FC2ブログ

4月の神戸港、輸出入総額4.1%増の4294億円 建設・鉱山機械の輸出など増加

20180521神戸港貿易統計4月

 神戸税関が21日に発表した4月の貿易統計(速報)によると、神戸港を通じた輸出入の総額は前年同月比4.1%増の7494億円だった。前年同月を上回ったのは15カ月連続。輸出額が6.0%増の4800億円と好調だったうえ、輸入額は2カ月ぶりに前年比増に転じた。建設用・鉱山用機械の輸出が4月としては過去最高を記録した。

 輸出額のうち、建設用・鉱山用機械は前年同月比16%増の342億円だった。油圧ショベルなどを中心に米国、インドネシア、オランダ向けに伸びたという。無機化合物も4月としては過去最高になる44%増の96億円。リチウムイオン電池の材料になる無機化合物などが韓国、中国向けで増えた。このほかインドネシア向けの原動機、ベトナム向けの自動車部品なども伸びた。

 輸入額は前年同月比1.0%増の2693億円だった。フィンランドからのコバルトなど非鉄金属、チリからのモリブデンなど金属鉱およびくず、中国からの部品を含む音響・映像機器などが増加。金属製品は18%増の59億円と、4月としては過去最高を記録した。

 月間の平均為替レートは1ドル=106円31銭と、前年同月の110円92銭に比べ4円61銭(4.2%)の円高・ドル安だった。輸出額と輸入額を差し引きすると、神戸港での輸出超過額は前年同月比13.1%増の2106億円だった。神戸港の輸出入総額が全国に占める割合(国内シェア)前月比0.3ポイント低下の5.8%になった。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報