山陽電鉄、「須磨浦山上遊園」を直営化 閑散期の人件費抑制ねらう

 山陽電気鉄道は10日、全額出資子会社の須磨浦遊園が運営している遊園地「須磨浦山上遊園」(神戸市須磨区)を中心とした遊園事業を12月1日から直営化する発表した。現在は須磨浦遊園に運行を委託している索(さく)道事業「須磨浦ロープウェイ」などを直営にするほか、須磨浦遊園の売店・喫茶事業を山陽電鉄が引き継ぐ吸収分割を実施する。直営化によって、閑散期は同園の従業員が山陽電鉄内の別の職場で働けるようになるなど、...

続きを読む

そごう西神店が来年8月閉鎖 黒字回復を見込めず「選択と集中」で

 小売り大手セブン&アイ・ホールディングス傘下の百貨店「そごう・西武」は10日、そごう西神店(神戸市西区)を2020年8月に閉鎖すると発表した。そごう・西武は2019年3〜8月期の営業損益が10億円の赤字(前年同期は2億9200万円の赤字)と厳しい状況の中、黒字回復が見込めない5店舗の閉鎖を決めた。同店と同時に西武岡崎店(愛知県岡崎市)、西武大津店(大津市)、そごう徳島店(徳島市)も閉店。21年2月にそごう川口店(...

続きを読む

ドーンの6〜8月期、最終黒字3800万円 GISのライセンス販売で大口案件

 地理情報システム(GIS)を使ったソフトウエア開発のドーンが10日に発表した2019年3〜8月期の単独決算は、最終損益が3800万円の黒字(前年同期は300万円の赤字)だった。6〜8月期で最終黒字を確保するのは2016年以来3期ぶり。同社のGISをソフトウエアに組み込むためのライセンス販売で大口案件があり、収益に寄与した。 売上高は前年同期比36%増の1億9400万円、営業損益は5000万円の黒字(前年同期は600万円の赤字...

続きを読む

ロック・フィールド、9月の既存店売上高3.3%増 消費増税関連で来店客増か

 ロック・フィールドが10日に発表した9月の月次動向は、既存店売上高が前年同月比3.3%増と、2カ月連続で前年同月を上回った。食品は消費税率引き上げの対象外ながら、百貨店などの来店客が増えたことで、百貨店に出店している同社の店舗にも立ち寄る客が増えたようだ。前年同月に台風の影響で臨時休業した店舗が多かった反動もあるとみられる。 ブランド別では主力のサラダ・総菜店「RF1」が3.8%増と3カ月連続で伸びたの...

続きを読む

ドンクが初のレストラン業態を出店 パン窯で調理、千葉・松戸の商業施設で

 老舗パン店のドンクは9日、同社としては初のレストラン業態の店舗「Bakery Table(ベーカリーテーブル)direction by DONQ」(図=ドンクの発表資料より)を出店すると発表した。25日に千葉県松戸市でオープンする商業施設「テラスモール松戸」に入居し、同日から営業する。パン窯(がま)で調理したビストロ(フランスの食堂)風の料理と、本格的な食事パンを気軽に楽しめるようにする。 提供するメニューは、特製ミートソー...

続きを読む

トーホー、9月の売上高8.3%増 駆け込み需要でC&Cが大幅増

 トーホーが発表した9月の売上高動向は、全店全業態ベースで前年同月比8.3%増と大幅に伸びた。19カ月連続で前年同月を上回った。主力の業務用食品卸売事業(DTB)が8.9%増加したのが寄与した。さらにキャッシュアンドキャリー(業務用食品現金卸売り、C&C)事業では、消費税率引き上げを控えた駆け込み需要で押し上げられた。 C&C事業の売上高は全店ベースで5.6%増と、昨年11月以来10カ月ぶりに前年同月を上回った...

