みなと銀「現時点で決定した事実ない」 関西アーバン銀、近畿大阪銀と統合報道

 みなと銀行は20日、日本経済新聞や読売新聞などがみなと銀と関西アーバン銀行、近畿大阪銀行(大阪市中央区)の3行が経営統合すると報じたことについて「経営基盤の強化ならびに経営の効率化の観点から、様々な検討を常々行っておりますが、現時点で当行として決定した事実はございません」とコメントを発表した。

 日本経済新聞(電子版)は20日午後、みなと銀など3行が共同持ち株会社を設立する方向で最終調整に入ったと伝えた。持ち株会社には、りそなホールディングス(HD)が過半数を出資し、三井住友フィナンシャルグループ(FG)も一定程度を出資するという。みなと銀と関西アーバン銀は三井住友FGの子会社、近畿大阪銀行はりそなHDの子会社だ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報