三宮再開発 長谷川JR西日本社長、駅ビル計画「早く成案できるよう取り組む」

20191202JR西日本の長谷川一明社長

 1日付で就任したJR西日本の長谷川一明社長(62、写真=JR西日本提供)は2日、就任にあたって大阪市北区にあるJR西日本の本社で記者会見した。質問を受けて解体工事が進んでいるJR三ノ宮駅の駅ビルについても言及し、「3大プロジェクトと位置付けているが、街づくりとの関係もあり、他の事業者との調整、整理も必要」と、現在も新たな駅ビル計画を発表できていない理由を改めて説明した。さらに「鉄道をご利用いただくお客様にとっても、よりよいサービスを提供する必要があると思っているので、ぜひ早く成案ができるように取り組んでいきたい」と語った。

 いつごろ発表できるのか、との記者の質問には「もう少しお時間をいただきたい」と述べるにとどめたという。記者会見の内容は、終了後にJR西日本が明らかにした。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告