

 2019年12月の連結業績への影響は「軽微」としている。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告