神戸港、2017年のコンテナ取扱個数が過去最高 震災前わずかに上回る

 神戸市は24日、2017年のコンテナ貨物取扱個数が20フィートコンテナ換算で16年比4.1%増の291万6588個(速報値)だったと発表した。阪神淡路大震災の前年である1994年の291万5853個をわずかだが上回り、過去最高になった。国の補助金を利用しながら、韓国の釜山港などに流れていた輸出貨物を神戸港に集荷し、北米や欧州行きの基幹航路を運航する船舶に積み替えるよう振り向ける施策が奏功した。

20180124神戸港コンテナ取扱個数

 内訳は外貿コンテナ取扱個数が約221万7000個(3.6%増、20フィートコンテナ換算)で1995年以降の最高。このうち輸出は118万4000個、輸入は103万3000個だった。一方、内貿コンテナは同70万個(6.0%増)と過去最高を記録した。このうち神戸港からの移出は31万個(10.4%増)、移入は39万個(2.7%増)だった。

 政府は2010年に神戸港と大阪港を「阪神港」として国際コンテナ戦略港湾に指定。14年には神戸港と大阪港のふ頭会社を統合して阪神国際港湾(神戸市中央区)を設立し、本格的な国による支援が始まった。14年以降は神戸港のコンテナ取扱個数は年間約10万個ペース増加した。

 神戸港は今後、東南アジアとの港湾との間にコンテナ航路網を充実させ、北米向けの貨物の積み替え港として一段とコンテナ貨物の増加を目指す。東南アジア各国に対して神戸港で積み替えるメリットを積極的にアピールする必要がありそうだ。

▽関連記事
阪神港、バンコクで貨物誘致のセミナー 国内3社コンテナ統合の説明会も (2018/01/21)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報