神戸市議会の11月議会が閉幕 市長、王子公園駅の周辺再整備など表明

 神戸市議会の「令和2年第2回定例市会」が8日、閉会した。11月議会では新型コロナウイルスの感染拡大を抑える目的で、介護・障害入所施設の職員のPCR検査や学校のトイレ洋式化などを盛り込んだ総額60億円規模の補正予算案など予算関連4議案と、市長提案29議案、議員の期末手当に関する議員提案1議案の合計34議案すべてを可決。否決した議案はなかった。加えて教育委員を任命する1件の人事に同意した。

 7、8日に実施した一般質問では、7日の質疑応答の中で久元喜造市長が「ポートアイランドスポーツセンター(神戸市中央区)は建て替えが必要」と発言。「早急に具体的な検討をスタートさせる」と話した。安達和彦議員(自民)の質問に答えて述べた。

 さらに久元市長は王子公園(神戸市灘区)についても言及。「総合公園であるにもかかわらず、周辺住民が散策したり、近隣の美術館を訪れた人が憩い、くつろげる空間が少ない」と指摘した。「(阪急)王子公園駅の周辺を含めた再整備を行う必要がある」と、事業に着手したい意向を表明した。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告