シスメックス、新型コロナ検査キットで国内初の薬事承認を取得 (2020/03/27)

 シスメックスは27日、新型コロナウイルスの検査キット「2019-nCoV検出蛍光リアルタイムRT-PCRキット」について、国内で初めての体外診断用医薬品製造販売承認(薬事承認)を同日付で取得したと発表した。これまで新型コロナの感染を診断する検査は、国立感染症研究所(東京都新宿区)が製造した検査試薬を使用するしかなかったが、シスメックスの製品も利用できるようになる。3月中に医療機関への提供を始める。

 すでに国内で実施しているPCR検査と同じ原理で新型コロナを検出。上気道由来検体(鼻咽頭ぬぐい液)または下気道由来検体(たん、肺胞洗浄液)から抽出した、新型コロナウイルスの遺伝子(RNA)を検出することができる。中国でゲノム解析・バイオ大手の華大基因科技(BGI)が開発した検査試薬を、シスメックスが代理店になって輸入・販売する。

 すでに中国や欧州など50カ国超で承認を受けて使われている検査キットだが、日本では薬事承認を受けていなかったためシスメックスが製造と販売で承認を受け、発売することにした。販売先には感染症の指定医療機関といった、専門性を持つ病院などを想定する。シスメックスからも新型コロナの検査試薬を販売することで、重症化の防止に向けた臨床検査の体制強化を支援する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告