さくらKCSの第3位株主が「富士通Japan」に 富士通から移管

 システム開発のさくらKCSは24日、同社株を13.84%保有する第3位の株主が、4月1日付で富士通から同社の完全子会社である「富士通Japan」になると発表した。富士通のグループ内再編に伴い、さくらKCSの株式保有を富士通からシステム開発・構築に関係する子会社の富士通Japanに移管するため。 富士通Japanが保有する株式数は、これまで富士通が保有してきた155万株と変わらない。株主の異動によるさくらKCSの業績への...

石原ケミ、3日ぶり反落 上方修正で半年ぶり高値も戻り待ちか

終値 2255円 -53円(-2.30%) 23日の東京株式市場では東証1部の石原ケミ(4462)が3営業日ぶりに反落した。後場中ごろに一時は前日比87円高の2395円と、9月30日以来ほぼ半年ぶり高値を付けたが、その後は売りが優勢。この日の安値に並んで引けるなど、やや荒っぽい値動きだった。午後1時に2021年3月期の業績予想を上方修正。純利益は前期比33%増の14億円と、従来予想の12億円から増益幅が拡大するのを好感したうえ、同時...

石原ケミカル、純利益33%増に上方修正 一転増収で3円増配・半導体向け伸び

 ハンダめっき液大手の石原ケミカルは23日、2021年3月期の連結純利益が前期比33%増の14億円になりそうだと発表した。従来予想の12億円から上方修正し、増益幅が拡大する。自動車向け、スマートフォン(スマホ)向け、次世代通信(5G)関連など半導体や電子部品向けの金属表面処理剤が想定以上に堅調だった。加えて新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受けて在宅勤務が増え、出張旅費や交通費などの費用が減少したのも寄与した...

ノザワが9日続伸 取引時間中に増配発表、一時大幅高に

終値 712円 +10円(+1.41%) 19日の東京株式市場では、東証2部上場の建設資材メーカーであるノザワ(5237)が9日続伸。一時は前日比24円(3.38%)高の735円まで上昇した。取引時間中の午後1時に、2021年3月期の配当金を前期比5円増配の30円(中間なし)にすると発表した。従来予定である5円減配の20円から、一転の増配を好感した買いが入った。配当金の権利付き最終売買日が29日と迫る中で、権利取りをねらった動きにも...

ノザワ、今期配当金30円に積み増し 従来予定は20円・前期比5円増配

 建設資材を製造するノザワ(5237)は19日、2021年3月期の配当金を前期比5円増配の30円にすると発表した。従来予定の20円から積み増した。同社は中間配当を実施していない。同社は東証2部に上場。29日が配当の権利付き最終売買日になる。 同社は2月12日に今期の業績予想を上方修正していた。連結純利益は前期比17%増の10億円を見込む。主力の押出成形セメント板「アスロック」の販売が想定を上回ったという。▽関連記事・ノ...

神鋼環境、今期純利益25%増に上方修正 期末配当15円増の60円に

 神鋼環境ソリューションは17日、2021年3月期の連結純利益が前期比25%増の34億円になりそうだと発表した。従来予想の30億円から上方修正し、増益幅が拡大する。採算悪化を懸念していた廃棄物処理の一部案件で、かかった費用が想定を下回ったのが主因としている。このほか新型コロナウイルスの感染拡大で、出張費や交通費が想定よりも抑えられたことなども寄与する。 営業利益も前期比48%増の52億円になる見通しと、従来予想の...

モロゾフ、今期税引き益42%増に 売上高コロナ前の9割を見込む

 洋菓子大手のモロゾフは16日、2022年1月期の単独税引き利益が前期比42%増の5億円になりそうだと発表した。新型コロナウイルスの緊急事態宣言などで前期に臨時休業が相次ぎ、収益が悪化した反動が表れる。店舗販売の回復による増収効果に加え、稼働率の改善による生産性の向上も寄与する見通しだ。一方で、年間配当金は前期据え置きの60円とした。  売上高は3%増の265億円、営業利益は15%増の8億6000万円を見込む。消費...

ケミプロ化成がストップ高、5年ぶり大商い 貸借取引の申込停止措置きっかけ

終値 305円 +80円(+35.56%) 16日の東京株式市場ではケミプロ化成(4960)が急伸。前場中ごろから急速に上げ幅を拡大し、後場寄り付き直後には制限値幅の上限(ストップ高)である前日比80円高の305円まで上昇した。後場は同水準近辺で断続的に売買が成立。売買高は1158万8800株と、2015年12月2日以来およそ5年ぶりの大商いになった。日本証券金融がケミプロ株について貸借取引の申し込み停止措置を実施すると発表したのをき...

神戸運輸監理部、日産自・三菱自の販社3社と給電協定 EV電源に自動車登録

 国土交通省・神戸運輸監理部は15日、日産自動車の販売会社である兵庫日産自動車(神戸市中央区)と日産プリンス兵庫(神戸市灘区)、三菱自動車の販売会社である兵庫三菱自動車販売(神戸市西区)の3社と「電気自動車を活用した災害連携協定」を結んだ。災害時など大規模停電が発生した際に、3社が提供する電気自動車(EV)の「日産リーフ」「三菱アウトランダーPHEV」から電力の供給を受け、自動車の検査・登録業務を継...

ノーリツ、株式売却益24億円 1〜3月に1銘柄売却・特別利益に計上

 ノーリツは15日、投資有価証券売却益24億9500万円を2021年1〜3月期に特別利益として計上すると発表した。株式1銘柄を1〜3月にかけて売却し、売却益が発生したため。保有株式の見直しと資産の有効活用を目的に売却した。売却した銘柄名は明らかにしていない。 同銘柄の売却はかねて計画していたという。21年12月期の連結業績予想には特別利益の計上を織り込み済みとしている。▽関連記事・腹巻ノーリツ社長「資本効率も意識...

神明HD、ショクブンを子会社化 第三者割当増資を引き受け

 米卸最大手の神明ホールディングス(HD、神戸市中央区)が東証2部上場で食材宅配のショクブン(9969)を子会社化した。ショクブンが神明HDを割当先とした第三者割当増資を実施。ショクブンは4日付で神明HDから払い込みを受けたと発表した。神明HDは、これまでもショクブン株の19.78%を保有する筆頭株主だったが、第三者割当増資で15億7545万円を追加出資して持ち分を50.1%に引き上げた。 ショクブンは2月15日に第...

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告