「かねてつ」が「かねふく」のめんたいこ採用 「明太子入珍比良」

20171228かねてつ明太子入珍比良

 カネテツデリカフーズ(神戸市東灘区)は、販売量日本一の老舗メーカーかねふく(福岡市東区)のからしめんたいこを使った小型のチクワ「明太子入珍比良(めんたいこいりちんぴら)」を2018年1月8日に全国で発売する。1952年に発売した定番商品である珍比良の味に、からしめんたいこで変化を付けた。

 珍比良の特徴である魚肉の旨味と香ばしさに、からしめんたいこのピリ辛風味とプチプチとした食感をプラスした。日本酒などのつまみとしての用途を想定する。ひと口サイズで食べやすい、同製品の昔ながらの特徴はそのまま生かした。

 4月30日までの期間限定。同社はこれまでも「焼きあなご入り」「まつたけ入り」など珍比良に変化を付けて期間限定で販売した。今回も期間限定品の販売で話題作りや商品名の浸透などをねらう。1パックに9本入り。価格はオープンとした。

▽関連記事
カネテツデリカフーズ「珍比良」に65周年記念パッケージ (2017/02/27)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報