神戸電鉄、メモリアルトレイン第2弾が7月22日に出発式 鉄道開業90周年

20180620神戸電鉄オレンジ&シルバーグレー

 神戸電鉄は20日、鉄道開業90周年を記念した「メモリアルトレイン」第2弾の運転を、7月22日に始めると発表した。出発式は神戸市北区の道場南口駅近くにある車両留置施設で同日の正午ごろに開催する。今回デビューするのは、1960〜80年代に活躍したオレンジとシルバーグレーの塗装(写真=神戸電鉄提供)を復刻した電車だ。出発式後は事前に申し込んだ120人を乗せて「行き先非公開」の旅に出る。

 出発式にあわせて、午前10時から「昭和レトロミニフェスタ」を開催。5月に運転を始めた第1弾の車両や、SUBARU360などのレトロカー、昭和時代の貴重な写真などを展示する。昭和レトロの衣装を身につけて来場すると、入賞者に商品が出る「コスプレ審査」を受けられる。このほか飲料や綿菓子、神戸電鉄や北神急行電鉄のグッズ販売も予定している。

 昭和レトロミニフェスタと出発式への参加は申し込み不要だ。トレインフェスティバルなどで開放する鈴蘭台車両基地(神戸市北区)や見津車庫(同西区)と異なり、道場南口の留置施設を見学できる貴重な機会にもなりそう。同施設は道場南口駅から徒歩で南へ徒歩で約10分。

 出発式後の運転会では、懐かしの昭和ミュージックが流れる車内でオリジナルの弁当を食べながら、車窓からの風景を楽しめる。当日まで非公開の到着地では、電車と記念撮影もできる。事前に往復ハガキで申し込み、応募者多数の場合は抽選になる。参加費は1000円(乳幼児は無料)。問い合わせは神鉄グループ総合案内所(電話 078-592-4611)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報