過去最多58個、東京五輪のメダル数入り公式ジャケット 23日まで・アシックス

20210808東京五輪ジャケ

 東京五輪・パラリンピックの上位スポンサー「ゴールドパートナー」であるアシックス(7936)は8日、東京五輪で日本選手団が獲得した金、銀、銅メダルの数を表すワッペンを左袖に付けた公式ウエア「ポディウムジャケット」レプリカモデルの予約受け付けを開始した。表彰式や選手村で、選手らが着用した上着と同じデザインや機能だ。朝日が上る力強さをイメージした、鮮やかな「サンライズレッド」がメーンの色使いになっている。(写真はアシックス提供、「∞」の代わりにメダル数が入る)

 東京五輪は日本選手団が出場する全競技が終わり、獲得したのは金メダル27個、銀メダル14個、銅メダル17個の合計58個と過去最多だった。金メダルの数は米国(39個)、中国(38個)に続く3位。公式ウエアのジャケットにメダルの個数を入れて、自国開催で奮闘した日本選手らの活躍を記録する。体温が上昇しやすい場所をアシックススポーツ工学研究所で検証し、汗の量が多くなりやすい場所に荒いメッシュを配置して効率的な通気を促す仕様だ。「史上最もイノベーティブ(革新的)な大会」にふさわしい先進技術を多く取り入れて製作した。

 数量限定の受注生産。アシックスオンラインストアで23日まで注文を受け付ける。サイズはS、M、L、XLの4種類だ。予定数量に到達した場合は23日までに受け付けを締め切る可能性もあるという。左胸には日本オリンピック委員会(JOC)公式ライセンス商品であることを示す、JOCの第2エンブレムも入る。価格は税込み5万5000円。12月下旬の納品を見込む。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告