メディカロイド、藤田医科大学に手術支援ロボの訓練拠点 神戸に続く2カ所目

 シスメックスと川崎重工業の共同出資会社で、国産初の手術支援ロボット「hinotori(ヒノトリ)」を開発したメディカロイドは、藤田医科大学(愛知県豊明市)の学内にヒノトリのトレーニングセンターを14日に開設したと発表した。藤田医大病院がヒノトリの導入に前向きであるほか、ヒノトリの機能拡充や改善などに向けた共同研究施設としても活用する。ヒノトリの訓練施設は神戸大学医学部附属病院国際がん医療・研究センター(神戸市中央区)内に続き2カ所目。

 藤田医大病院は、手術支援ロボットを使った手術の件数が国内トップクラス。これまで手術支援ロボットの市場をほぼ独占してきた米インテュイティブサージカル社のダビンチを所有し、患者の身体に負担の小さい治療をめざす。メディカロイドは、これまでも同病院の医師らから意見を聞くなど協力を得ていた。藤田医大病院の医師らがトレーニングセンターで、日本内視鏡外科学会が監修・承認した訓練のプログラムを修了すれば、よりヒノトリの同病院での実戦投入が近づく公算だ。

 トレーニングセンターの名称は「メディカロイド・インテリジェンス・ラボラトリー名古屋」。藤田医科大学6号館の1階に開設した。今後は学外の医師らも利用する、名古屋など中京地区の支援拠点にもなる見通しだ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告