若竹学園がオリバーソース本社内に移転 お好み焼き・たこ焼きのプロ育成

20180207若竹学園

 お好み焼き店・たこ焼き店を開業するプロを育成する若竹学園(佐竹真綾学園長)は大阪府吹田市から神戸市内に移転し、2月のコースから神戸教室で開講する。移転先は神戸市中央区のポートアイランドにあるオリバーソースの本社内。カリキュラムにソース工場見学を盛り込むなど、早くも相乗効果に期待が高まりそうだ。(写真はオリバーソースの「お知らせ」より)

 若竹学園は、のちに初代学園長に就く佐竹正行さんと右希子さんの夫妻が大阪市内で開いたお好み焼き店「総本家若竹」の店舗を使い、「若竹お好み焼き教室」を1967年に開いたのが前身。昨年で開講50周年を迎えた「老舗」の教室だ。国内外に6300人を超す卒業生を輩出し、関西の味を伝える。主力は3日間の「お好み焼き短期集中プログラム」。

 2月のコースは19日から。豚玉、いか玉、モダン焼きやねぎ焼きなどの実習に加え、道具のそろえ方や販売目標の設定などにも触れる座学もある。最近では海外からの受講生も増えているようだ。全国的なシェアを持つオリバーソースを筆頭に「地ソースの街」である神戸で、これからも関西の味にこだわり続ける。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報