新長田でコロナ「ワクチン・検査パッケージ」実証 4人制限緩和・11月1〜7日

20211027斎藤知事

【神戸経済ニュース】兵庫県の斎藤元彦知事(写真=兵庫県が配信した動画より)は27日、新型コロナウイルス対策として国が進める「ワクチン・検査パッケージ」の技術実証を、新長田駅南地区の飲食店11店舗で実施すると発表した。飲食店を利用する際に、ワクチン接種の有無や検査結果が陰性であることを示すことで、入店制限を緩和するなど日常生活の回復をめざす「パッケージ」を実際に運用し、課題をあぶり出すことなどが目的だ。実施期間は11月1〜7日を予定する。

 期間中の飲食店11店舗では、会食の人数を4人以下に制限しない代わりに、来店客が入店時にワクチンの接種証明を提示。店舗側は客が2回目のワクチンを接種してから、十分な効果を得られるとされる2週間が経過したことを確認する。ワクチン接種確認の代わりに、過去3日以内に受けたPCR検査が陰性だったことを示してもよい。いずれも示せない場合は、近隣に開設する検査会場で抗原検査を受け、結果が陰性であることを確認する。

 11店舗はすべて、兵庫県の新型コロナ対策適正店として認証を受けた。来店客にはアンケート調査を実施し、どの程度の人がワクチン接種証明を持参したかなどを検証。「ワクチン・検査パッケージ」を本格実施する際の参考資料にする。斎藤知事は「新長田は阪神淡路大震災で大きな被害を受け、行政と地域が一体となって活性化をしてきたシンボル的な地域」と指摘。再び「行政と地域が手を取り合い、コロナ禍を受けた飲食店を活性化させる」と語った。

 対象店舗は以下の通り。▽串ぼうす新長田店▽地鳥や純鶏▽居酒屋楽▽居酒屋串楽▽ダイニング桜坂イースト▽焼肉のぶちゃん▽インドカレーの店・神戸アールティー新長田店▽イタリアンレストランVono Vono▽新長田中華食堂房’s▽北京料理・神戸飯店▽天然温泉あぐろの湯内本家さぬきや長田店。抗原検査の会場はアスタプラザイースト棟の地下に開設する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告