「ポートループ」の連節バス、三宮〜ポーアイ接種会場の路線に投入 9日から



 神戸市と神姫バス(9083)は9日から当面、神戸都心の三宮とポートアイランドの神戸学院大学ポートアイランド第2キャンパス(神戸市中央区)を結ぶバス路線「ポーアイキャンパス線」に、定員112人の連節バスと投入する。新型コロナウイルスのワクチン集団接種会場になっている同キャンパスと三宮を結ぶ路線に、定員の多い路線バスを投入して増便。同区間の輸送力を高めることで、ワクチン接種を迅速に進めるのがねらい。

 同キャンパスへのポートライナーの最寄り駅前である「みなとじま」から接種会場までは、約1キロメートルを歩く必要があるが、バスを使えば停留所「ポーアイキャンパス」から接種会場まで350メートルと、交通機関を降りてから接種会場までの道のりが大幅に短縮される。

 神戸学院大学と兵庫医療大学が協力し、両大学の構内を通って最短距離で接種会場まで向かうことができるようにした。最短距離に比べると遠回りになるが「ポーアイキャンパス東」バス停を使えば、段差のないバリアフリーの経路で接種会場に向かうこともできる。

 連節バスで増便するのは三宮発が午後9時40分から午後4時40分まで、毎時10分と40分。同路線の土日祝ダイヤや大学の夏休み期間(8月10日〜9月17日)は大幅に便数が減るが、増便した連節バスを使って運転する便は土日祝や夏休み期間も運転する予定だ。料金は大人250円、小人130円(いずれも税込み)。

 連節バスは三宮と新港町やポートタワーなど旧港湾部を結ぶ「ポートループ」と同じバス。ポートループの増便に備えて神姫バスが追加で導入したバスの一部を投入する。このため、現在2台体制で運行しているポートループには影響しない。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告