住友化、飼料添加物「メチオニン」を神戸港に海上輸送 住友倉などと計画

 住友化学は輸出する飼料添加物メチオニンの大部分を、生産拠点の愛媛工場(愛媛県新居浜市)から神戸港まで海上輸送する。輸送について住友倉庫、「オレンジフェリー」を運航する四国開発フェリー(愛媛県西条市)と共同で計画。国土交通省から総合効率化計画として認定を受けたと、このほど発表した。陸上輸送する場合に比べ、二酸化炭素(CO2)排出量やトラックドライバーの労働時間などを大幅に削減できる。  3社で計画...

続きを読む

「神戸のお店」を集めて作るギフトセット 亀井堂や放香堂など参加・喜市

 神戸元町商店街(神戸市中央区)で革小物を製造販売する喜市は、同社製品に加え、神戸のお店がそれぞれ個別に製造販売している製品を集めたギフトセット「神戸クオリティギフト」を発売した。同じ元町の商店街で、日本で初めてコーヒーを出す喫茶店を始めた製茶の放香堂と、瓦せんべい発祥の店である亀井堂総本店などが参加。結婚式の引き出物など、まとまった数が必要な場合に注文を受け付け、税別5000円で販売する。 ギフトセ...

続きを読む

3月の神戸市部マンション発売戸数275戸 契約率90.9%、不動産経済研

 不動産経済研究所(東京都新宿区)が17日に発表した3月の近畿圏マンション市場動向によると、神戸市部のマンション発売戸数は前年同月比25.6%減の275戸だった。発売月内に契約にたどりついた戸数の割合を示す契約率は90.9%。契約率はマンション販売が好調であることの目安になる70%を3カ月連続で上回った。神戸市部の平均価格と1平方メートルあたりの分譲単価はそれぞれ3270万円、63.2万円だった。 近畿圏全体でマンショ...

続きを読む

3月の神戸港、輸出入総額2カ月ぶり減も過去3番目 アジアから輸入が3月最高

 神戸税関が17日に発表した3月の貿易統計(速報)によると、神戸港を通じた輸出入総額は前年同月比1.9%減の8336億円だった。輸出入総額は2カ月ぶりに前年同月を下回ったが、前年同月に次ぐ過去3番目の高水準になった。例年3月は輸出入とも増加する傾向があるうえ、中国を含むアジアからの輸入が13.5%増の1568億円と大幅に増加したのが寄与した。 輸入額は前年同月比1.9%減の2724億円。スウェーデンなどからの医薬品、フィ...

続きを読む

(動画)神戸市、「ラインの館」の3年ぶり一般公開へ 観光情報拠点に活用

(見出しと本文の「2年ぶり」を「3年ぶり」に訂正しました=17日23時50分) 神戸市は1915年(大正4年)に建築された異人館「ラインの館」(旧ドレウェル邸、神戸市中央区北野町2)の耐震対策と保存修理の工事を完了し、17日に報道機関向けに公開した。改修前には雨漏りなどもあったが、補修と同時に屋根の軽量化や煙突の倒壊防止など、長期保存のための工事を2017年2月から実施していた。22日午後から16年3月以来およそ3年...

続きを読む

スタジオアタオ株は反発 1株を2株に株式分割、流動性向上など期待

 16日の東京株式市場ではスタジオアタオ(3550)が反発した。終値は前日比22円(1.01%)高の2192円だった。前日大引け後に、5月31日の1株を2株に分割すると発表した。投資単位あたりの金額を引き下げ、株式の流動性が向上することなどへの期待感から買いが先行した。 ただ買いは続かず、寄り付きの2250円がこの日の高値。戻り待ちの売りに押された。初配当と今期の好業績見通しを発表した翌日の11日に上昇した後、12日には早...

