西神中央「プレンティ」に親子カフェやシェアラウンジ 今秋リニューアル

20230302プレンティアトリウムコート

【神戸経済ニュース】神戸市西区の西神中央で商業施設「プレンティ」を運営する、こうべ未来都市機構(神戸市中央区)は2日、工事の着工を控えたプレンティのリニューアル計画を発表した。一番館3階のキッズスペース近くには、乳幼児と遊びながら食事や喫茶が楽しめる親子カフェ「ドットカフェ」が出店。二番館3階にはリモートワークや学生の勉強など幅広い用途で利用できる「シェアワーキングスペース」を開設する。このほか配達サービスやメンバーズカードのスマホ版などを開始する。10月中旬にリニューアルオープンの予定だ。

 イベント会場などに利用できる吹き抜けのアトリウムコートには、子供が遊べるスペースや、自由にくつろげる温かみのある空間に作り変える。神戸市西部としては最大の大型モニターを設置し、地域情報やイベント案内などの情報を発信する(イメージ図=こうべ未来都市機構提供)。大型モニターを活用したイベントも企画する予定だ。このほか一番館の屋上に、広々とした空間を生かした子供の遊び場を新設。二番館2階センターコートには温かみのある休憩場所を作るなど、親子連れを意識した機能を強化する。

 神戸市内の人気ベーカリーから選んだパンのセレクトショップ「BREAD PARK KOBE」が出店。数あるブランドの中から厳選したスイーツを販売したり、神戸マイスターらによるレッスンなども開催する神戸スイーツの発信拠点「リトル神戸」も新たに開設する。プレンティで購入した商品を3時間以内に自宅へ配達するサービスや、タッチ式のデジタルサイネージ(電子看板)によるフロア案内の利便性向上で、高齢者を含む誰にでも使いやすい商業施設にする。さらに買い物のポイントサービス「神戸ウェストメンバーズカード」にスマホアプリ版が登場する。

 神戸芸術工科大学の作品を常設展示する「パネルアート・プロジェクト」など、地域の学生と連携した事業も積極的に展開する。カタカナの「プ」の文字を旗に見立てた新たなロゴの利用も始める。4月以降に着工。一番館は一定期間の全館休業、二番館は東側エリアと西側エリアが交互に休業を予定するが、休業の詳しい日程は現在調整中だ。リニューアルオープンを控えた夏ごろには、さらに詳しい新店舗などの情報を発表する計画としている。設計・施工の総工費は税別で26億4500万円。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告