神戸ルミナリエ、7〜9日の来場者数が約105万人に ほぼ昨年並み

20181210神戸ルミナリエ2018

 7日に始まった「第24回神戸ルミナリエ」の来場者数は、9日までの3日間で105万4000人になった。神戸ルミナリエ組織委員会がホームページを通じて発表した。10日間の会期のうち最初の週末に当たる。8〜9日の土日に晴れたこともあり、昨年並みの多くの人を集めた。

 会期が今回と同じ日数になって最初の2015年は最初の3日間で112万人、16年は3日目の日曜日に雨が降ったことで92万人、17年は106万人が来場していた。今回も、現時点ではほぼ例年並みの来場者数といえそう。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告