続きを読む

安本INAC社長「地元スポンサー開拓で今季売り上げ倍増」 神商懇話会セミナー

 サッカーなでしこ1部「INAC神戸レオネッサ」の運営会社であるアイナックコーポレーション(神戸市中央区)の安本卓史社長は16日に神戸商工会議所で講演し、「今季は(前季に比べ)ほぼ倍増ぐらいのスポンサー売り上げが見えている」と明らかにした。安本氏は昨年10月に同社の社長に就任。「できるだけ地元、神戸のスポンサーを取ろうとめざした結果が出始めた」と、施策の成果を強調した。この日午後に開いた神商のスポーツ...

続きを読む

ラグビーW杯開催「スポーツスタート」テーマに活動 神商のスポーツ産業懇話会

 神戸商工会議所の産学連携組織である神戸スポーツ産業懇話会(会長・尾山基アシックス会長CEO)は2019年度、「スポーツスタート」をテーマに活動する。9月にラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を控える「ゴールデンスポーツイヤーズ」の初年度に当たる19年度は、観戦などを目的に旅行するスポーツツーリズムに関する事業も充実させる。16日に開いた同懇話会の第5回特別公開セミナーで、代表世話人である神戸大学の山口...

続きを読む

神戸製鋼、在宅勤務の制度を使いやすく 月8回まで全従業員を対象に

 神戸製鋼所は16日、職場外で就業する「在宅勤務日制度」の要件を緩和し、より使いやすくしたと発表した。これまで在宅勤務の目的は育児・介護と業務との両立に限定していたが、今月から交代勤務などで必ず出勤しなくてはならない場合を除く全従業員が使えるようにした。会社に出社して仕事するという従来の働き方とは異なる発想で、業務に取り組めるようにする。 これまで在宅勤務を認める日数を月4回までに決めていたが、これ...

続きを読む

上組株は小反落 22年ぶり平日スト後も港湾物流に混乱なく

 16日の東京株式市場では上組(9364)が小反落。終値は前日比3円(0.11%)安の2678円だった。相場全体が上昇する追い風を受けて前日に大幅高だった反動で、利益確定の売りが先行した。ただ売り一巡後は下値を拾う動きも散見されたといい、下げ幅も小幅にとどまった。全国の港湾労働者でつくる労働組合が同日朝まで22年ぶりの平日ストライキを実施したが、事前に懸念されていた混乱なども伝わらなかったことで、押し目買いも入り...

続きを読む

富士通、「京」コンピューター後継機の製造開始 理研と正式契約・5月に愛称

 富士通は、2021〜22年ごろに利用開始をめざすスーパーコンピューター「京」の後継機について、製造開始に向けて理化学研究所と正式契約を結んだと15日に発表した。富士通と理研は、「京」後継機の設計を共同で進めていたが、このほど完了したという。(写真は富士通が開発した「京」後継機の演算装置=資料) 「京」後継機は、現在「京」を設置している理研の計算科学研究センター(神戸市中央区)に設置が決まっている。ハード...

続きを読む

阪神燃、今期一転の最終増益に上方修正 部品販売増などで減配幅も圧縮

 阪神内燃機工業は15日大引け後、2019年3月期の単独税引き利益が前の期に比べ4%増の5億7000万円になる見通しだと発表した。従来予想の4億3000万円から上方修正し、一転の最終増益見込みになった。船舶用エンジンの部分品で販売が増加したほか、内製化による経費削減を進めたのが寄与したという。 売上高は120億3000万円と従来予想(120億円ちょうど)に比べてやや上方修正。営業利益は前の期比4%増の7億9000万円と、従来...

続きを読む

トリドール、ソフトバンクのスマホで「丸亀製麺」1杯無料券 5月の金曜日に

 トリドールホールディングス傘下で国内店舗を展開するトリドールジャパンは15日、ソフトバンクのスマートフォン(スマホ)利用者を対象にしたキャンペーン「SUPER FRIDAY」に参画すると発表した。5月10日、17日、24日、31日の各金曜日に、うどんチェーン「丸亀製麺」で利用でき、「かけうどん(温)」または「ぶっかけうどん(冷または温)」の並サイズが無料になるクーポンを提供する。 クーポンはメールで8日から順次配信を...

続きを読む

広告

サイト内検索

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告