神戸空港、23年度の旅客数4年ぶり過去最高 11%増の344万人

20240425神戸空港旅客数

【神戸経済ニュース】空港運営会社の関西エアポートグループが25日発表した2023年度(23年4月〜24年3月)の神戸空港旅客数は、22年度を11%上回る344万3803人だった。19年度の329万2780人を上回り、4年ぶりに過去最高を更新した。年間を通じて新型コロナウイルスによる行動制限の影響がなく、航空需要が回復。さらに発着枠の拡大に伴い神戸空港に就航する便数が増えたのも寄与した。座席が埋まった比率を示す利用率(顧客数/提供座席数)は76.8%と、22年度の80.6%には届かなかった。

 旅客数を路線別に見ると、便数で全体の約3分の1を占める主力の羽田便は、年間で約88万0608人で前年を4%上回った。長崎便は前年比24%増の28万8671便。茨城便は18%増の27万9425人、新千歳便は13%増の51万9187人、那覇便は13%増の67万2023人などと増加が目立った。半面、青森便は12%減、高知便は3%減と減少した。このほか新潟便は8月に運航して以来、運休した。路線別の旅客数は神戸市が発表した有料旅客ベース。

 年間の発着回数は3万4670回と、22年度に比べて1%増えた。このうちプライベート機や小型機などを含む「その他」の航空機の発着回数が10%増の7891回と大幅に増加した。

 同時に発表した3月の旅客数は、前年同月比4%減の30万4933人だった。3月の発着回数は2934回と前年同月比3%減。このうちプライベート機や小型機などを含む「その他」の航空機の発着回数は3%減の646回だった。

22年度の神戸空港、旅客数77%増の310万人 コロナ前以来の300万人台に大幅回復 (2023/04/25)
 神戸経済ニュース<トップ>

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告

広告

広告