「ネスカフェスタンド」阪急御影・芦屋川など7駅にも ネスレ日本など

 ネスレ日本と阪急電鉄、エキ・リテール・サービス阪急阪神の3社は16日、共同でホーム上や駅構内などに展開しているコーヒー店「ネスカフェスタンド」を新たに7駅に開設すると発表した。阪急御影駅にも6月20日にオープンし、神戸市内では初の店舗になる。すでに営業している5店舗と合わせて6月末までに12店舗になる計画だ。先行して開業した店舗は予想を上回る人気で、別の駅にも新規出店を望む声に応えたという。

 昨年12月2日に1号店を塚口駅の梅田・伊丹行きホームに開設。他の4駅でも順次営業を開始し、約5カ月で合計50万杯を超すネスカフェを販売した。今回新たに開業するのは御影駅のほか芦屋川駅(6月20日オープン)、清荒神駅(6月30日)、大山崎駅(5月23日)、水無瀬駅(同)、神崎川駅(6月6日)、西京極駅(同)だ。

 夏場をにらみ5月23日からは、これまでホットだけだった「宇治抹茶」でアイスも提供。さらに「キャラメルラテ」のホット、アイスもメニューに追加する。提供中のコーヒーやエスプレッソなどと同様に価格は全品、税込み100円。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報