FC2ブログ

川重、横浜市の地下鉄42両を受注 22年度から納入、総額69億円

20181012横浜市3000V形

 川崎重工業は11日、横浜市交通局から地下鉄用の車両7編成42両を受注したと発表した。受注総額は約69億円。兵庫工場(神戸市兵庫区)で製造し、2022〜23年度に順次納入する。あざみ野駅(横浜市青葉区)から横浜市の都心部を経由して湘南台駅(神奈川県藤沢市)まで通じる「ブルーライン」に投入。老朽化した既存車両と置き換える。

 川重が横浜市交通局向けに車両を供給するのは、2014年に納入したグリーンライン「10000形」の2編成8両以来。今回と同じブルーラインの車両では、1972年の開業時に供給した「1000形」の7編成21両以来という。

 今回受注した地下鉄車両は、日本車輌製造が製造して4月に営業運転を開始した「3000V形」(写真=横浜市のホームページより)。省エネルギー化やバリアフリー対応をめざし、「やさしい車両」をテーマに設計された。出入口の各扉上に車内の案内表示とデジタルサイネージの液晶パネルを搭載し、利用者の利便性の向上を図った。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告

天気予報