シスメックス、新型コロナ「抗体検査」を研究用に受託開始 試薬も発売へ

 シスメックスは11日、新型コロナウイルスに感染した際に発生する抗体を検出する「抗体検査」を医療機関の研究用に受託するサービスを開始すると発表した。同社は、国立がん研究センター(東京都中央区)、国立国際医療研究センター(東京都新宿区)と抗体検査や抗原検査について5月から共同研究を進めてきたが、この中で開発した抗体を検出する試薬に有効性を確認できた。受託サービスは12日から開始。7月22日には開発した試薬の発売も計画している。

 シスメックスは同社の全自動免疫測定装置「HISCL-5000/800」とともに利用することで、「IgG」「IgM」と呼ばれる2つ抗体を検出する試薬を開発。新型コロナに感染した患者が退院する際の検体を測定すると、陰性だった人の検体に比べて抗体量が増えていることが確認できた。今後の治療法開発などに役立てられる可能性が高いと判断し、研究用の検査受託を始める。

 さらにシスメックスは神戸医療産業都市の病院連携窓口を通じて、神戸市立医療センター中央市民病院(神戸市中央区)と連携。抗体検査を含めた新たな検査方法、早期診断や重症化予測などの新たな診断技術を、どのように臨床現場で生かすかについての研究を進める。新たな検査方法を治療の現場で生かす方法の確立をめざすと同時に、医療従事者の安全性向上にも役立てたい考えだ。

 シスメックスは検査方法の確立を通じて、新型コロナの治療法の開発などを支援。警戒されている「第2波」「第3波」といった感染の再拡大に備える。一連の研究開発や、検査受託サービスや検査試薬の発売による収益への影響は「精査中」としている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告