連節バス「ポートループ」4月1日から新神戸乗り入れ 「2日券」発売

20220314ポートループルート

【神戸経済ニュース】神戸市と神姫バス(9083)は11日、連節バス「ポートループ」を4月1日から山陽新幹線の新神戸駅まで延伸すると発表した。新神戸駅と、メリケンパークや新港町などの湾岸部を乗り換えなしで結ぶ。平日・休日とも全便が新神戸駅に新設するバス停を発着する予定だ。新神戸駅に加えて5カ所のバス停も新設し、利便性を高める。従来の三宮〜ハーバーランド間に比べて路線の行程は伸びるが、20分間隔での運転は維持。1日乗車券の値下げに加え新たに「2日乗車券」も発売する。

 新神戸発のダイヤは平日・休日とも午前9時48分が始発だ。午前10時台〜午後5時台まではおおむね20分間隔で1時間に3本を運転する。平日は午後7時58分発、休日は午後8時13分発がそれぞれ新神戸駅からの最終便になる。新神戸駅に向かう際はフラワーロードを北上し、新神戸駅から三宮へ向かう際は中央幹線まで生田川沿いの道路を南下するルートを設定した。

 新神戸駅のほかに増設するバス停は、ハーバーランド方面行きでは「市役所・東遊園地前」「メリケンパーク」の2カ所。新神戸方面行きでは「かもめりあ」「東遊園地前」「三宮センター街東口」の3カ所も新設する。現在は「ポートタワー前」にハーバーランド方面行きと新神戸方面行きの両方が停車していたが、ハーバーランド方面行きのみがポートタワー前に停車し、代わりに新神戸方面行きが港内遊覧船ターミナルの「かもめりあ」に停車する形だ(路線図=神戸市提供)。

 現在は観光客向けの路線バス「シティー・ループ」との共通1日乗車券「W・LOOP1日共通乗車券」を1000円で販売しているが、4月1日からは「Kobe 1-day loop bus ticket(神戸ワンデーループバスチケット)」に改めて700円で販売する(こども350円)。シティーループ、ポートループに加えて神姫バスが運行する神戸市中心エリアの路線(新神戸駅前〜神戸空港線など)で始発から最終まで乗り降りが自由になる。同じ区間を2日間乗り降りできる「2日乗車券」も初登場して1000円(こども500円)で販売する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告