大丸神戸店、営業時間を通常時間帯に拡大 15日から・催事再開など未定

 J・フロントリテイリング傘下の大丸神戸店では15日から、営業時間を午前10時〜午後8時にする。現在は午前11時〜午後7時までだが、通常通りの営業時間に戻す。新型コロナウイルスの緊急事態宣言を政府が全面的に解除してから2週間以上が経過し、感染者数も減少してきたことから営業時間を延長。来店客の利便性を高めて集客の回復をねらう。

 ただ催事などを通じた広域的な集客施策に関しては、再開の時期が未定だ。6月中は大型催事の開催をすべて見送り、「7月以降の開催を検討していく」(大丸神戸店の広報担当者)という。従業員のマスクなどの着用に加え、来店客に入り口での検温、マスク着用を求めるなどの感染防止策は継続する。「通常営業」に戻るには、まだ時間が必要のようだ。

 近隣の店舗では大丸須磨店と大丸芦屋店でも15日から、営業時間を午前10時~午後8時に拡大。現在の午前11時〜午後7時から2時間延長する。大丸神戸店と大丸須磨店ではレストランや一部売り場で営業時間が異なる場合があり、ホームページなどでの確認を呼びかけている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告