カルナバイオが被験者選び開始 関節リウマチなど治療薬、コロナで一時見合わせ

 カルナバイオサイエンスは3日、関節リウマチなどの炎症性免疫疾患の治療薬として開発を進めている薬剤「AS-0871」について、臨床試験(治験)の被験者選定を6月下旬に開始したと発表した。2月にオランダで治験を開始する承認を得ていたが、新型コロナウイルスの感染が拡大したため治験の準備などをいったん見合わせていた。

 同社としては自社で実施する初めての治験になる。早ければ1〜6月の上期中にも治験を始められる予定だった。被験者選定の開始によって、健康な成人に投与して、安全性などを確認する第1相の試験に向けて再び動き出した形だ。同社は実際に被験者への投与が始まれば、改めて発表する予定としている。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告