越境ECでの海外進出ノウハウでセミナー、アリババが講演 神戸市など

 日本貿易振興機構の神戸事務所(ジェトロ神戸)などで構成する、ひょうご・神戸国際ビジネススクエアと神戸市は17日、急速に拡大している海外向けネット通販(越境EC)市場に参入するためのノウハウについてセミナーを開催すると発表した。越境ECに関するベテランのコンサルタントに加え、世界最大のBtoB(企業間取引)サイトでもある中国ネット通販最大手アリババから担当者を招く。

 独立行政法人の中小企業基盤整備機構で販路開拓支援と国際化支援でアドバイザーを務める村田光俊氏が「海外市場を対象としたインターネット販売10のポイント」、アリババ日本法人(東京都中央区)の三好敏広・国際事業部マネージャーが「世界最大のBtoBサイト"アリババドットコム"での海外販路開拓」をテーマにそれぞれ講演する。これから越境ECを始める事業者向けの内容を予定する。

 2月7日午後1時から2時間10分程度を予定、神戸商工貿易センタービルにある神戸貿易協会内の会議室で開く。50人を定員に受講者を募集する。希望する人は申込書をダウンロードして、記入のうえでファックスで神戸市海外ビジネスセンター(078・231・0256)に送付する。特に参加証は発行せず、定員超過などで出席できな場合のみ主催者から連絡する。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報