ロック・フィールド、東京駅にベジテリア新店舗 「黒ごまきなこラッテ」限定販売

20210809ベジテリア

 ロック・フィールドは東京駅の駅舎内にある商業エリア「東京ギフトパレット」内に、果物や野菜のジュースを提供する「ベジテリア」の新店舗「東京ギフトパレット店」を5日オープンした。東京駅の駅舎内という立地を意識し、忙しいビジネスマンが手軽にジュースで野菜や果物を摂れるようにした。野菜などのジュースと植物性ミルクをブレンドした「ベジラッテ」も販売。同店舗の限定で「黒ごまきなこラッテ」(写真=ロック・フィールド提供)も発売した。

 ベジテリアはロック・フィールドが展開する、季節の野菜や果物の持ち味を生かしたジュースの専門店。普段の生活では不足しがちな野菜や果物を、手軽においしくジュースで補充して健康づくりを支援する。東京ギフトパレット店には野菜や果物について産地、栄養、旬などに同社内の専門的な研修を受け、社内資格の「ベジマイスター」を取得した担当者を配置し、利用客の気分や、体調に合わせたジュースを提案する。

 今春に2店舗で限定販売したベジラッテが、東京ギフトパレット店で再登場した。同店では「よもぎきなこラッテ」「ビーツラッテ」「パンプキンラッテ」(各税込み380円)と、「黒ごまきなこラッテ」(同450円)を品ぞろえ。野菜のやさしい色合いと香りが楽しめる。軽い飲み口のノンカフェイン飲料とあって、ちょっとした休憩時の1杯をめざす。ベジラッテは今後、展開する店舗を増やす計画だが「黒ごまきなこ」は同店舗のみで限定販売する。

 提供するジュースのカップ、ふた、ストローはすべて紙製。プラスチックごみを削減する意識の高まりにも対応する。ふたには飲み口が付いており、ストローの使用量削減にも取り組む。JR東京駅の八重洲北口改札を出てすぐ。平日の営業時間は午前8時〜午後8時半、土日祝は午前9時〜午後8時半。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告