続きを読む

三宮再開発 神戸市が「景観形成方針」を決定、来年度にかけ具体化へ

 神戸市は9日、JR三ノ宮駅など各鉄道の三宮駅周辺の再開発で、建築物などを設計する際の基準になる景観デザインコードのうち、規制やガイドラインの前提になる考え方を示す「景観形成方針」を決めたと発表した。ほぼ歩行者専用に作り変える三宮交差点の周辺に建設する建物が、ある程度共通したデザインで設計することで再開発後に美しい街並みにするのがねらい。 内容は「公共空間と『まち』のつながり」「開放感とゆとりを感...

続きを読む

アシックス、東京・豊洲で「高地トレーニング」施設オープン 世界最大級

 アシックスは9日、東京都江東区の豊洲市場に隣接する地区で、高地トレーニングのような低酸素環境でトレーニングできる施設「アシックス・スポーツ・コンプレックス・東京ベイ」を開設したと発表した。筋力トレーニング用マシンなどを置くトレーニングルームや、50メートルプール(写真=アシックス提供)などを備える。立命館大学など運営する学校法人の立命館とアシックスとの共同研究施設も開設した。10日から施設見学の受け...

続きを読む

12日予定の「第2回メドテックグランプリKOBE・デモデイ」は延期 台風で

 神戸市と神戸医療産業都市は9日、IT(情報技術)を活用した医療に関する新たな事業モデルのコンテスト「第2回メドテックグランプリKOBE・デモデイ」を延期すると発表した。12日午後に予定していたが、台風19号の接近に伴う悪天候のため出場者や審査員らが神戸にたどり着けなくなる可能性もあるとして延期を決めた。新たな日程は決まり次第発表する。▽関連記事・「神戸から世界に羽ばたくベンチャーを」 バイエルとシスメ...

続きを読む

スタジオアタオの3〜8月期、純利益3%減 ネット広告の単価上昇など影響

 スタジオアタオが9日発表した2019年3〜8月期の連結決算は、純利益が前年同期比3%減の3億7300万円だった。店舗販売が好調で増収だったが、インターネット広告の単価が上昇した影響を受けた。3月15日に神戸国際会館(神戸市中央区)でオープンした旗艦店舗「アタオランド」など、新店舗の出店費用を計上したのも重荷になった。 売上高は5%増の24億円、営業利益は3%減の5億3700万円だった。分野別の売上高は、旗艦店「...

続きを読む

ラグビーW杯、神戸開催4試合の観客数11万人 ファンゾーンには8.8万人来場

 ラグビー・ワールドカップ日本大会で、8日までに神戸市の御崎公園球技場(ノエビアスタジアム神戸、神戸市兵庫区)で開催した4試合の観客数は合計10万9650人だった。観客数が最も多かったのは8日の南アフリカ・カナダ戦で2万8014人、最も少なかったのは3日のアイルランド・ロシア戦で2万6856人だった。同球技場の収容人数は3万人強。事前のチケット販売は順調だったというが完全に満席にはならなかった。(写真はW杯試合...

続きを読む

神戸学院大、震災25年で「天然水」商品化 ローリングストック用に

 兵庫県は8日、神戸学院大学(神戸市中央区)が同県と結んだ地域創生に関する包括連携協定の一環で、ペットボトル入りの水「ひょうごBOSAI天然水」を商品化したと発表した。保存できる食品を、飲食した分だけ買い足せば自然に備蓄になるという「ローリングストック」のモデル商品として開発。ボトルのラベルには地震や津波、大雨、土砂災害といった災害の種類ごとの注意事項などを記載した。(写真は8日の定例記者会見で「...

続きを読む

兵庫県の中小企業、製造業・非製造業とも景況感が悪化 みなと銀調べ

 関西みらいフィナンシャルグループが8日に発表した「兵庫県内中小企業景況調査(2019年7〜9月期)」によると、兵庫県内の中小企業は景況感を判断する指数が前回比3.1ポイント悪化のマイナス1.5と、7四半期ぶりにマイナスになった。足元の景況感が「悪い」と回答した企業数が、「良い」と回答した企業数を上回ったことを示す。製造業、非製造業のいずれも景況感は悪化した。先行きについてもマイナスで推移するとの見方が大勢...

続きを読む

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告