「こうべ医療者応援ファンド」ロゴに有村綾さんの作品 神戸在住イラストレーター

20200505神戸医療者応援ファンド

 神戸市の外郭団体である、こうべ市民福祉振興協会(神戸市北区)は5日、新型コロナウイルス感染症の治療などにあたる医師や看護師など、医療従事者の勤務環境を改善するための資金調達を目的としたファンド(基金)「こうべ医療者応援ファンド」のロゴマークに、有村綾さんの作品を起用すると発表した。有村さんは神戸市内に住むイラストレーター。38人から応募があった56点の作品から選んだ。防護具を身に付けてほほえむ医療従事者と、赤いハートをくわえた小鳥がモチーフだ。

 こうべ市民福祉振興協会を通じて発表したコメントによると、有村さんは図案について「人々から集まった感謝・応援の気持ちを、小鳥が医療従事者へ届けている場面」と説明。同ファンドを通じて、過酷な現場に向き合う医療従事者に向けた「想いが直接届けられるということを表現しました」という。ロゴマークは今後、ホームページやポスターなど、同ファンドの広報に幅広く活用する予定だ。同協会は同時に、優秀賞だった20人の氏名も発表した。

 ファンドには4日午前8時現在で528件、3133万円の寄付金が集まっているという。5日に記者会見した久元喜造市長は、同ファンドについて「連休明けにも大口の寄付をいただけるとの連絡を受けており、いまの数字は大きく増える」との見込みも明らかにした。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告